散散歩歩(942)。青春18きっぷで、剣山ユダヤの秘宝旅(3)

8月4日(日曜日)。
青春18きっぷを使って四国の剣山へ行こうという、その道中1日目である。

徳島まで来て、晩御飯を頂いている。
1軒目は、ツイッターの方に教えて頂いたカレー屋「だいきちカレー」さん。
2軒目は、吉田類も番組で訪れた大衆割烹「安兵衛」さん。

ここまで、ちょっとずつセーブをしながらお店に入った。
だから、まだ余力がある。
もう1軒と思って、駅まで行くと、駅ビルの屋上でビアガーデンをやっている。
今年はまだ、ビアガーデンに行っていない。
案内板を見ると、ワンコインステーキとクラフトビール飲み放題で1200円とある。
これは、なかなか良いプランじゃないか。

IMG_9610.JPG

ビアガーデンなら、若い女の子も行くだろう。
ビアガーデンに行く女は、開放的な女だと、以前、何かの雑誌で読んだことがある。
よし、今日は、凡も開放的な男を演じてみるか。

胸のボタンを3つばかし外して、凡の厚い胸板を見せるね。
情熱的な胸毛は生えていないから、そこはボールペンで描いてみる。

「オーレ!」
いきなり女の子の前で踊りだすというのは、どうだ。
腰を、クネクネクネ~。

いや、凡は、ダンスは苦手だ。
しかし、ボタンを3つ外した男が、ダンスもせずに、女の子の横で、じっと立っているというのも、これは不自然だ。
ボタンは、やっぱり外すのは無理だな。

それに、開放的な女ほど、落としにくいということを、いつだったか、男性週刊誌で読んだことがある。
そういえば、暗くて狭いバーなんかのほうが、口説きやすいというのも、想像だが納得できる話だ。

となると、旅人を演じるか。
寂しがり屋の女は、旅に弱いと、誰かに聞いた記憶がある。

明日は、どこかへ行ってしまう、危険な香りのするハンサムボーイ。
一応だけど、補足しておくと、この「危険な香りのするハンサムボーイ」というのは、凡の事だ。
可愛い女の子の横のテーブルで、静かに生ビールを飲んでいる。
当然、隣の女の子と目が合うね。
こういうシチュエーションは、恋愛の苦手な凡にとって緊張しまくりである。

興奮してしまった凡は、「徳島の~、ビアガーデンの、あだなさけ~。」なんて、素っ頓狂な声を出して、とっさに俳句を詠んでしまうだろう。
旅→松尾芭蕉→俳句、という凡の中では繋がってはいるけれども、若い女の子には、まったく意味の解らない連想である。

シマッタと思っても、後の祭りだ。
女の子は、「何か気持ち悪いー。危険な俳句ボーイには、近づかんとこ。」と、もう凡と目を合わすこともないだろう。
これもまた、ダメか。

まあ、作戦は、その時にアドリブで考えるとして、兎に角だ、ビアガーデン行ったとしたらだよ。

んでもって、兎に角だ、女の子がいるとしようよ。
夏の夜だから、ちょっと派手目の花柄のミニのワンピースにサンダルというところか。
首筋に薄っすらと汗をかいて、それを道端で配られた安物の団扇でもって、パタパタと扇いでるね。

久しぶりに学生時代の友人と、たわいない近況を報告するというか、お喋りしている。
25歳ぐらいの女性3人組という可能性が考えられるだろう。
凡の希望としては、そうあって欲しいところだ。
もう、少し前から飲み始めているから、そろそろ解散しようかと、みんな考えている。

ショートカットの女の子の1人が、テーブルの上に残っているポテトフライを、赤いマニキュアを塗った折れそうな細い指で摘まみ上げて、半分だけ口にくわえるよ。
んでもって、相手の話に、声を出さずに頷いている。
隣のテーブルに座った凡に気が付いて、恥ずかしそうに会釈をするね。
凡も、少し笑ったような表情で頭を下げるさ。

そんな時、どうだ。
みゆきさんの曲が、ビアガーデンの安物のスピーカーから聞こえてくる。
「あ、みゆきさんか、いいなあ。」なんて、凡は口に出てしまう。

すると、偶然とはこういうものか、そのポテトフライの女の子も、みゆきさんのファンだったりする訳だ。
「あたしも、みゆきさん、好きなんです。」なんてことになる。

「ウヒ、ウヒ、ウヒ、、、、。」気が付いたら、ビアガーデンのあるエレベーターの前で、イヤラシク笑っている凡がいた。

よし、ビアガーデンに突撃するか。

とはいうものの、22時閉場だ。
あと、30分もない。
2基のエレベーターの1基で、イヤラシイ笑いを浮かべた凡が上昇していく。
んでもって、別の1基で、可愛い女の子が、下降していく。
途中で、すれ違う、凡と可愛い女の子。
でも、それを凡は知らない。

