そうだ、ソウルへ行こう!(128)

画像

ソウル駅にあるロッテ・マートでのお土産探し。

お土産の前に、歯磨き粉と頭につける整髪料を買おう。

ソウルは今エコが盛んで、ホテルのアメニティーの歯磨き粉や整髪料が置いていないところが多い。
これはホテルの階数によるそうで、面白いことに低い安ホテルには無料でついていることが多い。

今回泊まったグランド・アンバサダー・ソウルには歯磨き粉きが付いていない。

詰まりは、凡は今回は高級ホテルに泊まったのである。

今朝はそのまま磨いただけだ。頭も何もつけずに水原観光をした。
歯磨き粉売り場に行って歯磨き粉を探す。

ロッテ・マートには日本人に対応するためだろう日本語の話せるスタッフが沢山いる。
若いスタッフはミニスカートにルーズソックスだ。
これはコスプレのようで、ちょっと楽しい。

歯磨き粉売り場のスタッフは年配のオバサンなのでミニではない。
そして歯磨き粉コーナーに2人も付いている。

歯磨き粉を探していると「白い歯?これがイイ。」
勝手に白い歯になりたい人にされている。

「別に白い歯じゃなくていいねん。」

すると別のオバサンが、「歯磨き粉ならコレがイイ。」ときっぱりと断言。

想像するに、それぞれの歯磨き粉のメーカーから派遣されてきているのだろう。
もう、それを強く勧めてくるのだ。

「これが一番。」
「これじゃない?だったらこれが一番。」
一体どれが一番なのだろうか。

日本でも百貨店の中にいる店員のほとんどの人はメーカーから来ている人だ。
だから自分のメーカーを勧める。

出来たらそれを買ってあげたいけど、今回は観光だ。
ゆっくり色んな商品を手にとって、商品選び自体を楽しみたい。

そんなオバサンの強いお勧めを断ってお茶の絵の入った何となく韓国の健康茶をイメージさせる歯磨き粉を選んだ。
これは何番なのだろうか。

ソウルはオマケが好きだ。
これも2本セットしかないが絵が気に入ったので購入。

画像


その後、ポケットティッシュを探しに行く。
海外旅行に行くと必ずポケットティッシュを買う。

それは凡が鼻が悪いのでティッシュがないと不安という事もある。

でも、必ず買うようになったのは香港に行ったときからだ。
香港のポケットティッシュは丈夫で、メントールの香りを滲み込ませていたりするのである。
丈夫なので西洋人は1回で捨てずに、1枚を何度も使用するようです。

これが珍しくて、またメントールで鼻をかむとスッキリするので、それ以来旅行に行くと、その行き先でティッシュを買
うようになった。
ソウルでもポケットティッシュをゲット。丈夫なタイプだけれどメントールではない。

さあ、そろそろお土産も買わなくちゃ。

画像


お土産は「ペペロ」の小さな箱を購入。
ペペロはソウルでは人気でポッキーとほとんど同じものだ。
「ペペロ・デー」というのもあるそうだ。それぐらいソウルの若者には浸透している。

小さいので持って帰りやすいし、値段も安い。
30個購入したらレジで他の日本人の女の子に笑われてしまった。

ミニボンは韓国のりなどを大量に購入。
その他にもお茶なんかを買って大きなカートいっぱいになってしまった。

こんな荷物があると邪魔になってしょうがない。

とりあえず、ホテルに持って帰ろう。
ご めんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

2010年04月01日 14:49
ベベロ30個ですか~???
って、ベベロって初めて聞きましたが、ポッキーのようなものなんですか?

あっ、上の写真は歯磨き粉だったんですか?
てっきりコチュジャンなどの韓国味噌系かと思いました

自分は竹塩歯磨き粉を何個か買いましたが、微妙な感じでしたね・・・

あ~、見れば見るほど行きたくなってしまいます
凡蔵。
2010年04月01日 15:20
ありがとう、とっちゃん。

そうなんですよ。
ペペロってロッテが出している、ほとんど99%ポッキーっていう感じのお菓子です。
どっちが先に開発して販売したんでしょうね。
絶対どちらかがパクリです。

ははは。
チューブ入りの味噌に見えましたか。
よほどとっちゃんは食べることが好きですね
でも、デザインの絵が気に入ってかいました。
裏には「青断茶」って書いてあるので、何か効用もあるんでしょうね。
味はこれも微妙です。

この記事へのトラックバック

ごめんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。