散散歩歩。(875)岩手恋情・影を求めて。(3)

4月6日(月曜日)。
盛岡の2日目。
窓の外を見ると、雪が降っていた。

IMG_1377.JPG

ホテルを0930チェックアウト。
駅まで歩いて行って、キャリーをロッカーに預ける。

さて、何となくラーメンが食べたい。
駅前に「マトヤ中華」というラーメン屋さんを見つけた。
入る前に、ちょっと携帯で調べたら、京都の新福菜館の味を忠実に再現しているとある。
新福菜館なら、いつでも食べることが出来るから、止めた。

で、駅のビルの中にある「柳家」のラーメンを食べようと思う。
納豆が入ったラーメンが有名だそうだ。
でも、新型コロナの影響で、11時オープンだとのこと。

なので、それまでの時間、「でんでんむし」という市内を循環しているバスに乗って岩手の裁判所まで行った。
ここには、昨夜の居酒屋のお兄ちゃんのオススメの石割桜がある。
岩の割れ目に桜の種が飛んできて、そこに桜が育ったそうだが、なるほど面白い。
でも、それだけなので観光は、すぐに終わった。
それにしても、この石割桜も、また巨石だ。
岩手には、大きな岩が多いですね。

IMG_1400.JPG

それから、ぶらぶら歩いて駅まで戻ったら、ちょうどラーメン屋の開店時間の5分ほど前だった。

IMG_1407.JPG
IMG_1410.JPG

柳家さんの人気メニュー「キムチ納豆ラーメン」を注文。980円。
もやしとコーンと豚肉、キムチを炒めて、ラーメンの上に乗せてある。
ひと口スープを啜ったら、納豆の香が広がったが、納豆の粒は、どこにあるのか分からなかった。
細かく砕いてスープに仕込んであるのだろうか。

納豆のせいか、すごく滑らかなスープで、キムチの香はするけれども、辛くはない。
それにしても、もやしが多くて、麺までたどり着かない。
ボリュームが多くて、お腹がいっぱいになった。

さて、盛岡は、すごく好きになったのだけれど、折角だから花巻にも行ってみたい。
昨日、盛岡の観光案内で聞いたら、花巻は、新型コロナ対策として、ほとんどの施設は閉館しているから、行っても、何もないと聞いていたのだけれど、どんなところかだけでも見てみたいと思った。

1142盛岡発、快速はまゆり3号、釜石行き。
いわゆるロマンスシートなので快適だ。
岩手の車窓を眺めていると、1211に花巻駅に着いた。

IMG_1418.JPG
IMG_1422.JPG

ロッカーに荷物を預けて、観光案内所に行く。
やっぱり、どこも閉まっているという。
案内所の人曰く、花巻には、誰も他の県から来て欲しくないということだそうだ。

それでも、温泉ならやっているというので、温泉に行ってみることにした。
パンフレットを見て説明をしてもらって、検討する。

花巻には、いくつもの温泉がある。
花巻温泉は、大きな温泉旅館があって、写真を見ても綺麗で良いなと思う。
でも、こんな綺麗な温泉施設に行ったら、泊まっている人が羨ましくなるだろう。

なので、大沢温泉に行ってみようと思う。
ちょうど、今から出る1235分のバスに乗ると、大沢温泉には、1300に着く。
早速、バスに乗り込んだ。

バスは、山の方に向かって進んで行く。
距離的には結構走って、大沢温泉に着。650円。

IMG_1427.JPG
IMG_1431.JPG(温泉は、なかなか雰囲気がある。)

この大沢温泉には、3つの温泉施設があって、1つは休館しているから、日帰り入浴できるのは、2カ所だ。
その中でも、自炊部・湯治屋さんというのは、昔ながらの湯治も出来る施設で、雰囲気も良さそうだ。
バス停から、坂を下りて行って、湯治屋さんの目の前まで来たら、「本日休館日」とあるではないか。

IMG_1428.JPG

しかし、ここまで来て、休みなら、他をあたるしかない。
でも、一応、確認のために、湯治屋さんに電話してみよう。
と思って、湯治屋さんの前から携帯で電話をしてみた。

「あのう。今日は、休館日なんでしょうか。」
「はい、すいません。休んでいます。」(男性が答える)

「ちょっとお聞きしたいのですが、この辺りで、今日やっている温泉はないでしょうか。」
「さあ、知らない。」

「そうですか。あのう、ここから花巻駅に戻るには、やっぱり、バスで、、、、」
「プツン。」(話の途中で、一方的に電話を切られる。)
(んでもって、続き)「やっぱり、バスで帰るしか方法は、、、、あれ?もしもし?もしもし?」

こんなことがあるだろうか。
そりゃ、他の温泉施設の事なんか、知ったことじゃないだろう。
駅に戻る方法なんて、自分で調べろということだろう。

でも、話している途中で、一方的に電話を切るというのは、凡の感覚では、失礼だと思うのであります。
しかも、電話したのは、ほんの短い時間だ。
これが花巻流の電話なのか、それとも、本当に歓迎されていないのか。

