散散歩歩。(29)京都の冨美屋さん。

京都の冨美屋さんに鍋焼きうどんを食べに行こう。

京阪特急の座席に座りながら、そう思いついた。
何故、京阪電車の特急かというと。

2週間ぶりのお休みなので、どこかに行こうと思ったのだけれど、疲れているのか気が付いたらお昼前になってしまった。
さあどうしよう。
困ったときの京都だ。

京阪電車で1時間以内で行けるし、どこかへ行った気分も味わえるので、目的も考えずに電車に乗り込んだのであります。

うどん屋というと、少しく寂しい思い出がある。

数年前に、京都の祇園にある「権兵衛」という蕎麦屋でミニボンと釜揚げうどんを食べていた時の事です。

テーブルとテーブルが衝立で仕切られていて、京都情緒たっぷりでゆったり出来るお店だ。

ミニボンはスマップのキムタクが皆に男前だと騒がれているのが不満なようで、
「キムタクなんて、男前ちゃうわ。富夫さんの方が男前やわ。」
と大きな声で言った。

富夫さんとは、凡の事である。

止めてほしい。

いくら凡が男前でカッコよくても口に出してはいけません。
それにミニボンに言われても嬉しくない。

そう思っていると、ガサッという音がした。

ふと見上げると、衝立の向こうにいた60歳ぐらいのカップルの女性が、わざわざ中腰になって振り返って衝立の上に顔を出して凡の顔を見た。

3秒、いや5秒はあっただろうか。
凡とその中年女性は衝立越しに見つめあったまま沈黙が続いた。

その後、中年女性は静かに、また衝立の中に沈んでいった。

その後、衝立の向こうのカップルがどんな会話をしたか分からないが、想像もしたくない。
笑い声が聞こえてこないだけが救いだ。

もう、止めてよ。
ミニボンのせいで、知らない中年女性にキムタクと凡とどっちが男前かの格好の話題を提供してしまったではないですか。

しかし、冷静に考えてみると、確かに凡はキムタクより男前だと言っても間違いはないと自分でも確信できる。うんそうだ。

きっと衝立の向こうではこんな会話をしていたはずだ。
「ホント、キムタクよりカッコイイわ。というより、ハーフ見たいな顔立ちやし、キアヌ・リーブスみたい。うち何か胸がキュンってなってしもた。もう、胸がいっぱいでうどん食べられへん。もう一度、もう一度、顔が見たいわ。」

赤と黒の塗りの桶の中でゆれる白く柔らかな釜揚げうどんを食べながら、ミニボンを見ると声を押し殺して爆笑していた。

ミニボンといると時々こんな目に遭わされる。

京都にもうどん屋やそば屋は沢山あるけれど、錦にある冨美屋さんに行く事にした。

冨美屋さんは、お好み焼きや焼きそば、うどんのセットなどの家庭で食べるお持ち帰りセットがデパートや大きなスーパーで売っているので、関西では有名なお店です。

とはいうものの、実際、そのお店に行って食べた事は無い人が多いのではないだろうか。

そういう凡も、始めて食べに行くのです。
少し期待に胸を膨らませながら、京阪電車を降りて、四条通を西に向かって歩いて行った。

画像

冨美屋さんのデパートで売っている焼きそばのパック。

ご めんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い

この記事へのコメント

2010年09月30日 20:01
うちのツマは、キムタクや福山雅治のような、『男前』は好きじゃない!といいます。

さて、夫のボクは『男前』なんでしょうか、違うんでしょうか(笑)
いまだにナゾです(笑)
凡蔵。
2010年10月01日 07:51
ありがとう、kojiさん。
男前でもモテナイ人もいるし、男前でなくてもモテル人がいますよね。
私は、モテル方がいいな。
でも、男前でもなく、モテもしない私はモテル人を見て「うらやましー。」っていうしかないのでしょうか。
kojiさんはきっと、モテル男前なんじゃないですか。
2010年10月01日 13:00
昼休みに見てます。ヤバイ!爆笑しそうになって口を押さえて笑いをこらえていましたよ~
(笑)ミニボンさん、それは作戦?!
あぁ~私もキムタクは男前と思わないわぁ
ミニボンさんと同意見♪
チョッと薄っぺらい気がするの。
男前はハートよん!
それが外見を彩るんだと思うの。
凡蔵。さんもkojiさんも男っ前よ~!
凡蔵。
2010年10月02日 02:22
ありがとう、oriverさん。
わーい、私って男っ前なんだー!
って、喜んではみたものの、そんなハートも自信がないなぁ。
でも、まあ悩んでみても、どうにもこうにも出来ないのでありまして、まあここは一つ男前ということにさせていただきますゎ。
でも、男前ってなんだかんだ言っても人生で得してますよね。やっぱり。
2010年10月02日 16:59
えー!oriverさん

ボクも男っ前ですか~♪
ひとんちのブログでボクまで褒めてもらって、うれしいなあ。

それじゃ、凡蔵。さんともども「男っ前!」ってことにして頂きましょうかね(笑)。
凡蔵。
2010年10月03日 13:47
良かったですね!kojiさん。
これで、晴れて間違いなく誰が何と言っても男っ前ですね。
お互いに、これからも男っ前街道を驀進しましょう。

この記事へのトラックバック

ごめんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。