散散歩歩。(946)青春18きっぷ・豊川稲荷から名古屋。(2)

8月14日(水曜日)。
青春18きっぷで、豊川稲荷に日帰りでやって来た。
さて、これから名古屋に戻って、ビールでも飲みたいと思う。
何しろ、名古屋は美味しいものを食べさせるお店が多い。

豊川駅から豊橋駅まで移動する。
何となく、名古屋に戻る前に、豊橋でもって、軽く一杯なんてことを思いついた。
なので、豊橋駅で降りてみるが、これといった店に決めることが出来ずに、また駅に戻って、構内のお店でスイーツを買って名古屋駅に向かう。
また、雨が降って来た。

IMG_9870.JPGIMG_9867.JPG

15時32分、豊橋駅発 快速 大垣行き。
16時28分、名古屋駅着。

さて、早くビールが飲みたい。
ということで、駅前の地下街エスカに行く。
んでもって、風来坊に入った。
最近は、世界の山ちゃんに行くことが多い。
メニューが豊富だし、スパイシーな手羽先が美味しいし、チェーン店だから、お店も多い。
食べようと思えば、大阪にもお店がある。

でも、風来坊は、大阪には、たぶんだけれど、お店がない。
ということは、今日は、風来坊だろうと思ったのだ。

IMG_9880.JPG

まずは、ビールだ。
んでもって、手羽先を10本。
ここんところは、みゆきさんのファンなら、10本注文してしまうよね。
みゆきさんのファンじゃない人の為に説明すると、みゆきさんのアルバムに10WINGSという名前のCDがあるからだ。

IMG_9877.JPG

凡が初めて名古屋の手羽先を食べたのは、風来坊だ。
その時は、なんて上手いんだろうと感激したのを覚えている。
でも、今は、山ちゃんに慣れてきたので、風来坊は、やや手羽先も小振りでインパクトが薄くなった気もする。
ビールを2杯と、どて煮を食べて店を出る。

さて、もう1軒行ってやろうと思うが、時間も早いし、腹ごなしに栄町あたりまで歩いてみようと思った。
途中、もし前回に行った「大甚」さんが開いていたら、寄ってみようかと思う。
大甚さんも、楽しかった記憶がある。
で、行ってみると、閉まっていた。
あらまあ。

IMG_9881.JPG

それなら、味仙で、台湾ラーメンでも食べよう。
と、思って行ったら、店の前が待ちの人で溢れていた。
こりゃダメだ。

IMG_9882.JPG

もう、お店も思いつかないし、諦めて地下鉄で名古屋駅に戻った。
名古屋駅の前のビルには、さっきの味仙や麻婆豆腐のお店が入っている。
とはいうものの、さっきから歩き回って、もうヘトヘトだ。
これから、お店に行って、満席だったりしたら、これはシンドイ。

と、そんな時に、ある場所を思いついた。
駅前の、ミユキステーションホテルさんだ。
ホテルに泊まったことはないけれども、場所は知っている。
しかも、すぐにアイフォンで調べたら、飲めるお店もあるようだ。
ということで、すぐに向かう。

IMG_9884.JPG
IMG_9894.JPG

ミユキステーションホテルの隣に、レストランというか居酒屋と言うか、そんなお店「みゆき」があった。
入口は、小さいけれど、中に入ると奥行きがあって、テーブル、カウンター、座敷と、意外とゆったりとしている。
凡は、カウンターに座った。

先客は、カウンターの端っこで、瓶ビールに、みゆき定食を食べていた。
みゆき定食か、なかなか惹かれるネーミングだ。

IMG_9889.JPG

まずは、生ビール。
そして、刺身の盛り合わせと、トマトのスライスを注文。
エアコンの効いたカウンターで、冷たいビールを流し込む。
最高だ。
んでもって、一息ついたら、あらためて、お店の名前の「みゆき」に思いを馳せる。
もちろん、みゆきさんとは、全く以って、無関係なのではありますが、その名前だけで、何故かほっこりと癒される。
凡は、ビールを流し込みながら、みゆきという名前のお店で飲んでいる、その時間を楽しんでいた。
今度、名古屋でコンサートがあったら、絶対に、このホテルに泊まろう。

お店「みゆき」は、時間的なものもあるのだろう、テーブル席は、ほぼ埋っていた。
サラリーマンが、帰りに寄るのに、ちょうど良い店のようである。
ボトルキープも出来るようだ。

