そうだ、ソウルへ行こう!(168)台北旅情。チケット獲得なるも涙。

蟻の親子が凡の頭に乗っかって、さっきから凡の汗をチューチュー吸っている。

「お母さん、甘くて美味しいねー。」
「ほんと、甘いわねー。」
「甘ーい。甘ーい。」
「でもね、この頭の中の脳みそは、もっと甘いんだよ。」
「えー。脳みそはもっと甘いの。そんなの甘すぎて嫌だー。」

凡の脳みそは甘かった。

台北に行く予定を16日から18日に変更しました。
なので、16日のチケットをキャンセルして、新しい18日のチケットを取らなきゃいけません。

16日のキャンセル料の4万円は、諦めたのであります。

それで、18日の航空券を取るために、こんどはキャセイに電話をしたのでございます。

幸いにして、18日の便の空席はありました。
良かった。
これで台北に行ける。

でも、次のキャセイの係りの男性の言葉に愕然としました。

「今、案内出来る一番安い価格は、一人86000円です。」

凡は携帯を耳に当てたまま、5秒間気絶した。

そうですよね、冷静に考えれば。
出発近くになると、チケットの値段は上がるのは当たり前です。

凡が最初に取っていたチケットが一人50000円。

差額は一人36000円で、2人分だと72000円です。
キャンセル料と合わせると、112000円アップするのであります。

チーン。
南無弥陀仏。
だめだめ、まだ成仏するのは早い。
まだまだ、現世で楽しみたいのです。

凡は、その金額を聞いて、一旦携帯を切った。

予定していた金額の倍には、さすがに頭がふらふらした。
キャセイに直接電話したのが駄目だったのだろうか。

今から、激安チケットを当たってみよう。

とはいうものの、台北に行くんだったら、やっぱり時間の配分のいい便がいい。
これが、始めから激安チケットを取るんだったら、少しぐらいの便の悪さは我慢できるだろう。
でも、今はもう4万円のキャンセル料を払ってしまっている。
なので、今から、帰路が早朝などの便は選択したくない。

時間配分のいい便で、激安旅行会社に電話したり、カウンターで相談してみる。
でも、便がいいのはキャセイかJALで、価格も変わらない。

さて、貴方だったら、どうしますか。
選択肢は、少ない。

①旅行は諦めて、家でじっとしている。
②台北は諦めて、近場の温泉に行く。
③倍の金額でも、台北に行く。

旅行を諦めるのは、ぜったい嫌だ。

①の自宅でじっとしているは、どうだろう。
4万円を払った上に、その3日間家の中で、何をすればいいのだろう。
トランプ?
気が滅入ってノイローゼになりそうだ。

じゃ、②の近場の温泉に行くか。
これはちょっと気分転換にはなりそうだ。

温泉に浸かって、美味しいものを食べる。
ミニボンなら、そんな金額を出すなら、温泉にするだろう。
なので、金額のことは内緒だ。

普通なら最高の贅沢なんだけれど、どこか頭の隅に台北のことが残っているに違いない。

すぐに頭の中を切り替えて、温泉を楽しめたらどんなに楽しい事だろう。
自分では、その場その場を楽しめるようになりたいなと思うのだけれど、そこがまだまだ、出来ていないところであり、ひょっとしたら、これからも出来ないかもしれない。

そこが、凡であり愚である自分なのであります。
欲が強すぎる。

だったら、いっそのこと③の台北に行くのが、気持ちはすっきりするのじゃないだろうか。

勿論、倍の値段になるということは、どうも精神安定剤が要りそうなぐらい悔しい。
でも、台北に行けるという当初の目的は達成できるのだ。

そうだ、台北に行こう。
今行かなきゃ、次にいつ行けるか分からない。

精神安定剤はアルコールで代用しよう。

凡は再度、携帯からキャセイへ電話を入れた。
「航空券の予約をお願いします。」

これで、台北行きは決まった。

ご めんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2011年03月13日 17:49
凡蔵さん、112000円アップは痛いですね・・・
痛過ぎますね
自分だったらショックで寝込みますよ・・・
でも行くって決めたんですから、112000円は忘れて、目一杯楽しんできて下さいネ~
凡蔵。
2011年03月17日 14:54
ありがとう、とっちゃん。
今はもう、行くことだけを考えます。
きっと楽しいに違いありません。

忘れるって大切ですね。
忘れるって素敵。
忘れるって、、、
忘れてないですね。

この記事へのトラックバック

ごめんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。