そうだ、ソウルへ行こう!(161)

今日は、2月14日。
そうバレンタインデーであります。

この忌まわしき1日が、早く終わってくれることを全国の「特別な日はいらない派」を代表して神様に祈りたいと思います。

「まんまんちゃん、あん。」
いや、これでは仏さんだ。しかも、関西の人しか分からないだろう。

「ハラホレハレ、アイヤヤヤ、レレレレー、ビョーン」
何の神様か分からないけど、こんな神様は嫌だ。

「アーメン。」
キリスト教徒じゃないけど、バレンタインというカタカナには似合いそうだ。

「神様、どうか来年はバレンタインデーなるものがなくなりますように。
うえーん。」

うえーん?
何故、うえーん。

特別な日が、如何に有害なものであるかということについては、凡が前にかいた「そうだ、ソウルへ行こう!(51)」を、お時間があればぜひ、見てくださいね。きっと、あなたも特別な日廃止論者になると思いますよ。


さて、少しずつ3月に3連休を取る根回しをしているところですが、どうなることでしょうか。
ここは真剣に神様にお願いしておこう。

海外に限らず、一度その土地へ行くと、その土地やその土地の人を大好きになるのは、皆さんも同じではないでしょうか。

ソウルも、今まで3回行きまして、行くたびに大好きになってきました。
前回に行ったときは、ちょうど1年ぐらい前のなのですが、今でもその時の楽しい事柄を思い出します。
今回は、またもっと好きになって帰ってくるでしょうね。


さて、今回のソウルの目的は、何にしようかな。

凡の中では、もう決まっています。

前回行ったときに発見した「二日酔いに効くドリンク剤」を買うことです。
前回どうしようもない二日酔いになったときに、ミニボンに買いに行ってもらったドリンク剤が、もうあと1本しかありま
せん。
切らしたら、大変であります。

今は、少し飲みすぎて体調が不良でも、日本の薬を飲んで我慢をしているのであります。

そして、お守り代わりに1本をいつも鞄の中に入れています。
いつ何時二日酔いになってもいいように。

しかし果たしてこれで大丈夫なのだろうか。

確かに、鞄の中に1本入っていれば急に飲みすぎで気分が悪くなった時に便利だろう。

しかし、これではまだ不安が残る。
不安を抱えたまま飲んだのでは、二日酔いになりそうだ。

1本で効かない二日酔いもあるかもしれない。

それに、ドリンクを飲もうという時は、ふらふら状態だから、さあ飲もうというときに、手が滑って、つるん、ガッシャンということも考えられないことはない。

それにこんなことも考えられる。

換気の悪い油の匂いのする居酒屋のカウンターで、するめの天ぷらをマヨネーズに付けて、七味をたっぷり振りかけて口に運びながら、飲んでいると、知らず知らずのうちに飲みすぎてしまった。

ふと見ると隣に、サラサラロングヘアーの20歳の女の子が、何故か一人で飲んでいた。
目と目の間が少し離れた凡好みの顔立ちだ。

凡がちょっと飲みすぎたので、ドリンク剤を飲もうと鞄から取り出した時に、サラサラロングヘアーの女の子が、「キャー、そのドリンク剤、何ぃー。」とあどけない声で聞いた。

「このドリンク剤のことかい。これはね、二日酔いのドリンク剤なんだよ。凡は少しばかり飲みすぎたようなのでね。」

「へえー、すんごいー。私も飲んでみたいなー。私もちょっと飲みすぎたみたいやねん。」
甘えた上目使いで見つめられると、何かを期待して渡してしまっても仕方がないだろう。

そんな時は、どうすればいいのだ。

やっぱり1本では不安がいっぱいだ。
せめて鞄に2本は入れておきたい。

そうだ、ソウルには二日酔いのドリンクを買いに行こう。

そして、ゆっくりチャミスルを痛飲しよう。
ご めんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス

この記事へのコメント

2011年02月17日 12:37
ない、ない。
あっはっは♪サラサラのロングヘアーの可愛い女の子はドリンク剤には反応しません(笑)
思い出すわ~初めてお邪魔した頃、二日酔いの凡蔵。さんに出会ったのだぁ。
あのドリンク剤、まだ一本余ってたんだ。
それを使わない楽しい旅行になることを祈ります♪
2011年02月17日 17:58
ソウル、行けそうですね。

ボクは行ったことないので、楽しい報告をお待ちしています。

それにしても、サラサラロングヘアーの女の子、好きですね(^^)
凡蔵。
2011年02月19日 18:02
ありがとう、oriverさん。
そうなんですよ。残りの1本はお守り代わりに取ってあったんです。
いつ何時二日酔いになるかもしれませんもん。
サラサラロングヘアーの女の子が、何に反応するかなんて、、、
難問ですね。
ドリンク剤は無理なんですか。
凡蔵。
2011年02月19日 18:04
ありがとう、kojiさん。
サラサラロングヘアーの女の子は、永遠の憧れなんでですよ。
南沙織さんのような爽やかで可愛い人に、きっと旅のどこかでめぐりあえることを、ついつい妄想してしまいます。

この記事へのトラックバック

ごめんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。