そうだ、ソウルへ行こう!(85)

JALがあんな事になるなんてリーマンショックの根は深いですね。
でも、凡は解っていましたよ、こうなる事は。
だって、凡の機内食を配るのを飛ばすんですもの。
(詳しくは、18話を見てね。)


カレーが好きだ。

凡の家でカレーを作るときは大きな鍋でいっぱい作ります。
おそらく普通の家庭だったら10人分以上あるんじゃないかな。

それで、ご飯にカレーを掛けてもらうんだけど、凡はカレーのルーが好きなのであります。

なのでルーばっかり食べるので白いご飯の部分が残ります。
そこにまたルーだけ掛けてもらうのであります。
それでまたルーだけ食べます。こんな事を何回か繰り返すのでありますが、よくミニボンも何も言わないものですね。

それで残ったカレーは次の日の朝に焼いた食パンの上に乗せて食べるのであります。
これがまた美味しい。
美味しくするコツはパンにバターをたっぷり塗る事です。

それで、残ったカレーはその日の夜にカレーうどんにします。
これで凡の家庭のカレーの儀式は終了であります。

しかし、カレーに関してはミニボンから不満の声が出ることもあります。

凡にとってカレーとは、最後の締めなのです。
なので晩御飯がカレーだけという訳にはいきません。

始めに別のおかずでビールやお酒を何本か転がした後に、最後にカレーとなる計画な訳であります。

ミニボンの家庭ではカレーは晩御飯だったようで、凡がカレーの日に機嫌よくビールを飲んでいる横で、「普通の家庭ではカレーの日はカレーを食べるんやで。そやのに、内はおかずも作らなあかん。そんなん内損や。そんなカレーの日なんて有難くないわ。」というようなことを聞かされることになるのであります。

それはそうかも知れないけど、そこは何とか一つよろしくお願いしたいところであります。
凡は食べる事に関しては少々わがままなようであります。

カレーでフライが乗ったものがありますよね。
例えば、カツカレー。

これに関して皆さんは不満がないでしょうか。
凡はたまに不満を感じるお店があります。

カツカレーを頼んで持って来るときに、ご飯の上にカツが乗っていますよね。
それで、その上にカレーが掛かっている。
しかし、凡にとってこの部分が問題なのであります。

カツ全体にカレーのルーを掛けて出してくるお店に行かれたことはないでしょうか。
あれはいけません。

半分だけ掛けてくるところもあるが、これは許せるかな。

出来る事なら、カツにはカレーを掛けて欲しくない。

何故ならカツにカレーを掛けてしまったら、カツがカレーでべちゃべちゃになってしまうじゃないですか。
それに、カレーの掛かったカレー味のカツしか味わえない。

もし、ご飯の上の端っこの方にカツを乗っけて、そのカツに掛からないようにカレーのルーを掛けて貰えたら、始めにカツをウスターソースで食べる事が出来るじゃないですか。
つまりトンカツを白いご飯で食べるのと同じ味を楽しめる。
カツの半分ぐらいをそうして食べてからおもむろにカツにルーを乗せて今度はカツカレーとして楽しむのであります。

一皿で2度美味しい。貧乏人の発想で少し寂しい気もするが。

そうだ、ソウルにはカツカレーなるものはあるのだろうか。
ご めんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

ごめんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。