散散歩歩。(1007)宇奈月温泉のゴーツーキャンペーンの旅。(2)

8月17日(月曜日)の続きであります。
、、、と書き始めましたが、「なんのこっちゃ。」と思われるかもしれません。

富山の宇奈月温泉に行ってきたレポートを書いていたのです。

そんな時に、中島みゆきさんのフェスティバルホールでの「縁会」「一会」の上映会があって、それを見に行ってきたのです。
順番では、みゆきさんが後です。
でも、やっぱり、みゆきさんの映画の感想を最優先で書いてしまいました。

なので、8月17日(月曜日)に行ってきました富山・宇奈月温泉の旅の話が途中で終わっていたのであります。
なので、今から、その続きをば、ちょっくら、こっそりと、書いてみたいと思っています。
気が抜けたような前のレポートでありますが、
もう時間が余って仕方がないという方は、どうぞお付き合いくださいませね。

ということで、8月17日(月曜日)。
宇奈月温泉駅に降りると、駅舎の下に、今日お世話になるホテルの方が、予約もしていないのに、待っていてくださいました。

んでもって、ホテルにチェックイン。
今日のホテルは、宇奈月温泉「やまのは」さん。

IMG_2913.JPG

カウンターの奥には、ロビーがあって、全面ガラス張りになっている。
急な斜面の山があって、その下に黒部川が流れ、右手奥に、明日乗る予定のトロッコ電車の赤い橋が見える。
素晴らしい風景だ。

IMG_2853.JPG

しばらく、このソファにでも座って、コーヒーでも飲んでいたいところではあるのだけれど、(あ、ここでは、マシンだけれども、無料でコーヒーなどを頂くことが出来るのです)、凡には、そんな精神的な余裕はない。
もう気持ちは既に、温泉とバイキングなのであります。

部屋に入ると、パンフレットの写真通りの和室だ。
客室も綺麗だし、洗面トイレなど、申し分なし。

IMG_2830.JPG

小さいかなと思った窓から外を見ると、目の前に、何かの建物の屋根が見える。
まあ、凡には、部屋からの眺望は重要ではない。

IMG_2837.JPG

それよりも、その屋根の右をみると、さっきのロビーの風景を、ちょっと鋏で切って、オマケにしてくれたような、赤い橋の風景が見える。
これで、充分、うれしい。

IMG_2838.JPG

さて、荷を解いたら、浴衣に着替えて温泉に行こう。
温泉は、夜と朝で、男女の浴場が入れ替え制になっている。
まずは、凡は、「大黒部」へ。

IMG_2842.JPG

時間も早いのと、コロナのせいか、温泉も空いていて、贅沢にお湯を楽しんだ。

温泉に通じる廊下のようなところに、有名人がサインをした飾り皿を陳列しているガラスケースの棚があった。
見ると、色んな人がサインや絵を描いている。

IMG_2886.JPG

ふと見ると、渡辺真知子さんの飾り皿があった。
思わず、リトル・トーキョーを思い出しちゃったよ。
真知子さんも、このホテルに来たのかな。
ちょっと嬉しいね。

そういえば、みゆきさんは、こんなホテルとか、街中の飲食店とか、そんな場所で、サインを見かけない。
あれは、たとえお店に入って、サインを頼まれても、断ってるのかな。
本当に、自分が納得したお店とか、そんな場所じゃなきゃサインはしないポリシーとかね。

それはそれで、みゆきさんらしい気もするけれどね。

でもまあ、お気に入りのお店じゃないけれども、サインしなきゃいけない場合の対処方法も、もしもの場合に備えて、みゆきさんに教えてあげたいな。

例えば、気に入らないお店の場合は、普通のサインの右端にでも、ハートマークを書いておくんだ。
お店の人は、ハートマークだから、喜ぶよね。
でも、これが暗号なんだな。
なみふくを読んでいる人にだけ解る暗号。

