散散歩歩。(900)根来寺とグリーンコーナー。

ミニボンが買って来た旅行の本「京阪神発 半日旅」吉田友和著 ワニブックス。
この本で紹介されている、姫路の太陽公園と、JR福知山線の廃線敷のハイキングと、2回の半日旅を楽しんだ。
今月は、珍しく3回もミニボンと同じ休みの日がある。
なので、あと1回も、この本で紹介されているところへ行こうかということになった。

今回の半日旅は、根来寺だ。
何で、根来寺かと凡は思うのだけれど、ミニボンが気になるようなので行ってみることにした。
とはいうものの、根来寺なんて、寺があるだけだ。
なので、凡は凡で、帰りに寄ってみたい場所を見つけている。

ということで、11月6日(火曜日)。
自宅から、京阪電車、地下鉄と乗り継いで、南海電車の難波駅に移動。
そこから、泉佐野を過ぎて、和歌山に近い、樽井という駅で降りる。
ここからバスで、根来寺の近くまで行く予定だ。

樽井駅のバス乗り場で待っていると、小さなバスがやってきた。
やや年期の入ったバスは、それでも特急と書かれている。
運転手さんに、降りるバス停などを確認。

走り出して、しばらくすると山の中を走り出す。
この運転が、なかなか荒いというか、さすがに特急の気持ちで走っているなという走りっぷりだ。
凡もミニボンも、車酔いしそうになった。

凡が行った日は、根来寺までは直接は運行しておらず、岩出図書館という場所で降りる。
そこから歩いて根来寺へ向かう。
何とはない道である。
そこを歩いて行くと、ややお寺らしき雰囲気が感じられるところに来た。
もうここは根来寺の境内になるのだろうか、大門があって、そこでかなりの年配の御婦人がシートを敷いて、手作りのものを食べているのだろうか、5、6名で女子会をしていた。

更に歩いて行くと、根来寺の受付があった。
500円の入場料を払って歩いて行く。
すると、向こうから中国人の団体旅行の人たちが、楽しそうにやってくる。
すごいね。
日本の観光でも、他にもっと楽しい場所があるだろうに、何故に根来寺なのだろうか。
日本人の観光客だって、この日は、ほとんどいないのに。
この根来寺の選択の理由を知りたかったが、ガイドさんがいたので、聞けなかったのが残念だった。

さて、光明殿で参拝をしたら、その横に参拝の案内があった。
中に上がることも出来るようだ。
なので、上がってお庭などを見て回る。

画像
(光明殿の庭)

そして、ぶらぶらと歩いて、大毘廬遮那法界体性塔という国宝の大塔を見る。
ここは、今回の本の著者が、感動をしたと書かれている建物だ。
ここも中に入れるので、入って参拝。
面白いとは思うけれども、それ以上の感想はない。

画像
(国宝の大塔)

この根来寺というのは、かつては、かなりの勢力をもっていたそうですが、ここも前回行った鶏足寺のように、その勢力を恐れた秀吉によって、全山消失してしまったそうです。
そんな話も、歴史好きな人には、興味深いものがあるのかもしれませんね。

画像


そんな感じで境内を、ブラブラ歩いて、根来寺を出ると、横に不動明王をまつる不動堂があったので、そこも参拝をした。

ということで、根来寺の感想は、ただお寺があるだけ、という感じだろうか。
桜の季節などは、大勢の人で賑わうそうです。
凡の行った時は、ほとんど観光客はいなかった。

ミニボンは、あと少し後だったら、紅葉が綺麗だっただろうなあ、なんてことを何度も言ってたけれども、それほど紅葉が見たいものだろうか。

確かに、山の木々に赤や黄の色合いが出だすと、ああ、秋だなあ、とは思う。
でも、冷静に考えたなら、それは綺麗なのだろうか。
勿論、山々が、赤く染まるのは美しい光景だ。
でも、凡には、それが特別に美しものだとは思えないのであります。

紅葉をする前の深い緑の木々だって、凡は美しいと見えるし、落葉性の木々が枯れ枝になってしまっても、それはまた凡には美しく見えるのです。
他の季節だって、充分に美しいし、特に、秋の紅葉だけが美しいということはないのであります。