湯治屋さんの横に山水閣という立派な旅館もあるのだけれど、そこも改装中ということで休館していた。

IMG_1436.JPG

さあ、どうするか。
帰りのバスは、1407で、まだ1時間弱ある。
近くを探すも、喫茶店もないし、何もない。
仕方なく、バス停で待っていたが、寒くて寒くて、震えていた。
やっぱり花巻温泉にしたら良かった。
花巻温泉なら、大きい温泉旅館だから、接客も丁寧だったことだろう。
寒い今日だって、ゆっくりと湯に浸かれたはずだ。

1時間待って、バスで花巻駅に戻る。帰りは何故か20円安い630円だった。

駅の観光案内所に、これから凡のような人が出ないように休館だったことを伝える。
凡が花巻に来たことがイケなかったので、怒らずに事実だけを伝えた。

さて、花巻きに来たら行ってみたいレストランがあった。
マルカンビル大食堂である。
ここは、かつては、デパートだったが、2016年に閉店した。
でも、地元の熱い要望で、この大食堂だけは、再開されるようになったそうだ。

奇しくも、凡が岩手に行こうとした前日の朝日新聞に、この記事が載っていた。

IMG_1218.JPG(新聞で取り上げられていた。)

駅から歩いて行くと、かつてのデパートがある。
1階は簡単な地元の商品のお店があって、大食堂は6階にある。
その間の階は閉館していてエレベーターも止まらない。

IMG_1460.JPG
IMG_1457.JPG(食堂の入口)
IMG_1455.JPG
IMG_1456.JPG
IMG_1454.JPG(この長いソフトクリームが有名)

話によると、大人気なので、行列ができるそうだが、今回は、新型コロナのせいか、ガラガラだった。
ショウウインドウを見ながらメニューを考える。
カレーも食べたかったが、売り切れていた。
ここは、25センチぐらいあるソフトクリームが有名なのだけれど、それは寒いからパス。

結構、いろんな魅力的なメニューが並んでいる。
迷った末に、ナポリカツを注文。
そして、生ビール。

昔のデパートの大食堂らしく、長いテーブルに椅子が並べられ、何といってもオレンジの蓋の付いた箸立てが嬉しい。
みんなそれぞれに、食事を楽しんでいる。
給仕の人も、年季の入った感じで雰囲気だ。

IMG_1448.JPG
IMG_1445.JPG
IMG_1451.JPG

運ばれてきたナポリカツは、いかにもデパートの大食堂という感じで、楽しくなってくる。
スパゲティは、凡好みで柔らかく、ボリュームもしっかりある。
昔風なので、ケチャップで炒めてあるのかと思ったが、そうではなく、自家製のトマトソースを使っているのか、酸味が少なく、クリーミーだったので驚いた。

玉ねぎ、厚切りのハム、マッシュルームなど具もたっぷり入っている。
サラダも、しっかり量があって、さらに、スパゲッティの上にカツが乗っかっているじゃないか。
完璧だ。
ビールを飲みながら、雰囲気を楽しみながら、食事をした。
ひと目を気にしないでいいなら、もっと注文して長居していたかったな。

温泉施設の前のバス停で1時間待っていたせいで、身体が冷え切っていたので、熱燗を飲みたかったが、ビールしかないと言う。
でも、地ビールがあるというので、地ビール「ベアレン」を追加で頂いた。

IMG_1453.JPG

途中、トイレに行って鏡を見たら、顔が真っ赤だった。
この後、ずっと真っ赤のまま。
どうも、温泉の前で待っていて、急にビールを飲んだので、冷えのぼせみたいになったのだろう。

マルカンビル大食堂で、すごく楽しく食事をして、外へ出る。
ナポリカツ870円、中ジョッキ590円、ベアレンビール620円。

IMG_1458.JPG(1階は、ガランとしていた。)

駅に戻る途中も、いろいろ歩き回ってみるが、何もない。
こんなことなら、盛岡で、もう少し時間を費やすべきだったか。

仕方がないので、花巻駅1700発のJR東北本線で、花巻空港駅に移動。
1駅だった。

しかし、この花巻空港駅。
花巻駅周辺より、さらに何もない。
徹底して、何もない。
しかも、空港駅と言いながら、駅には歩いては行けない。

IMG_1465.JPG

空港まではバスがあるが、予定より早く来てしまったので、50分も寒い中待たなきゃいけない。
なので、タクシーに乗った。1430円。

空港に着いて、チェックイン。
実は、今日は、飛行機が飛ぶか飛ばないか不安だった。
強風でキャンセルも受け付けているという。
でも、チェックインも出来たし、どうも飛びそうだ。

空港に着いたら、売店などを見て回るが、小さい空港なので、すぐに時間が余る。
それに、最後に何か食べてから飛行機に乗ろうと思う。
最後の最後の岩手での食事だ。

空港のレストランは1か所しかないので、メニューを検討。
とはいうものの、メニューの数は少ない。

ということで、カレーを注文。
マルカンビル大食堂でカレーが売り切れだったので、そのイメージがあって、食べたかったのだろう。
でも、サーブされたカレーは、何となく高級そうだ。
何しろ、ライスとカレーが別々になっている。
食べたかったカレーのイメージとは違うが、カレーには違いない。

IMG_1466.JPG

ひと口食べると、ルーは熱々ではない。
でも、香辛料のせいか、冷え切っていた身体が少し温まって楽になった。
カレーは肉もゴロゴロと大きめで、高級を演出している。
空港で1430円なら、相場だ。
おすすめの「かけうどん」850円よりは、断然おすすめだ。

IMG_1470.JPG
IMG_1471.JPG(かけうどん、850円は、いくら空港でも、値段、高か過ぎない?


