散散歩歩。(583)アイラブユー・ほたえてくれ!みゆきさーん。(225)

中島みゆきさんのコンサート一会のブログの途中なのですが、今日はこれを間に挟んで書かなきゃ。

2月14日の深夜27時。
中島みゆきさんのオールナイトニッポン月イチの日。

今日も少し前からアイフォンのラジコでFMcocoroにつなげる。

それにしても、コンサートが終わって、寂しくて、寂しくて、そんな気持ちだから、この放送を楽しみにしていたんです。

そして、3時にみゆきさんの声。
やっぱり癒される。

今回の放送で気になったことは、、、。

あ、そうだ、冒頭にみゆきさんの放送の前に、松山なんちゃらという人の放送があったなんて、みゆきさんが言ってたけれども、そんな情報はいらない。

大阪には放送局別だし、関係ないもんね。
それに、そんな男性の名前なんて聞きたくないものね。

まあ、それは置いていおいて、驚いたのは、放送の前に中村中さんのコンサートに行っていたということだ。

みゆきさんも、他の人のコンサートに行くんだと思った。
夜会つながりで、招待されたのかもしれないけれど、それでも中ちゃん(中村中さんは、何故かこう呼んでしまうんですよね。)のコンサート会場に、ひっそりとというか、気づかれずに行って、その場にいるみゆきさんを想像したら、何だか可笑しかった。

きっと、帽子をかぶって、度の強いメガネで、割と地味な服装で行ったんじゃないのかな。
でも、きっと左右の席の人は、みゆきさんだって解るよね。

そんな時は、どうしたんだろう。
凡だったら、気絶しちゃう。
だって、息が出来ないものね。

どうも、これが普通の芸能人だったら、気軽に話もできるんだけれどな。

そう思うと、凡もみゆきさんの事を好きにならないようにしようかなんて考えてしまう。
もしも会える機会が訪れた時に、気軽に話しかけることができるからね。

普通は、気軽に話しかけられた方が、気軽に答えやすい訳で、その方が受け入れられるものだ。

とはいうものの、みゆきさんを好きでなくなるなんて不可能なものだから、これもまた好きでなくなる努力をしなきゃいけない訳で、それはそれでツライ修行となるはずである。

恋の成就しないツラサを選択するのか、好きにならないツライ修行を選択するのか、これまた答えを出すのもツライものではある。

そんな、無駄な話は置いておいて、今日はバレンタインデー。
バレンタインデーの罪については、過去のブログを、もしお時間がありましたら、読んでくださいまし。

でも、中ちゃんのコンサートも行ってみたいですね。
でも、みんなで振りを踊るのは嫌だな。

今日のテーマは、手作り。
みゆきさんの名前を入れた消しゴムで作ったハンコのハガキが紹介されていました。
そういえば、凡もみゆきさんにスタンプを送ったことがあるのだけれど、あれはみゆきさんまで届いているのだろうか。

今年の誕生日は、もう何もしてなくてカードだけでも送ろうかなと思っているところであります。
どうも、一方通行の恋はツライものですね。

放送の中で、リトル・グリー・モンスターさんがみゆきさんのファイト!のカバーを歌っているのが流れました。

凡はこのグループを知らなかったのですが、聴いてすぐに「いいやん。」と思った。
多分、名前からしても若い女の子のグループだと想像できる。
後でみたら平均年齢16歳なんだってね。

そんな若い子のイメージにしては、歌はうまい。
それに、みゆきさんのカバーを歌う人は、というかカバーの編曲は、みゆきさんの雰囲気をそのまま引き継いでいる編曲がほとんどで、つまりは聴いていてパチモン(大阪弁で偽物という感じの意味)じゃないと思ってしまうのが大概だ。

それに比べて、今日のリトル・グリー・モンスターの編曲は、少し違って新しい感じに仕上げている。
だから、歌い方と編曲でオリジナルの歌のように聴くことができた。

だから、いいと思ったんですが、曲が終わって、みゆきさんが「カッコイイっすね。」とか「感激しちゃってますけど。」(正確には言葉が違うかも)と言うのを聞いて、凡の思ったことと同じやんと、妙に嬉しくなってしまったのであります。

話は変わるけれども、このみゆきさんの放送は何人ぐらいの人が聴いているんだろうか。

時間が時間だから、聴いている人は、みゆきさんファンの占める割合がほとんどだろうと思う。

沢山の人が聴いていると思うんだ。
ハガキも沢山きているみたいだし。
そして、みゆきさんのハテナに対して、すぐにメールで返事が寄せられたりということを考えると、みゆきさん大好き人間が沢山日本中にいるということなんですよね。

それはそれで、素晴らしいことだと思うのですが、少しばかりみゆきさんが遠のいていくようにも思う。

そりで、今回もネガティブ川柳は読まれなかった。
凡もミニボンも。

まあ、凡は仕方ないとして、どうにかミニボンは読まれて欲しいんですよね。
結構、毎月ハガキの枚数も多く出しているんです。

そりで、過去に読まれたネガティブ川柳をノートに書きだして、そんでもって自分の書いた川柳もノートの書いているんです。

昨年の最初の頃は、よく読まれたので、最近は読まれなくて寂しそうなんですね。
なので、どうか読まれて欲しいと切に願うのであります。

画像
(ミニボンのネガティブ川柳ノート。こんなの作ってます。)

ということで、今回の放送では、どうも凡もネガティブなブログになってしまいました。

とはいうものの、なんだかんだ言っても、やっぱりさ、みゆきさんの声は美しく、喋り方は可愛いくて、どうにもこうにも素敵なのではありました。

今日は、月イチの日だったので、とりあえずこれをアップ。
一会のブログは、この後も続いていきますです。

そうだ、今日の放送で、いろんな曲が流れましたね。
これで諦めて、凡も音楽を聴こうかと思う。

今までは、音楽を避けてきた。
みゆきさんのコンサートのあとは、その頭の中に残っているみゆきさんの姿だとか歌っている実物の声を出来るだけ脳にとどめておきたいんです。

なので、出来るだけ音楽を聴かないようにしているんです。
それは、みゆきさんの歌であっても聴かない。
同じ空間で歌った実物の声の方が凡には重要だから。

でも、今日の月イチで沢山聞いたので、少しばかり薄れてしまったようです。
これでやっと、みゆきさんの歌も聴くことができそうです。



=========================================

平 凡蔵。の本。
アマゾンにて電子配信中


◆「悩み多きブッダたち」
 なんだこれはという小説ですが、
 読んだ後は何故かスッキリ。
画像


◆「アルカディアのレフュジー」
 中島みゆきさんの「一会」を見に行く前に
 通勤電車で笑いながら読もう。
画像


=========================================

平 凡蔵。へのファンレターや
       お褒めの言葉は
sansanpopo@tairabonzou.jp

=========================================
ご めんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

ごめんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。