なので、ミニボンの、あと少し遅かったら紅葉が綺麗だったのになあ、という残念な言葉は、そうだねと相槌の打ちにくいものであるのであります。
そんなことを思っていると、ミニボンがまた言った。
「あと少し遅く来たら、紅葉してたのにね。」

お寺を見学したら、あとは凡の行きたかったところに行こう。
玉林園グリーンコーナーさんだ。
小学生から中学生にかけて、凡は和歌山市内に住んでいたことがある。
その時に、たしか和歌山市駅の前に、このグリーンコーナーがあったという記憶がある。
或いは、グリーンコーナーでなかったかもしれないが、確かにグリーンソフトは売っていて、凡は、ぶらくり町などへ出かけた時は、たまに食べていたのです。

今は、和歌山市駅の前には、お店はないのですが、確かの記憶では、お店が昔はあったと思う。
んでもって、そんな子供の頃のグリーンソフトを、この岩出で食べることが出来ると知った。
岩出に支店があったのだ。

ということで、根来寺から歩くこと30分ぐらいだろうか、グリーンコーナー岩出店に到着。
お昼を食べていないので、名物だという「てんかけラーメン」と唐揚げ丼のランチセットを注文。
ランチセットは、時間を5分ほど過ぎていたけれども、作ってくれた。

ふとカウンターを見ると、「なれずし」を売っている。
これは食べなきゃいけません。
和歌山でラーメンといったら、なれずしだ。
2個購入。
ラーメンが来る前に、食べてしまう。

画像


なれずしとはいっても、早なれなので、癖はない。
というか、早なれと言っても、ほとんど鯖寿司で、なれ感はまったくない。

昔、和歌山に住んでいたころは、好きで食べた。
本なれまで来ると、なかなか癖がでてくるけれども、早なれは普通に美味しい。

画像

画像

画像

画像


そんでもって、てんかけラーメンだけれども、これは素ラーメンに、てんかすが乗っかったものだ。
スープは至ってシンプルで、これは毎日でも食べることが出来る味である。
唐揚げ丼は、これはまあ普通。

ということで、食事を終えたら、今度はお目当てのグリーンソフトである。
これは、もう美味しいに決まっているし、懐かしい味でもある。
思ったよりも小ぶりだったけれども、これは間違いがない。

画像


そしてさらに、グリーンソフト味のケーキというものを買って、大満足の昼食とデザートでありました。

画像


そんでもって、またもや、歩きに歩いて、JRの岩出駅まで移動して、そのまま帰路についたのであります。

今回の感想は、根来寺はお寺があるだけ。
グリーンコーナーは、美味しくて、そして楽しかった。
これから暫く、ミニボンとの同じ休みもないので、この本の半日旅は、一旦休憩であります。



=========================================

平 凡蔵。の本。
アマゾンにて電子配信中


◆「悩み多きブッダたち」
 なんだこれはという小説ですが、
 読んだ後は何故かスッキリ。
画像


◆「アルカディアのレフュジー」
 中島みゆきさんの「一会」を見に行く前に
 通勤電車で笑いながら読もう。
画像


=========================================

平 凡蔵。へのファンレターや
       お褒めの言葉は
sansanpopo@tairabonzou.jp

=========================================

ご めんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2018年11月23日 23:50
それほどメジャーでは無い根来寺に中国人の団体はなぜ来ていたんでしょうね?
もしかして、何か歴史的に凄い何かがあるのかもしれませんね
紅葉は少し早かったようですね
今年はちょうど今頃が見ごろなんでしょうかね?
天かすラーメンですか?
こちらではまず見かけませんね
グリーンソフトとは、抹茶味なんでしょうかね?
凡蔵。
2018年11月29日 00:31
ありがとう、ゆけむりさん。
最近の、外国人観光客は、意外なところにも行ったりしていますね。
何で情報を知るんでしょうね。
SNSとか、或いは、日本のテレビを見ているとか。
てんかけラーメンは、和歌山でも、たぶんこのお店だけじゃないかな。
そんでもって、てんかすラーメンじゃなくて、てんかけラーメンみたいです。
てんかすを乗っけた、かけラーメンかなと、思っています。
グリーンソフトは、抹茶味です。
もともと、このお店はお茶屋さんのようです。

この記事へのトラックバック

ごめんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。