そうだ、ソウルへ行こう!(123)

画像

ソウルの2日目は水原(スウォン)というソウルの中心部から少し離れたところへ行く予定だ。

水原には地下鉄で行く方法もあるが、1時間ぐらいかかる。そしてこれが驚くほど安い。
ガイドブックによると1600ウォンとあります。
1600ウォンで1時間も乗れるなんて、日本じゃ考えられない。

とはいうものの、凡は一度は電車に乗ってみたいと思っていたので、ここはソウル駅から「セマウル号」に乗っていこう。

ソウル駅8時25分なので朝も忙しい。
ホテルからはタクシーでソウル駅まで移動。

ソウル駅には無料の新聞スタンドがあって見るとやっぱりキムヨナちゃんが一面を飾っている。
この時期にソウルに来て良かった。
凡もソウルでキムヨナちゃんを応援だ。

これから行く水原はキムヨナちゃんの出身地というのを後で知った。

窓口で切符を購入。

画像


セマウル号は特急。乗っている時間が32分と短いけれども列車の旅の雰囲気だけでも味わおう。
しかも、水原まで特急代を入れて1人4700ウォンとこれもまた安い。
この点、韓国は羨ましい。日本のJRや地下鉄も韓国のやり方を見習ってほしいな。

出発までの時間は「バーガー・キング」で朝食。
プルコギバーガーも気になったのだけれど、普通のハンバーガーの方が皆に食べられているんじゃないかと思って普通のセットを注文。

これが2人で11000ウォンとかなり高い。
というか、セマウル号が2人で9400ウォンなので、比べると高く感じた。

時間が来たのでホームに行くと、すでに列車は停まっていた。

画像


しかし、このソウル駅は改札というものがないのだろうか。
そのまま、階段を降りていくと、そのままホームで、そのまま列車に乗り込む。

いいのかな。
これでいいのかな。
と思ったが、どうもいいらしい。

セマウル号は日本の特急と同じような雰囲気で、シートなどはもっとゆったりとしていて高級感がある。
時間が来ると静かにセマウル号は走りだした。

画像


しばらくすると、トイレに行きたくなった。
そうだ、セマウル号のトイレも経験しよう。

というか、経験しなければ水原まで持たない。
セマウル号のトイレは日本の列車のトイレに似ている。
しかも、便座に敷くシートも備えてあった。
小の方もあって、これも経験。

一体、セマウルに何しに乗っているのだ。

座席も快適なので、もっと乗っていたいところだが、30分ちょっとで水原に到着。

水原駅に到着すると階段を上って駅のコンコースに行った。

「あれ?」改札口がない。

駅のホームから駅のコンコースまで、行け行けなのである。
誰もチェックをしない。

もう一度思い出しても、ソウル駅では改札がなくノーチェック。

セマウル号の中でも検札はなくノーチェック。

水原駅でも、改札がなくノーチェック。

えーっ。これでいいのだろうか。

いいのだから、いいのだろう。

でも、これじゃタダで乗り放題じゃないですか。

凡とミニボンは、これでいいのかと不安に思いつつも、無事水原に到着したのであります。

水原ってガイドブックにも観光名所しか載っていないし、遺跡などの紹介しかしていないので田舎なのだろうと勝手に想像していた。
でも、実際はかなりの都会だ。普通にちゃんとした都会なのである。

ここでは、水原華城というところを観光する予定だ。
これはミニボンのソウルに行く目的の1つであるので行かなきゃいけない。

まずは、駅の横の観光案内所に寄ってみよう。

画像

水原ホームに到着
ご めんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

2010年03月23日 23:53
お~、凡蔵さん、セマウル号に乗ったんですか?
なかなか良い手段で水原へ行きましたね~

地下鉄は乗ったことがありますが、セマウルは乗ってません・・・

改札がノーチェックってのもビックリですね

外国で切符を買うのって難しいですよね~
希望する時間や列車、座席がなかなか伝わらずに買えませんよね~
以前台湾で凄く苦労しました
以来電車は苦手ですね・・・
路線図でわりと簡単に買える地下鉄は安心ですけどね~

セマウル号のシートはグリーンのようですね~
乗客も少なそうだし、かなり快適そうですね
凡蔵。
2010年03月25日 10:07
とっちゃんさん。

セマウル号は一度乗ってみたかったんです。
なので念願達成です。
セマウル号はすごく快適でもっと乗っていたかった。

食堂車というか軽食を食べられる車両もあるようなので気になったのですが、水原までなので列車の中の散策は諦めました。

改札のノーチェックは特急だからでしょうか。
改札自体がないのです。通勤電車にはあると思うんですけど、そうでないとタダで乗り放題ですもん。
気になります。

そうそう、私もかなり前に台北に行ったときに、板橋というところにある庭園を見に行った帰りにたまたま駅を見つけたので台北駅まで電車で帰ることにしたのですが、電光掲示板を見ても乗る電車が解らず、近くにいた地元の若い男性に聞いたのですが、その男性もよく解らず、あっちに行ったりこっちに行ったりしながら調べててくれてようやく乗ることができました。

地元の人でも迷うんだから台湾の電車は難しいんじゃないでしょうか。

2010年03月25日 22:08
凡蔵さん、とっちゃんさんではなく、とっちゃんと言ってくれたら嬉しいです

セマウル号には食堂車もあるんですね?
外国の列車の食堂車でビールや軽食、あるいはコーヒーにケーキなんて体験できたら楽しいでしょうね~

凡蔵さんも台湾に行かれた事があるんですね!
自分は台北→八堵→瑞芳→十分→菁桐まで行き、また台北に戻りましたが出発時の切符購入からつまずき、多くの人の親切でなんとか行って帰ることが出来ました

途中九分に立ち寄ったので、ますます珍道中になりましたが、あの時の非常に苦労した経験が現在海外でちょっと冒険できるきっかけとなった気がします

ツアーで海外に行っても、自由時間に自分で行動すると旅の楽しさはだいぶ広がりますよね~

いつかは凡蔵さんのように、全て自分で手配した海外旅行を経験してみたいですね~

でもツアーが一番安いので、ついついツアーに申し込んでしまいます・・・

とりあえず、往復の飛行機とホテルだけのパックでソウルに行きたいと密かにたくらんでいます
凡蔵。
2010年03月27日 08:39
とっちゃん。
(お言葉に甘えて、とっちゃんと書かせていただきました。

とっちゃんも、いろいろ行かれているんですね。
台湾は台北だけで、うろうろしておりました。
台湾も大好きです。

でも、旅先で親切にしてもらうと、その人だけじゃなく、その地域というか、海外旅行だったら、その国自体が大好きになっちゃいますよね。

ソウルは今まで2回行きましたが、その2回はツアーで行きましたよ。2泊3日で、中の1日がフリーのツアーです。

それに現地ガイドさんがいるので、いろんな事を聞くこともできるし、メリットも多いですよね。



なんといっても、ツアーは安いのですもんね。

この記事へのトラックバック

ごめんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。