そうだ、ソウルへ行こう!(219)旅の後の寂しさは、少しの余禄で紛らわせよう。

旅の後の寂しさは、凡をセンチな弱虫にしてしまう。

食うために働かなければいけない生活を嫌でもやっていくには、昨日までの非日常の嬉しさの欠片を捨ててしまうのが賢明である。

とはいうものの、帰って来てから、少しの時間を利用して、旅先で買った食べ物などを自宅で試してみるのは、旅の余禄というものでしょう。

今回買った二日酔いの薬のいくつかは、既に試し済みでありますが、前々回に行ったときの薬ほどの効き目は感じられなかった。

そして今日は、ソウル駅のロッテマートで購入したレトルトのカレーを作ってみた。

日本のボンカレーと、よく似ていて、美味しい。

画像
(見た目もボンカレー)
画像
(味もボンカレー)

ハングルが書かれたカレーで、少しばかりの異国情緒と旅の余韻を楽しみながら、今回のソウル1泊2日の旅を振り返ってみたい。

これからソウルへ1泊で行ってみようと思われている方に参考になればいいのですが。

まず、1泊で楽しいのかと言われれば、楽しい。

例え少しの時間でも、知らないところへ行くという事は、素敵なものであります。

今年、沖縄へやっぱりこれも、1泊2日で行きましたが、これもすごく楽しかったのです。
人には1泊じゃ勿体ないと言われるのですが、旅は行けるときにいかなくちゃ、行こうと思ったときには、行けない状況になっているという事を、凡は自分の父親を見てつくづく思う。
定年してから、エジプトに行くのが夢だったのですが、定年したら体を壊して、結局行くことが出来なかったのです。

それに、旅に時間は関係ない。
例え1時間でも、1回は1回。行ったことに意義がある。
行ったことがゼロというのとは、比べることも無意味なぐらいの違いがあるのです。

さて、今回の凡の旅は、マイルを利用した特典旅行だった。
なので、2人の飛行機代はタダであります。

なのですが、日本とソウルの空港税と、燃油サーチャージが掛かるのであります。

空港税は、予想されたのですが、燃油サーチャージは、吃驚しました。
特典旅行なんだから、それを含んだマイルの筈でありまして、特典なのにお金を払うなんて、最近は安いツアーでも燃油サーチャージが込みの価格の場合もあるんだから、ちょっと腑に落ちないところがあります。

今回の凡の旅は、ソウルに11時20分に着いて、翌日の14時10分発で帰ってくるというプランです。
空港での入国手続きと、空港からの移動時間を考えると、ソウル滞在時間20時間というところでしょうか。

なので、ホテルを明洞にしたのは、正解でした。
繁華街に近いので、便利であります。
東大門に行く予定なら、東大門にホテルを取ってもいいかもしれません。

そして、明洞から南大門へ行き、新村で早めの夕食を食べて、ソウル駅のロッテマートで買い物を楽しんで、ホテルに戻りました。

凡とミニボンの場合、ソウルは4回目だったので、これで十分楽しかったし、体力的にもミニボンが脳内出血をしてから疲れやすくなったので、これぐらいが適当でした。

でも、始めてのソウルだったり、若い人だったら、ソウルはもっともっと楽しめると思います。

明洞、南大門、新村、と行った後、また地下鉄で少し移動して、もう1件居酒屋などに行ってもいい。

そして、そろそろ終電がなくなるというころに、東大門へ移動して、夜中のファッションビルをブラブラ回ってみるのもいい。
夜中の東大門は、びっくりするぐらい若い人で溢れかえっている。
その熱気を感じると、凡でも体温が上がるのを感じて力が湧いてくる。

そして、遊び疲れたら、喫茶店などで一服したり、凡はまだ行ったことがないのですが、チムチルバンというサウナのような施設に行くのも楽しそうだ。

この場合は、ホテルは東大門辺りが便利そうですね。

そして2日目は、凡の場合ほとんど時間が無くて散歩程度だったのですが、帰路の飛行機の時間を18時ぐらいにすることが出来たなら、まだまだ体力の続く限り遊ぶことが出来る。

朝食は、ホテルの近くのトーストの屋台で砂糖入りのホットサンドを食べるのは、どうですか。

そして、仁寺洞の雑貨屋さんで可愛い小物を探したりね。

ソウルは地下鉄が便利だから、まだまだ移動して見て回ることが出来ますよ。
若い人だったら、足を棒にして、ヘトヘトになるまで歩き回りましょうよ。

ということで、結論は、たった1泊でも楽しいので、行くべきであります。

旅の後の寂しさを紛らわせようとして書いていたら、少しばかり長文になってしまったようです。
旅の後の寂しさは、新しい旅でしか癒せないのかもしれません。
ああ、また何処かへ行きたいなあ。

画像
(鍋が可愛いですよね。でも、持ち手がメチャ熱くなるんです。)
画像
(ハングルが読めずに、適当に作ったので、水が少なかったかな。)

画像
(麺は少し短いけれど、ソースがたっぷりあって美味しかった。)
ご めんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2012年09月01日 14:06
旅は思い立った時に!
あとでなんて思っていたら、その時は行かれなくなるかもしれませんよね~
それこそ1泊2日で焼き肉でも食べに行くか!ってな感覚で、ソウルに行く!
なかなかお洒落というか、もはや達人の域だと思いますよ~

あっそうそう、特典航空券でもサーチャージなどが掛かるとの事ですが、空港使用税などと合わせて実費はいかほどですか?
差支えなければ参考までに教えて下さい!
自分もソウルぐらいのマイルは貯まったのですが、ソウルにするか国内にするか思案中なんです
マイルで夢のビジネスと考えていたんですが、格安ツアーだと全くマイルがつかなかったりするので、なかなか貯まりませんでした・・・
凡蔵。
2012年09月03日 18:27
ありがとう、たびすけさん。
海外旅行は、今が行き時かもしれませんよね。
円高だし。昔は激安なんてなかったですよね。

今回、飛行機で掛かった実費は、
1名10840円でした。
内訳は、忘れてしまったのですが、
確か、関空の空港税が2650円
ソウルのインチョン空港の税金も、2500円ぐらいだったような。
なので、燃油サーチャージは5000円ぐらいです。
でも、東京からだと、サーチャージはもっと高くなるのでしょうか。
でも、空港税は、関空より安いと思いますよ。
なので、ソウルまでだったら、合計で同じぐらいなのかな。
結構、かかりますよね。
2名だったら、2万円だから。
国内だったら、まるまるマイルが使えるので、気持ち的には得した感があるかもです。
2012年09月03日 20:29
詳しい情報ありがとうございます!
それだと国内にするか悩みますね
今はホテル&飛行機&空港送迎付きの超格安フリープランがあるから、う~ん、悩みますよ・・・
凡蔵。
2012年09月04日 09:04
ありがとう、たびすけさん。
そうなんですよね。
最近は、日にちが合えば、なんでこんな値段で行けるんだろうっていうぐらい安いツアーがありますよね。
なので、今回のように、マイルを使った特典なのに、意外とお金が掛かるということと合わせて考えると、どっちにしようか考えてしまいますよね。
私の場合、休みが中々決まらないので、仕方なく、その辺はあきらめないといけないのですが、いつも新聞の広告や、旅行会社のパンフレットを見ながら、想像で楽しんでいます。

この記事へのトラックバック

ごめんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。