ハートマークは、オススメの店じゃないというマークなんだ。
このハートは、詰まりは、みゆきさんを好きな人への愛っちゅう訳なんだな。

反対に、お気に入りのお店のサインには、ドクロマークでも書いてもらおうか。
ドクロって思うかもしれないが、解る人には解る、オススメの意味。

しかし、何においても、平等で、真剣に取り組むみゆきさんだ。
ハートマークとドクロマークでは表現しづらいお店も出てくるだろう。

なので、そんな時の為に、みゆきさんは、色んなマークを考えてしまうかもしれないな。

あるイタリアンレストランに入ったら、みゆきさんのサインが壁に貼ってある。
なになに、ドクロマーク。
うん、オススメの店なんだな。

あれ、待てよ、その次に熊さんのマークがある。
そうだそうだ、これは、スタッフは気持ちの良い接客をしてくれるけれど、料理は、並というところか。
なんてね。

しかし、これが高じてくると、大変なことになる。
みゆきさんは、何事においても真剣だもの。
自分の意見を、正確に伝えようとするはずだ。

みゆきさんのサインがある蕎麦屋に入る。

あ、みゆきさんのサインだ。
と、ここまでは良い。

なになに、ニコちゃんマークに、お花の絵。
んでもって、右端に666の数字。
逆さクラゲに、棒が1本あったとさのコックさんに、渦巻きが3つ。

あ、まだあるのか、豚が屁をこいている絵に、フラダンスをしている娘が、「どんなんかなー。」って言ってる絵。

何だこの「どんなんかなー。」って。
まあ、大阪で育った年配の方なら、ここで笑福亭仁鶴やがな、とツッコミを入れてくれるところだが、それにしても、みゆきさんが、「どんなんかなー。」が好きなのか、どうなのか。

こんなサインだったら、もう読み解けないよ。
思わず、なみふく会員限定の手帳を取り出さなきゃいけなくなる。
この手帳には、この符丁は、何を指すという一覧表が書かれているのである。

「なになに、えーと。ここの御主人は、3年前に、いぼ痔の手術をして、今は、毎日、快便か、、、。」

いや、みゆきさん、そんな情報は、いらんねん。

「えー、それで。お主人の奥さんは、今までに、夫婦げんかをして、2回、家出をしてるか。んでもって、その原因は、御主人が、食事中に屁を3回こいたことなのか。んでもって、その屁が、クサイ、クサイ、もう、クサイのなんのって、真夏の暑い日に、窓を開けて、30分しても、クサイ匂いが、カーテンに染みついていたと。」

いや、だからさ、みゆきさん、そんな情報は要らないちゅーねん。
あの666は、屁を3回っちゅうことやねんな。
正確なんはエエけど、そこに正確さは要らんねんって、頼むで、みゆきさーん。

「それから、それから、隣の人は、カレー蕎麦を食べてたが、美味しそうだったか。」

なるほど、カレー蕎麦は美味しそうか。
そうだよ、そういう情報が欲しいんだよ。

「あ、まだ続くのね。でも、あたしお店に入ったら、急用ができて、サインだけして、お店を出たから、何も食べてないのよ。おほほ。」

「おほほ。」って、笑ってる場合じゃないよ、。
みゆきさん、このお店で、蕎麦食べてなかったの―。
そんなあ、みゆきさんが食べたと思ったから来たのにー。

あ、あの「どんなんかなー。」は、食べてないから、このお店の味は、「どんなんかなー」って事なのか。
そこだけ、符丁じゃなくて、ストレートな表現なのね。

ってなことになってしまう。
疲れること間違いない。
とはいうものの、いくら疲れても、みゆきさんのサインの読み解きなら、ずっとやっていたいかもね。

さあ。
お湯を頂いたら、あとはバイキングに向けて、胃腸薬を予め飲んでおく。
喰いにくいまくり、飲みに飲みまくるからだ。
ああ、ハシタナイ事、極まりなし。

さて、このホテル「やまのは」さんのバイキングだ。
もう、大満足でありました。
100点満点。

IMG_2857 - コピー.JPG
IMG_2856.JPG

大きな丸いカウンターが中央にあって、壁際にも、焼き物コーナーなどがある。
小鉢などは、本当に、ちっちゃな、ちっさな器に盛られていて、色んな種類を食べてみたいという凡のようなものには、うれしい限りだ。

それでも、器が小さくて、料理の種類が少なかったら、これは残念だけれども、その種類が多いので、あれもこれもと、んでもって、また取ってこよ、また取ってこよと、かなりの種類と数を頂きましたよ。

バイキングと言えば、別府温泉の杉乃井ホテルに行って、すごく満足した記憶がある。
2回ほど行ったかな。
後で知ったのですが、杉乃井ホテルも、この「やまのは」さんも同じオリックスグループだそうだ。
この「やまのは」さんも、大満足のバイキングでありまして、凡の中でも、トップクラスのバイキングには違いないのであります。

ということで、よく食うなと思われるかもしれませんが、頂いた料理の写メをアップ、アップといきましょう。

IMG_2861 - コピー.JPG
IMG_2862 - コピー.JPG
IMG_2864 - コピー.JPG
IMG_2866 - コピー.JPG
IMG_2868 - コピー.JPG
IMG_2869 - コピー.JPG
IMG_2871.JPG
IMG_2873.JPG(このホタテに掛かっているソースが、アンチョビ味で、美味しかったんだよね)
IMG_2877.JPG(丼は、その場で作ってくれる。かなり小振りなので、何倍でも食べれそうだ。)
IMG_2880.JPG