さて、手荷物検査場を通って、飛行機に乗る。
1850、いわて花巻空港発、2030、伊丹空港着のJAL2190便。
機種は、往路と同じE170だ。

乗客は、20人弱というところか。
予定通り飛び立った。

いろいろ後ろめたい気持ちはあったが、来てよかったと思いながら座っていると、CAさんが、何かチラシのようなものを持って歩いている。

気になって受け取ると、「J-AIRだより(お花見編)」という両面コピーだった。
日本各地の桜の見どころを、その地方出身のCAさんが紹介するという内容だ。
見ると、CSAさんの顔写真も載っているではないか。
これは男性にとっては、ナイスなサービスだ。

IMG_1479.JPG
IMG_1481.JPG

どの子が可愛いかななどと、鼻の下を伸ばしながら眺める。
どの人も、かなり可愛い。
そうだ、これからはJALも乗りたいな。
そう単純に思った。
いや、スケベな気持ちで思ったのかもしれない。

そのコピーを熱心に見ていると、今度はまたCAさんが、
日本全国の手作りのルートマップというイラストを呉れた。

IMG_1482.JPG(裏面もあります。)

JALが飛んでいる路線を、各地の名物のイラストが描かれた地図に書いてある。
これもまた楽しい企画だ。
それをまた熱心に見ていると、CAさんが、「今、長野あたりを飛んでます。」とか「もうすぐしたら、右手に名古屋の夜景が見えるから、席を移動しても大丈夫ですよ。」とか、声を掛けてくれる。
しかも、しかもだ。
凡だけに特別に優しくしてくれている。
ああ、JALは良い。
このまま、ずっと乗っていたい気分だった。

IMG_1473.JPG(CAさんに教えて貰ったので、名古屋の夜景をパチリ)

とはいうものの、着陸の時間になって、無情にも伊丹空港に着いたのであります。

空港では、いろんなモニターで、明日、政府が緊急事態宣言をすると報道している。
とはいうものの、明日からもまた、同じように仕事に出かけるのでありまして、どうせやるなら、もっと徹底的にやった方が良いのではと思いながらモノレールに乗った。

それにしても、今回の岩手も、やっぱり凡自身では行って良かったと思う。
いろいろ批判もあるかもしれないけれども、最後までブログにお付き合いしていただいて、ありがとうございました。
ご めんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

yukemuri
2020年04月28日 22:19
凡蔵さん、大沢温泉はガッカリでしたね
更に電話での応対もガッカリと言うか、失礼極まりないですね
こんな応対の温泉には入らなくて良かったと思いますよ
とは言ってもせっかくだからどこかの温泉に入りたかったですよね
でも休みとは、これまたガッカリですね
ナポリカツ、これは美味しそうですね
釧路名物のスパカツとコンセプトは似ていますね
スパカツはミートソースですが、これはこれで良かったです
空港のうどんは高いですね
高いと言うか強気と言うか、足元を見ていると言うか何と言うか、食べる人も勇気がいる値段ですね
それから最後のJAL、なかなか良かったようですね
終わり良ければ全て良し、良い旅でしたね
次はどこら辺を考えているんでしょうかね?
自分は行きたくても計画すら立てられずイライラしています
早く収束してほしいもんですね・・・
平 凡蔵。
2020年06月12日 09:45
ありがとう、ゆけむりさん。

温泉は、チョイスを誤りましたね。
花巻周辺には、沢山の温泉施設があるのですが、ちょっと変わったところと思って、
選んだんです。
しかも、対応もイマイチだし、バスも便がないし、すっかり身体が冷え切ってしまいました。

デパートの食堂は、懐かしい感じで、もっと他のメニューも食べたかったのですが、
恥ずかしいし止めました。
カレーとか、美味しかっただろうな。
でも、確かカレーは売り切れでした。
人気の商品なんでしょうね。

空港の食堂の値段は、まあ仕方がないといえば、仕方がないのですが、うどんは、やっぱり、うどんの値段じゃないとね。
洋食は、まあ、旅の期待感もあって、仕方がないと、ちょっとは思えるのですが。

それと、JALもなかなか良かったです。
CAさんのチラシなども、楽しめたし。
とはいうものの、ANAでマイル貯めてるので、とうぶん、ANAに乗るとおもいます。
ごめんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。