散散歩歩。(725)アイラブユー・ほたえてくれ!みゆきさーん。(249)

今朝、新聞を広げてみると、胸がキュンとなっちゃった。
みゆきさんの夜会vol.19「橋の下のアルカディア」の広告が載っていたからだ。

画像


考えてみると、もうあと1ヶ月ぐらいなんだよね。
夜会でみゆきさんに会えるまで。

みゆきさんの公演活動は、コンサートと、夜会というストーリー仕立てのものの、2種類ある。
今回は、一昨年にやった夜会「橋の下のアルカディア」の再演だ。
ただ、再演と言っても、たぶん、みゆきさんの事だから、更にストーリーの展開を解りやすく、そして、磨き上げての再演だと思う。
今から、というか、発表されてから、楽しみなのである。

そこで、今年のチケットの申し込みと当選状況を、凡のログの為に書いておこうと思う。
凡の為のログなので、他の人が読んで楽しいものではありません。
ということで、みゆきさんや、夜会のチケットに興味のない方は、まったくもって、詰まらない話であります。

チケットのことに興味のある方や、時間が有り余っている方は、どうぞ、よろしければお付き合いくださいませ。

さて、今年は、凡は時間がある。
なので、出来れば、いつもより多めに行きたい。
なので、東京にいる弟に頼んで、ファンクラブに入ってもらった。
それで、凡、ミニボン、弟の3人で、チケットを申し込んだ。
ファンクラブには、なみふくとデジナミの2種類があるので、それぞれに申し込んで、合計5枚を確保した。

それにしても、またミニボンの名前で申し込んだのは、2種類のファンクラブの内、当選は1つだけだった。
前も、ミニボンの申し込んだのは、2日の内、1日しか当選しなかった。

なみふくとデジナミで、会員登録したときに属性を紐づけしているからだろうか。
ファンクラブ2つ入っていても、1人には1枚しか当たらないとかいうシステムになっているのかもしれない。

当選したのは、
1日は、単独で。
そして、11月に2日、12月に2日だ。
この2日は、中1日が空いている。
つまり、1日行って、休んで、また1日行くというパターンである。

何故、こんなことになるかというと、申し込むときに、第3希望まで選択するのですが、凡と、ミニボン、弟の3人分を、申し込むときに振り分けなきゃいけないのですが、出来れば連続で選択したいのだけれど、重複して当選してもダメなので、微妙にズラシタリして、申し込んだら、こんなパターンになっちゃったのである。

これは仕方がない。
とはいうものの、どうにも気持ち悪い。
間に挟まれた1日は、どうするのか。。
じっとホテルで待っていて、出待ちだけするか。

それは、どうにも寂しいので、間の中1日も、これからある抽選に申し込むことにした。
落選したら、仕方がない。
でも、当選したら、行こうという感じである。

そこで、次に抽選のあった、エピキュラスという制作会社の抽選に申し込むと、果たして落選。
ここは、今まで当選したことがない。

その次にあったのが、事務局先行という抽選だ。
ここも今まで当選したことがない。

ここで、珍しく12月の中1日が当選した。
なのだけれど、問題である。
こんなに素直に当選するとは思わなかったので、凡と弟の2人で申し込んだのです。
すると、凡と弟の2人とも当選。
あらら。

さて、余った1枚をどうするか。
誰か行きたい人に譲るか、或いは、弟と行くか。
その前に、当たった2枚の内、1枚分だけ代金を振り込んで、1枚を支払わないで自然にキャンセルになるという選択もあたったけれど、その方法はどうなんでしょうかね。
当たったのに、振り込まないというブラックリストのようなものに載ってしまって、次回から当たらなくなったら、元も子もないと思って、取り敢えずは、振り込んだのであります。

余った1枚をどうするかは、また考えよう。

さて、12月の中1日は、埋まった。
あとは、11月の中1日だ。
やや日にちがあって、各プレイガイドの先行販売が始まった。
ぴあの先行販売があったので、申し込む。
凡は、カード会員だから、1番早いプレ応募だ。
すると、果たして、当選した。

こんなことがあるのだろうかと、驚く。
昨年のコンサート一会では、ファンクラブで当選した以外は、チケットが当たらない当たらない。
いろんなプレイガイドで申し込むのですが、当たらないのです。
というか、サイトにもつながらないし、電話もずっと通じなかった。