どんだけ食べるねんと思われるかもしれませんが、1品の大きさに注目です。
かなり、ちっちゃいです。
なので、一口で、どの小鉢も頂けるんです。

しかも、そのちっちゃい小鉢の一つ一つに、こだわりもあって、刺身にしたって、あしらいをして、美味しそうに見せている。

IMG_2879.JPG

何より、絶賛したいのが、飲み放題だ。
凡1人だけの注文でもオッケーで、90分時間制限というのは、もう30分と言いたいところですが、絶賛したいのが、そのアルコールの種類だ。
一般のメニューに書いてあるお酒のどれを注文しても良いのである。

普通の温泉ホテルでも、一般の飲食店でも、飲み放題となると、ビールはこれ、お酒はこれと、決められているところがほとんどだ。
でも、ここは、メニューに載っているお酒のどれを注文しても良い。

しかも、お酒のコーナーにいるスタッフは、置いているお酒についても勉強していて、こんなお酒というと、置いてあるお酒の中からチョイスしてくれる。
凡も、日本酒を飲もうと思って、「無濾過原酒」と言ったら、ちゃんと、オススメを選んでくれた。

IMG_2872.JPG

そんなこんなで、ビールでも宇奈月ビールという地ビールや、赤ワイン、白ワイン、スパークリングワイン、日本酒、そして、もう制限時間が終わるというころに、もう時間が無いからと、バランタインを、しかも17年の、しかもダブルで頂いた。

IMG_2875.JPG
IMG_2874.JPG

ああ、これでアルコールのシメだなと思っていると、お姉さんが、もう時間が来たので、最後に何かお持ちしましょうかと来た。
素晴らしい。
この1杯が、うれしいんですよね。
ということで、また地ビールを追加して、飲み放題の終了。

IMG_2870 - コピー.JPG

最後に、デザートなどを頂きまして、部屋に戻る。

当然、さらに胃薬などを飲みますわな。
当然、食事時間中に敷いて頂いた布団にゴロリンチョといきますわな。
当然、気絶しますわな。
当然、夜中に目が覚めて、ああ飲み過ぎたとなりますわな。
当然、また胃薬や肝臓の薬を追加して飲みますわな。
とうような、いつものパターンがありまして、朝―っ。

起きると、ミニボンが、昨日の夜の凡は、こんなだったと、アイフォンで撮った凡の気絶している顔を見せた。
そこには、何とも情けなく、間抜けな、雑巾のような凡の寝顔が写っていた。

しかし、よくミニボンも、こんな寝顔を見て、冷静でいられるね。
凡が、この凡の顔を見たら、白い布でも顔に掛けたくなってしまうのに。
そして、言うよ。
「南無阿弥陀仏」とね。

そんな凡の顔だ。

そうだ、みゆきさんもお酒を召し上がるそうだ。
たまには、深酒をして、こんな寝顔で気絶することがあるのだろうか。

横向きに、クタリと力無げに横たわるみゆきさん。
重力に無抵抗になった、ノーメイクの頬や唇が、だらりと枕に垂れ下がる。
今にも、ヨダレが落ちそうだ。

そんなみゆきさんは、この世に存在するのだろうか。
もし、するのなら、凡だけの独り占めにしたいものだ。

誰も知らない、みゆきさんの寝顔。
それも、普通の寝顔じゃない。
情けない、間の抜けた、みゆきさんの寝顔なんだ。
そんな寝顔を独り占め。
こんな素敵なことがあるだろうか。

普通ならね、みゆきさんは、寝る時も、とびっきりの笑顔で寝ているはずなんだ。
見ている人を幸せにする寝顔だよ、きっと。

でも、今凡が見ているのは、情けなく、間抜けな、みゆきさんの寝顔だ。
そんな寝顔を見たら、凡は、白いハンカチを、みゆきさんの寝顔に掛けるね。
んでもって、合掌。
「南無阿弥陀仏」とね。
一応、みゆきさんであっても、この白い布はやりたいのね。

白い布をかぶせると、酔っぱらったみゆきさんは、半分目が覚めるよ。
んで言うね。
「ん?ふが、ふが、ふんがー。」意味不明な言葉だ。
そして、ヨダレが、ダラリ。
ああ、最高だ。
そんな、みゆきさんを見てみたいのであります。

と、またもや、気のふれた妄想をしてしまいましたが、改めて「朝―っ。」ということであります。

さて、朝の温泉に行きましょう。
今朝は、入れ替え制の、昨日とは違う方のお湯だ。
露天風呂が、棚湯になっていて、そこに浸かって、黒部川と赤い鉄橋を見ている。
これが贅沢と言わずして、なんというか。
大満足で、温泉を出る。

そして、着替えをして、朝のバイキングに行きましょう。
朝食も、昨夜のバイキングと同じく、素晴らしい内容でありまして、これまた、大満足で、お腹いっぱいいただいたのであります。

IMG_2901.JPG
IMG_2906.JPG
IMG_2907.JPG

朝から、よく食べるね。

さて、今日の予定は、トロッコ電車。
早めにチェックアウトして、荷物を預けて、ホテルを出た。
ご めんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

ごめんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。