そうだ、ソウルへ行こう!(216)インチョン国際空港でヘロヘロになる。

仁川国際空港について、いよいよソウルともお別れであります。

でも、1つ気になっていたものがある。

二日酔いの薬は沢山買ったけれど、ミニボンが日本で調べていて、買おうかなと思っていたもの。

「牛黄清心元」

テレビドラマにも登場する有名な薬だそうです。

南大門の薬屋で尋ねた時は、60000ウォンということで、調べていた値段より高かったので買うのを止めた薬です。

ミニボンは、化粧品でお金を使ったので、もう要らないと言っていたのですが、そんなに有名な薬なら凡が欲しい。

空港の薬局に寄ってみることにしよう。

薬局でオジサンに「牛黄清心元」という文字を見せると、何やら金色に輝く箱を取り出してきた。

1箱に小さな箱が10箱入っている。
この小さな箱の中には、直径1センチぐらいだろうか、丸くて金色に輝く漢方薬が1個入っているのです。

値段を聞くと、小さな箱が10個入ったものは、200000ウォンだという。

「えっ、20万ウォン。」

凡とミニボンは絶句した。

南大門市場の薬屋で、60000ウォンで諦めた薬が、200000ウォンだなんて。
日本円で、14000円ぐらいだろうか。
これはちょっと高すぎる。

すると、そんなことを考えている凡の前に、オジサンがドーンと10箱置いて、

「10箱買ってください。」という。

いきなり200000ウォンのものを10箱積み上げて買ってくださいとは、よくそんなセリフが出てくるものであります。
10箱といったら、2000000ウォンであります。
日本円で14万円。

そんな大金を、「せっかくソウルへ来たんだから、買っちゃおうかな。」なんて言う人がいるだろうか。

というか、いるからこそこのオジサンは、こんなにも強気で言えるのかもしれない。

あるいは、ネットなどで転売を目的として買う人がいるのかもしれない。

凡とミニボンは、腰が引けて、頭の中が真っ白になって、その場に立っていた。

すると、オジサンは、その牛黄清心元の1つを開けて、金色に輝く丸い薬を、手で2つに割って、凡とミニボンに渡した。

またしても、やられた。

とはいうものの、買わないにしても、どんな味なのか確かめてみたい。
半分に割られた金色の薬を口に放り込んだ。
それをよく噛んで飲むのだそうです。

味は、仁丹を高級にしたような感じだ。
高級とはどんな味なのか知らないが、金色に輝いている薬なのだから、高級だと思ったのかもしれない。
仁丹は、銀色だもんね。

するとオジサンは更に、奥の冷蔵庫からドリンク剤を出して来て、パカンと蓋を開けて凡とミニボンに渡した。
薬の味が濃いから、これを飲めという意味だろう。

どんどんと底なし沼に沈んでいくのを感じながら、説明を聞いていた。

「だけど、ちょっと高すぎる。50000ウォンぐらいでないの。」と日本から持って来たネットの記事の写真を見せる。

すると、オジサンは、
「これは、本物の麝香を使っているね。他のものは、ケミカルや。
あれは効かない。」と、他で売られている薬をバカにしたように言った。

そして、「これはね、起死回生の薬ね。起死回生だから高いね。」と続ける。
オジサンの説明のなかに、この起死回生が何度も何度も出てくるのであります。

そういえば、最近、体力的にも精神的にも、疲れている。
無意味な夢を持ちながら、それでも唇を噛みしめて生活している日々。
「ほとんど自分が死んでいる。」
そんな考えが、起死回生という言葉に救いを求めた。

よし、じゃ1箱だけ買おう。

そう思った瞬間、オジサンが「10個買ってください。10個買ったら1個サービスするね。」と言った。

1個サービスしてもらっても、結局は14万円払わなくちゃいけないのだから、その選択はないのであります。

その後、起死回生という言葉を何回も聞きながら、結局3箱買うことなった。
200000ウォン×3箱で、600000ウォン。(42000円ぐらいだろうか。)

画像

画像


頭の中が真っ白になって、何も考えることが出来ない。
貧血で足に力が入らず、倒れそうになった。

さっき、オジサンに金色の玉の半分を貰わなかったら、倒れていただろう。

お金ももっていないので、クレジットで購入。
しきりに、現金はないのか、日本円は持っていないのかと聞くのだけれど、それは持っていなかった。
クレジット決済を渋ると言うのは、やっぱりそれ相当の値段の薬だったのだろうか。

薬屋を出ると、自分が精神的にヘロヘロになっているのが分かった。

オジサンの、心理学テクニックの「フット・イン・ザ・ドア・テクニック」という基本的な技に引っ掛かってしまったようであります。

最後の最後に、大変な出費をしてしまって、うな垂れながら出国手続きに向かった。

画像
(薬屋の前で、記念撮影した。薬を持ってうなだれる)
ご めんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2012年08月19日 15:16
うわ~、買っちゃったんですか???
自分が済州島で買った、漢撃馬の骨を使った怪しいサプリと良い勝負ですよ・・・
同じく自分も見事な話術で買う羽目になりました・・・

しかし金の玉は意外とデカいんですね
1玉W20000と言う事ですか???
効き目はどうですか???
もしかして、オットピン以上の???
凡蔵。
2012年08月23日 21:46
ありがとう、たびすけさん。
漢撃土馬の骨のサプリなんて、日本ではほとんど知られてませんよね。
私も初耳です。
しかも、ツアー代金よりも高いサプリを買ったなんて、たびすけさんも流石ですね。
私の買った薬は、血の巡りが良くなるようで、飲んでみたら、そういえば、体が温かくなったような気がしました。
もっとヘトヘトの時に飲んだら、きっと聞くんじゃなかな。
何しろ金色なんですもん。

この記事へのトラックバック

  • VISVIM 通販

    Excerpt: そうだ、ソウルへ行こう!(216)インチョン国際空港でヘロヘロになる。 散散歩歩。ココロのハズレ。そうだ、ソウルへ行こう!/ウェブリブログ Weblog: VISVIM 通販 racked: 2013-07-09 18:03
  • 散散歩歩。(624)釜山・フェリー&ピーチ旅。(3)

    Excerpt: 釜山でのホテルは、西面(ソミョン)にあるエンジェルホテルだ。 西面の中心に近いところにあるので、とにかく便利だし、繁華街だし、凡にとっては場所的には満点である。 Weblog: 散散歩歩。アイラブユー・ほたえてくれ!みゆきさーん racked: 2016-04-21 22:14
ごめんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。