昔は、夜会と言えば、兎に角、チケットが取れない公演の代表みたいなものだった。
でも、最近は、ちょっと事情が変わってきたのだろうか。

というのも、夜会は、値段が高い。
1枚2万円だ。
コンサートなら、1万円弱だ。
なので、2万円払っても行きたいというファンだけしか申し込まないのかもしれない。
夜会は、内容も、みゆきさんだけじゃなく、他の人も歌ったりするしね。

それに対して、コンサートは、歌の好きな人も行きたいと思うだろうし、内容もストレートで解りやすい。
誰でもが、楽しめるものだ。
夜会の2万円で、コンサートなら2日間行くことが出来る。
なので、昨年のようなコンサートの方が、チケットを取り難い状況になっているのかもしれない。
この辺り、どうなんでしょうかね。

さて、ぴあで当選したチケットだ。
ネットで当選を確認したら、もう2、3日後には、コンビニで発券できる。
素晴らしい。

発券して席を見ると、D列だ。
凡は、少し飛び上がりそうになりながら、A、B、C、、、と、アルファベットを読み上げながら、指を折った。
Dということは、前から4列目である。
やったー!

凡は、今まで、席の振り分けは、ファンクラブが会場の前方を占めて、プレイガイドなどの一般販売されるのは、後方とか2階席とかに振り分けられていると思っていた。
事実、今までは、プレイガイドで当選したものは、2階とか3階だった。
そこで、思ってもみなかった4列目である。
こういうこともあるんですね。

ということは、もう既に当選しているファンクラブとかは、どうなんだろうという思いが湧きあがる。
早く知りたいのだけれど、チケットが送られてくるのは、2週間前ぐらいだ。

もっと早く送ってくれないかなあ。
何故、そんな直前なんだろう。
チケットの転売を防止するためだろうか。
それなら、発送を遅らせる意味は、それほど無いんだけれどなあ。
だって、転売をしようとする人は、直前でも転売しようとするだろうし、本当に見たい人は、いくら早く届いても転売はしない。

まあ、それは置いておいて、冒頭の新聞広告だ。
プレイガイドの一般発売。
発売窓口は、ACTオンラインチケット、チケットぴあ、ローソンチケット、イープラス、チケットスペースの5つある。

因みに、どんなぐあいかなと、それぞれのプレイガイドのHPを見てみた。
すると、まだ席があるじゃない。
今日のお昼前だったかな、みてみると空席がある。
イープラスとチケットスペースについては、更に座席指定も出来るようだ。

その中でも、チケットスペースは、申し込む前に座席が図面で確認できるので見てみると、11月の18日はS列、22日はL列に空席がある。
更に、見てみると、12月の6日は、K列が空いていた。
勿論、1席とか2席だったけれど。
K列なんて言ったら、11列目である。
メチャ、良い席。

そうなると、気になるのが、席の振り分けだ。
一般発売でも、こんな良い席があるのだから、それよりは、良い席であってほしいと、これは切に願うのであります。

先日、ぴあで当選したD列のチケットを、何度も確認するように見ていたら、ミニボンがのぞき込んで、「一体、それナンボやの?」と聞いた。

「、、、2万円。」
と、小さな声で答えたら、「高かっ!」と言った。

今回、合計で7日、見に行くなんてことは、まだ言わなくてもいいよね。

そんな経緯がありまして、今年は、というか、あと1ヶ月もしたら、凡はみゆきさんに会えるのであります。
待っててねー。みゆきさーん。

まあ、こんなに叫んでも、待ってくれているパーセンテージは、ゼロなんだけれどね。





=========================================

平 凡蔵。の本。
アマゾンにて電子配信中


◆「悩み多きブッダたち」
 なんだこれはという小説ですが、
 読んだ後は何故かスッキリ。
画像


◆「アルカディアのレフュジー」
 中島みゆきさんの「一会」を見に行く前に
 通勤電車で笑いながら読もう。
画像


=========================================

平 凡蔵。へのファンレターや
       お褒めの言葉は
sansanpopo@tairabonzou.jp

=========================================
ご めんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

ごめんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。