散散歩歩。(81)贅沢な旅行。鹿児島での昼食。黒豚。

新幹線「さくら」の車内販売のお姉さんを見て鼻の下を伸ばしたり、寝とこうと思って寝たり、ウイスキーを飲んだり、冷凍みかんを食べたりして快適な新幹線の旅を楽しんでいるうちに、早くも11時27分に鹿児島中央駅に到着した。

朝のサンドイッチとウイスキーでお腹がいっぱいになり、駅弁は食べることができなかったが仕方がないだろう。

鹿児島中央駅のホームから改札に向けてエスカレーターを降りると、焼酎のバーがあった。
さすが鹿児島ですね。

鹿児島中央駅は、流石に新しく綺麗な駅です。
そして、アミュプラザ鹿児島やフレスタ鹿児島という商業施設と一体になっていて、ファッションや飲食店が沢山集まっていて、地元の人も集まるエリアが出来ていた。

さて、これからお昼ご飯でも食べよう。

ここで何を食べるかが問題です。

折角鹿児島に来たんだから、地元の人の行く美味しいお店やなんかに行ってみたい。

凡は大抵行き当たりばったりで行くことが多いのですが、その場合、失敗することも多くて、またお店を選ぶのに、あっちをうろうろ、こっちをうろうろしたりして、時間もかかることがおおい。

どうしたものかと思案をしていると、ミニボンがガイドブックを見て、行きたいと思っていたお店が駅の近くにあるという。

このガイドブックのお店と言うのが、実は曲者である。

まあ、大きく外れるということもないのではあるのでしょうが、後になって、「あの店良かったねーっ。」っていうのは、大概ガイドブックに載っていないお店の方が多い。

とはいうものの、最近は、そのあたりについても、拘らなくなってきた。

ガイドブックに載っていても、載っていなくても、どっちでもいい。

何故なら、そのお店は間違いなく鹿児島という場所に存在していて、旅行で鹿児島に来なければ間違いなく入ることができないお店だからです。

それと、凡もミニボンも年を取ったせいか、疲れやすくなっているということもある。
ミニボンは脳内出血をしてからは、確実に疲れやすくなっている。

ということで、ミニボンのいうガイドブックに載っているという黒豚のとんかつ屋さんに行くことにした。

鹿児島中央駅から歩いて5分程度の薩摩黒豚専門店の「黒かつ亭」さんへ入る。
丁度、お昼時であったので、ランチを注文。
1人前980円。

画像


酒粕の風味のする豚汁が美味しかった。

周りを見渡すと、凡のように観光で来ましたという風のお客様が多い。
やっぱりガイドブックを見て来たんでしょうね。

それにしても、いつも思うのは、観光地に来て、その土地の名物を食べるのですが、果たして、これでいいのだろうかって思うのです。

今は商品の流通網が発達しているので、色んなものがどこででも食べることができます。
薩摩の黒豚だって、大阪でも食べることができる。

料理と言うのは、調理の仕方によって、その味わいの殆どの部分が決まるのではないでしょうか。

なので、その地方と同じ食材を、大阪の腕の良い職人さんが調理をすれば、ひょっとしたら、その地方の料理より美味しいかもしれません。

なのに、地方に行ったら、その土地の名物を食べなきゃって思ってしまうところが凡なのでありましょうか。

とはいうものの、そこは間違いなく鹿児島に存在するお店であって、鹿児島に住んでいる人が調理をして、鹿児島に住んでいる人が、運んでくれる。

それはもう間違いないので、やっぱり名物を食べることも意味のあることであると思われるのであります。
名物を食べるというより、その土地の人との触れ合いが、楽しいということですよね。

「黒かつ亭」さんの店員さんは、大きな旅行鞄を預かってくれたり、親切にしていただいて、料理も美味しかったです。

さあ、お昼も食べたし、そろそろホテルに向かうことにしよう。

画像
新幹線の構内の焼酎バー

ご めんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2011年07月21日 08:53
凡蔵さん、たしかに地方の名物を首都圏で簡単に食べる事ができますが、やはりその土地で地の物を食べるのとは違いますよ!

お客さんやお店の人の言葉、あるいは見慣れない習慣があって驚いたり感心したり・・・

やっぱり現地で美味しい物を食べるってのは、旅の醍醐味の1つだと思いますよ~

ところで黒豚のとんかつランチ美味しそうですね~
ソースも2種類あるようだし、何と言っても豚汁ってのが嬉しいですね!
2011年07月22日 23:47
鹿児島に着いたばかりなのに、読んでいる私的には、かなり充実の旅行です♪だって、おもしろいんだもん(*^_^*)
サンドイッチ、美味しそうでしたね~!
それにしても、朝から飲みましたね~!
贅沢旅行、楽しみしています(*^_^*)
凡蔵。
2011年07月23日 01:20
ありがとう、とっちゃん。
やっぱり、地方へ行ったら、その地方のものを食べたくなるのは、誰でもそうですよね。
とはいうものの、私の家の場合、奥さんが極端な偏食のため、その土地に美味しいものがあっても食べないこともあるんです。
でも、そういうときに居酒屋があると便利なんですね、私は郷土料理をつまみにビール、奥さんは好きなものを注文できるし。
ランチは、美味しかったのですが、もう1枚とんかつが付いていれば良かったかな。
このお店は定食というのもあって、ランチより少し量が多いそうです。そちらにすれば良かったかもしれません。
凡蔵。
2011年07月23日 01:23
ありがとう、oriverさん。
やっぱり、旅行に出かけると、気持ちが高ぶりますよね。しかも、初めて乗る九州新幹線ですから、年甲斐もなくはしゃいでしまいました。
アルコールは、往路はなるべく控えるようにしているのですが、鹿児島まで時間がたっぷりありましたので、飲んでしまいました。

この記事へのトラックバック

ごめんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。