散散歩歩。(160)別府の温泉で癒されちゃお。

「そうだ、別府に行こう。」
そう決めたのは出発の3日前だった。

5月28日と29日の2日間、ミニボンと一緒の連休があったので、どこかへ行きたいなと思っていたのです。

何処へ行きたいかという問いに素直に答えれば、沖縄もいいし、釜山もいい。
となるのでありますが、1泊という点と、旅行代金を考えると、次の候補を考えてしまう。

松山、高知、広島、などと考えていくと、どうも凡の頭の中には、西の方角しか見えていないことに気が付いた。
これではいけませんね。
もっと新しい場所をイメージできるようにならなくちゃ。

と思いながら、門真の駅前の安い居酒屋で生ビールを飲んでいて、そうだ、別府にしようと決めた。

決めた理由は、20年ぐらい前だっただろうか、以前別府に行ったことがあるのですが、その湧き出る温泉の湯量に感動を覚えたことがあったのと、その時に、無料の温泉施設があって、それに入りたかったのですが、その時は出来なかったということと、別府にはANAがプロペラ機で運行しているという点だった。

そうだ、プロペラ機で別府に行って、無料の温泉に入って、溢れ出ているお湯をたっぷりと楽しもう。

早速、インターネットで、飛行機とホテルを予約した。

飛行機は、往路は伊丹8時発で大分9時5分着のANA1685便。
帰路は大分17時45分発で伊丹18時45分着のANA1690便。

どちらも、ボンバルディアDHC8-Q400という機種で、座席数74席のプロペラ機だ。
プロペラ機は始めてなので、予約が確定すると期待で急にテンションが上がってくる。

ホテルは、ANAのマイレージのホームページを経由した楽天で調べて、「杉乃井ホテル」に決定。

有名なホテルで口コミもいい。

それにちょうど直前プランということで、「お部屋はお任せ。飲み放題付きバイキング夕朝付きプラン。1人9000円。」というお得な値段のものがあったので、これに決定。

どうせ安いプランだから、狭い部屋や条件の悪い部屋になるかもしれないけれど、ちょっと行って温泉に入って、美味しいバイキングを食べられたらそれでいい。
しかも、飲み放題が付いている。

一応、備考欄に「可能であれば、消臭対応お願いします。」と付け加えて予約を入れた。

さてさて、今年は少し飛ばし気味でありますが、別府温泉を楽しんでまいります。

28日の朝、いつもの通り、早すぎるぐらいに起きまして、門真市から大阪モノレールで伊丹空港に向かう。
伊丹空港へはモノレールで行けるので、気分的に楽だ。
伊丹からも国際線が飛ぶように規制が緩和されるという話も聞くのでありますが、早くそうなってほしいものです。

早めにチェックインを済ませて、出発ロビーに行くと既に飛行機が止まっている。

「小っちゃーい。」

思ったより小さな機体にビックリした。

大きなジェット機の場合、ロビーから筒状の通路を歩いて、直接飛行機の扉から乗り込むことが多いのですが、今回は、階段を下りて行って、そのまま飛行機まで歩いて行って乗り込む。
何か飛行機が身近に感じられて、頑張って飛んでやって声を掛けたくなった。

記念に飛行機をバックに写真を撮る。

画像


機内に入って座席を見ると、狭いなと思ったのですが、実際に座ってみると、意外と前の空間もあり、快適だ。
飛ぶときのプロペラの加速を楽しみ、低めの飛行高度から見える景色を楽しんでいると、無料の機内サービスが回ってきた。

無料の冷たいお茶と、折角だからと有料の機内サービスのお菓子を買った。

画像


「稲ほろり」300円

米を使ったホロホロサクサクのクッキーで、結構濃厚なので、見た目少ないかなと思ったのですが、2人で食べても十分な量だった。
これは美味しかったです。

1時間の楽しい空の旅は、あっという間に終わって、大分空港に到着した。
空港からバスでJR別府駅まで海沿いの道路を走る。

さて、別府の温泉にゆっくりと癒されることにしましょう。
ご めんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2012年06月06日 12:58
ほんとちっちゃい!
乗り心地は良かったみたいですね。
体感はやはりリアルですか?
国内旅行なら、こういう楽しみもありますね。
別府温泉、王道!
杉の井ホテルも王道!
レポ楽しみにしてます。
2012年06月06日 21:42
ほ~、プロペラ機で別府へ行くとは渋いですね~
ちょっと温泉に浸かりになんてくだりが渋すぎますね!
どんなホテルで、どんなバイキングだったのかな?
今後の展開が楽しみですよ~
凡蔵。
2012年06月08日 11:46
ありがとう、oriverさん。
飛行機はもっと揺れるのかなと思ったのですが、意外と快適でした。
でも、飛ぶ高度が低いので、天候が悪かったら揺れるかもしれませんね。
それも、体験したいものであります。
そして、今回の旅行は、王道中の王道を体験です。
しかも、旅館が9000円で飲み放題つきですから、王道でも気軽な王道です。
凡蔵。
2012年06月08日 11:48
ありがとう、とっちゃん。
今回も、バイキングのあるホテルを選択しました。
奥さんが偏食だと、バイキングになることが多いです。
でも、バイキングは良かったですよ。
今までで、一番良かったかも。

この記事へのトラックバック

ごめんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。