なんてことを、想像したら、急に無意味な期待を抱いていたことに気が付いて、それに30分で飲み放題もないだろうと考え直して、ビアガーデンは諦めた。

駅ビルの地下には、飲食店もあって、ここで1杯と思ったが、時間が分からなかったので、これもまた諦める。

今日は、楽しい。
でも、あまり飲み過ぎて、二日酔いにでもなったら、1番の目的の剣山に、気持ちよく行けない。
締めのラーメンでも食べて、ホテルに戻ろう。

ホテルで教えて貰った駅前のお店は、チケットを買おうとしていたら、まだ待っている人がいるという。
その近くのラーメン屋は、ガラガラだ。
どっちが良いかと言うと、これは決められない。
たまたまのタイミングで、1つが行列で、1つがガラガラで、ということもある。
迷うのも、これまた面倒なので、別のラーメン屋にしようと歩き出す。

賑やかな通りから、ちょっと入ったところに中華そばのお店があった。
23時閉店で、今は、その15分前だ。
お店に迷惑かなと思いながらも、声を掛けてみると、大丈夫だと言っていただいたので、入る。
「萬里」さん。

IMG_9612.JPG
IMG_9614.JPG

瓶ビールと、徳島ラーメンとライス。
徳島もそうだけれど、地方へ旅に行くと、何故か、その土地のラーメンが食べたくなる。
徳島ラーメンは、甘く煮た肉が乗っかってるのが特徴だ。
それに、ビールとライスのチョイスも、楽しい。

シマッタ。
徳島ラーメンとビールとライスで、ご満悦であったが、当然ながら、閉店前のラーメン屋は、凡以外誰もいない。
詰まり、女の子がいない。
詰まり、出会いがない。

さっきの、混んでるラーメン屋で、待ってでも店には行ったなら、隣に、サラサラロングヘア―の白のニットのワンピースのエクボの可愛い女の子が、隣に座ったかもしれなかったのだ。

とはいうものの、今日のところは、仕方がない。
今回の旅の目的は、剣山に登ることだ。
今日は、これで帰って体調を整えよう。

確か、女性向けの情報誌で、「山ガール」と呼ばれる女の子がいて、それが結構、若い女の子で、最近増えているという記事を読んだことがある。
よし、明日は、山ガールとの出会いを期待しようではないか。

もしもだったら、20歳より若くても、凡は大丈夫だ。
恋愛に年の差なんて、ナンセンスではないか。

途中のリフトで一緒になった女子高生と、息を切らせながら山を登るんだ。
凡が言ったジョークに、女子高生が、「ウケルー。」なんて言ってくれたなら、最高じゃないか。

いや、20歳以下は、やっぱり、凡には、シンドイか。
先日、女子高生が読むという「セブンティーン」という雑誌を読んでみたが、あれは本当に、17歳の女の子が読む雑誌なのだろうか。
ほぼ、ファッション雑誌じゃないか。
実にクダラン。

あのクダラナイ内容を見て喜んでいる女の子を笑わせるジョークは、凡には思いつかない。
考えうる案としては、村上ショージさんの「ドゥーン。」ぐらいか。
それも危険な賭けだろう。

そう考えると、20歳後半から30歳前半というところか。
そうだ、明日は、剣山で、30歳の山ガールとの出会いに期待しよう。

♪♪ つっ、つっ、つるぎさん~で、出会っちゃう~ ♪♪
と、凡の作詞作曲のワンフレーズソングを繰り返し歌いながら、ホテルに戻った。
ご めんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年08月21日 21:35
おっ、混んでるラーメン屋と暇そうなラーメン屋が出てきたので、暇そうな店に突撃するかと思いきや、別の店に行きましたか!
う~ん、予想が外れましたよ
でも次の店も結局は誰も客はいなかったようですし、サラサラヘアーの美女も残念ながらいなかったようですね(笑)
本場の徳島ラーメンも一度食べてみたいと思っていますが、なかなか徳島へは行くチャンスが無いんですよね・・・
平 凡蔵。
2019年08月28日 10:04
ありがとう、ゆけむりさん。
後から考えると、暇そうな店に入っても良かったかなと。
そんな、不味いラーメンだったら、駅前で、ずっと営業してられないですもんね。たまたま、暇だったということだと思うんですよね。
でも、その時は、何となく、他の店も歩いて探してみたかったので。
徳島ラーメンは、徳島以外では、あまり見かけないですよね。
ごめんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。