散散歩歩。(102)京都で映画。

さて、今日はどうしようかな。

布団の上で横になったまま、新聞をテレビ欄から逆に読みながら考えた。

前日に飲むお酒のせいか、「ああ、スッキリした。」って、両手を伸ばしながら元気いっぱいに飛び起きるということはない。
頭の芯に残る少しの鈍痛と、吐き気までには至らない腹部の不快感と、まだ横になっていたいと思うダルさの中で、今日一日の計を立てようというのだから、ロクなアイデアは出てこないというものだ。

それでも、凡もミニボンも休みなんだから、休みらしいことをしたい気もするのであります。

それで思いついたこと。

映画へ行く。
京都へ行く。

映画は、大好きなジョニー・トーさんが製作をしている「アクシデント」が、心斎橋で上映されている。
でも、ミニボンは香港映画は、それほど好きではない。
2人が共通して見てもいいと思うのは、「ゴースト・ライター」ぐらいだろうか。

京都は、「困ったときの京都」で、行けば、何となく楽しい。

「今日、どうする?」
「どうする?」
「どうしよ。」
「合わせるから、好きなようにしたらいいよ。」
「じゃあ、映画見に行く?京都行く?」
「どっちでもいいよ。」
「どっちかって言ったら、どっちがいい?」
「どっちでもいい。」
「そしたら、どうしよ。」
「さあ、こっちが聞きたいわ。」
「さあ、どうしたらいいんや。」
「そんなん知らんやん。」
「、、、、。どうしよ。」
「、、、、。」

こんな「どうする。」という言葉を1時間以上も繰り返し、やっと目的が決まる。

決まらない場合は、門真市の駅まで「どうする」を繰り返すこともある。

2人揃って休みとは、厄介なものだ。

そしたら今日は、どうしよう。

「迷った時は、両方。」という最近は発令していないルールを思い出した。
そうだ、京都に行って、映画を見よう。

これで解決だ。

早速、用意をして、京阪電車に乗った。

京都までは、丁度いいぐらいの距離の小旅行の気分を味わえる。

三条駅で降りて、映画館に行く前に、お昼ご飯を食べなくちゃ。

三条寺町東入ル「田毎」さんで、おそばを食べて行こう。

何日か前から、あんかけが食べたかったので「たぬきそば」するぞ。

そう思って店内に入ると、あなごそば、まつたけそば、など美味しそうな写真がメニューに載っている。
辛口えび太子という、海老と明太子のあんかけそばは、特に気になる。

ああ、これは迷うな。

迷った時は、両方。
でも、そばやで両方は、ちょっと野暮であります。

迷った挙句、やっぱりたぬきに決定。
ミニボンは、「みそぎそば」という精白度の高い白い蕎麦。

京都で、たぬきそばといえば、蕎麦に甘い揚げが乗っかっていて、あんかけの汁が掛かっている。

たぬきで、あんかけというのは、京都独特の作り方だ。
なので寒い日なんかは、無性に京都のたぬきが食べたくなって、京都に行きたくなる。

関西一般では、うどんに揚げが乗っているのが「きつね」
蕎麦に揚げが乗っているのが「たぬき」と呼んでいます。

聞くところによると関東では、蕎麦に揚げ玉が乗っているそうですね。

関西では、それは「ハイカラ」といいます。

それと、揚げ玉も関西では「天かす」というのであります。
しかし、まだ東京で、たぬきを食べたことがありません。
一度食べてみなくちゃ。

そばで、お腹もほっこりしたので、次は映画でも見ましょうか。

画像
たぬきそば892円 かやくご飯小367円

画像
みそぎそば1260円
ご めんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

2011年10月22日 15:17
たぬきそばのおつゆですが、あんかけになっているんですか?
食べた事ありません・・・
味は普通のそばつゆをあんかけにしたんでしょうか???
う~ん、気になりますよ・・・
凡蔵。
2011年10月25日 10:47
ありがとう、とっちゃん。
そうなんですよ、普通のそばのおつゆを、多分片栗粉でトロミをつけて餡かけにしてあります。それで、その上におろしショウガを乗っけてあります。
トロッとしたそばつゆに、生姜がいいアクセントになって美味しいですよ。
関西でも京都以外では見ないたぬきそばです。
京都に来られた時は、是非食べてみてください。
特に冬の寒い時は美味しいです。

この記事へのトラックバック

ごめんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。