そうだ、ソウルへ行こう!(163)台湾慕情。

「ねえ、見てママ。
わーい。綿菓子だー。綿菓子だー。
ふわふわ、ふわふわ、食べたいなー。」

「ねえ、見てママ。
あのスチュワーデスさん、サラサラロングヘアーだよ。すごいなー、すごいなー。」

もし凡が小学1年生だったら、こんなふうに浮かれていることだろう。

それほどまでに飛行機という乗り物は、人の心を興奮させる何かがある。

凡は今、その飛行機に乗って、台北へ行こうと計画しているのであります。

「わーい。サラサラロングヘアーのスチュワーデスさんに会えるぞー。」
どうやら凡はまだ子供の心を忘れていないようでございます。

さて、台北へ行くと決まったので、まずは飛行機を予約しないといけません。

ツアーもいいけど、フリーで行った方が時間がゆっくり出来る。
さっそくインターネットで調べてみた。

朝出発して、夜に帰ってくる便にしたいと思うのは誰でもそうでしょう。

マイレージを貯めているANAを見てみると、関空から直接に台北に行く便もあるのですが、早く台北に着こうと思ったら、関空から一旦東京まで行って、それから台北に行かなくちゃいけない。

南に飛ばなきゃいけないのに、一旦北へ飛ぶのも何か腑に落ちない。

台北に行くなら乗りたいなと思っていたエバー航空は、帰路が朝出発である。
これも2泊3日で行くのには、少し勿体ない気がする。

チャイナエアを見ると、38000円と安い。

これはいいな。
こんなに安いんだから、少しぐらいのことは、安いんだからっていう理由で楽しめそうだ。

でも、フライトの内容を見て、ビックリした。

関空から、一旦上海へ行って、そこで乗り換えて、台北に飛ぶのです。
これも面白そうです。

安い値段で、空港の施設内とは言え、上海に行けるのであります。

上海はまだ行ったことがありません。
なので、これはなかなか面白い飛行プランかもしれないな。

それに、2回飛ぶんだから、機内食も2回食べられるということだ。

ちょっと遠回りだけど、これもいい。

でも、ゆっくりとプランを検討する内に、このプランは無理だと判った。

上海での乗り継ぎ時間が20時間50分もあるのです。

画像


10年以上前に、ニューヨークに行くのに、アシアナでソウル経由で行ったことがあるのですが、ソウル空港で4時間の乗り継ぎ時間があった。
4時間だったら、空港の免税店とかをブラブラ見て回ったり時間をつぶすこともできるのだけれど、それでもやっぱり時間が余った。

でも、20時間50分は、どうすればいいのだろう。

旅慣れた人なら、仮眠をする場所なんかを知っているのだろうか。
それとも、一旦上海の街に出ることができるのだろうか。

もしそうなら、それはそれで上海を楽しめる。

とはいうものの、台北に行くのにフライト時間が25時間20分掛かるというのは、2泊3日の旅行には少しばかり不向きだろう。

もし凡が学生なら選択していたかもしれないが、今回は止めておこう。

そうやってインターネットで、プランを考えるのも、また旅の楽しみの一つだ。

いろんなプランを調べている間に、キャセイパシフィックのホームページにたどり着く。

早割で5万円。
しかも、正規割引で、インターネットですべて申し込みが出来る。

大阪の関空を11時に出発して、台北には13時15分に着く。
帰路も15時55分に出発して、関空には19時20分だ。

自宅から関空までの移動を考えると、ちょうどいい。

よし、キャセイパシフィックにしよう。

そして、インターネットで注文しよう。

さあ、キャセイの窓から、雲の綿菓子をいっぱい食べるぞ。
ご めんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2011年03月03日 07:42
楽しみですね、台北。

逢えるといいですね、サラサラロングヘアーのスッチーに(笑)
2011年03月03日 16:20
キャセイに決定ですか!
なかなか良い選択をしましたね~
今頃ホテルはどこにしようか検討中なんでしょうね?
凡蔵さんはニューヨークにも行った事があるんですか?
う~ん羨ましいなぁ~
凡蔵。
2011年03月04日 09:46
ありがとう、kojiさん。
旅行は行く前が一番楽しいかもしれませんね。
行ったら、こうしよう、あれ食べようとか考えるのが楽しい。
行くと、もちろん楽しいのですが、あっという間に時間が過ぎてしまって、ちょっとさびしい気分になります。
今回も、楽しみです。
凡蔵。
2011年03月04日 09:53
ありがとう、とっちゃん。
とっちゃんさんも台湾にはキャセイで行かれたんですよね。ブログを拝見して、ますます期待です。
キャセイは時間がちょうどよかったんです。
2泊3日だから、滞在時間が長い方がいいですもんね。
ニューヨークは、よかったですよ。
また行きたいです。
でも、いつも思うのは、どこの場所でも、もう1日長く滞在出来たらなっていうことですね。
ニューヨークも、動ける時間が2日半しかなかったので、時間が足りませんでした。
2011年03月07日 12:22
サラサラヘアーのキャビンアテンダントのお姉さん、仕事中は髪はまとめて結わいてるから、動いた時に髪がフワッとなってシャンプーの香り・・・とはいきませんが、あの優しい笑顔には逢えますネ。小学生の凡蔵。さんは、ここで一目惚れをして、少年の心にその笑顔が焼きつくことでしょう。
前置きが長くなりました(笑)ネットで調べてたどり着いた時の達成感はたまりませんね♪
凡蔵。
2011年03月08日 08:01
ありがとう、oriverさん。
子供のころは、飛行機って憧れの乗り物だったし、パイロットやスチュワーデスさんは憧れの存在でしたよね。
それは、今も変わってなくて、飛行機に乗る度に、緊張とわくわくで、いつもの日常とは違った気持ちになります。
そんなんだから、スチュワーデスのきれいなお姉さんに一目ぼれをしても仕方がないですよね。
小学生でも、今でも。

この記事へのトラックバック

ごめんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。