暫くして、年配の男性がやってきて、カウンターに座った。
座るなり、焼酎の水割りがサーブされた。
常連なのだろう。
でも、常連でも、ハバをきかせたりすることなく、いつもの、アジフライとシーチキンサラダを注文して、それで飲んでいる。
見ていると、どちらもボリュームがあって、毎日来るなら、これで飲むというのも、納得できるなと思った。

それにしても、居心地の良い店だ。
みゆきさんの名前が付いているから、それだけで、嬉しいという気持ちもあるが、客も、スタッフも、行儀よく飲んでいて、その行儀良さが、始めて来た凡にとっても、ずっと座っていられる心地良さを作り出しているようだ。
皆にとって、大切にしたいお店なのだろうなと思うのであります。

非常に楽しい。
ひとりだけれど、話す人もいないけれど、非常に楽しい。
次に名古屋に来たら、また寄ろう。

さあ、もっと飲んで、そのままホテルに泊まりたいところだけれど、今日は帰らなきゃいけない。
日帰り旅の辛いところ。

最後に、鰻のひつまぶしの小を注文した。1700円。
小というのは、半身だとのことだ。
うなぎは好きだから、普通のサイズにしたかったが、値段を見て、少し怖気づいたのであります。

IMG_9890.JPG

ひつまぶしは、鰻の焼いたところもパリッとした感じで、美味しかったし、それに、出汁をかけて、出汁茶漬けにしたのも、出汁が好きな凡は、大満足で頂いた。
ただ、やっぱり、普通サイズにした方が良かったか。
帰る時に入口のポスターを見ると、愛知県三河一色産と書かれていたので、国産の地元のうなぎだったんだろう。
国産とは、贅沢をしたものだ。
小でも、満足しておかなきゃ、バチが当たる。

大阪に着く最終で帰ろうかと思ったが、神戸辺りで、センサー故障で遅延が出ているという。
なので、30分早い電車に乗り込む。

20時30分、名古屋発。東海道線 新快速 米原行き。
21時38分、米原着。

21時39分、米原発。琵琶湖線 普通 姫路行き。
22時14分、野洲着。

22時19分、野洲発。琵琶湖線 新快速 姫路行き。
23時17分、大阪駅着。

そこから、環状線で、京橋まで移動。
23時30分ごろ、京橋駅を出た。

んでもって、京阪電車で、門真市駅に帰ったのでありました。
自宅に着いたら、日付が変わっていた。

それにしても、名古屋のミユキステーションホテルのみゆきは、楽しかったなあ。

IMG_9893.JPG(今度、みゆきさんのコンサートで、名古屋に泊まることがあったら、ここに泊まろう。)
京橋→大阪→豊橋→豊川
271.5キロ 4750円。

豊川→豊橋→名古屋
81.1キロ 1490円。

名古屋→大阪→京橋
194.6キロ 3350円。

合計
547.2キロ 9590円。
ご めんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年09月04日 22:02
名古屋の目当ての店は休みだったんですね
ちょっと残念でしたね
旅先の目当ての店が休みとかだと本当にガッカリしますよね
自分もHPで休みなどを調べて行ったのに、それでも休みだった事が何度かあり非常に落ち込んだ事がありましたっけね・・・
名古屋の味仙はかなり並ぶんですね
去年チャンスがあったら食べたいと思っていましたが、この行列ではちょっと厳しいですね
最後にひつまぶしを食べたんですね
小でも十分じゃないですか
むしろ小の割にうなぎがたくさんあるような気がしますよ
あ~、自分もひつまぶしが食べたくなってきましたよ!
平 凡蔵。
2019年09月07日 10:24
ありがとう、ゆけむりさん。
ひつまぶしは、もう少し鰻が欲しかったです。写真では、立派に映っていますが、お茶碗が小さいので、写真ではよく見えています。
でも、最後に、だし汁で食べるのは、普段はしないので、美味しかったです。
味仙は、美味しいお店と言うよりも、辛い台湾ラーメンを、汗をダラダラ流しながら食べたくなるという感じなんです。
でも、何度もフラレテいます。待つのが嫌いだしね。
んでもって、最後のお店は、気に入って、また行ったんですよ。
ごめんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。