散散歩歩。(1066)みゆきさんは、人間の原型だった。

パソコンの上に掛けてあるカレンダーを見て、ため息をつく。
みゆきさんのカレンダーだ。
ああ、寂しい。

昨年、みゆきさんのコンサートの「ラストツアー『結果オーライ』」が、大阪のフェスティバルホールの公演の途中で、コロナのせいで中断して、その後、延期になってから、もう1年半近く経つ。

その間、みゆきさんの姿を見る機会も、声を聞く機会も、何ひとつなく、ただただ寂しく。とはいうものの、どうする事も出来ず、日々を無にして、やり過ごしている。

いつになったら、みゆきさんに会えるのだろう。

みゆきさんの顔を見たい、声を聞きたいと思ったら、DVDなどを見ることで、少しは気が治まるのだろうけれど、何故か、あまり見ていない。

ただ、寂しいという気持ちを抱いたまま、じっと体育座りをして耐えているという感じだ。

その理由を考えてみると、「気力が湧かない。」からなのだろうと思う。
見る気力が湧かないのだ。
そこまで、寂しさが凡を支配してしまっている。

そんな凡でも、やっぱり、携帯に入っている写真などを、休日や通勤電車の中で、パラパラと見てしまう。
そんでもって、ああ、可愛いと思う。

そんな時に、気が付いたことがある。
「あれ、この写真、誰かに似ているなと。」

そう思って、色んな写真を見てみると、やっぱり、色んな人に似ているのだ。
大概が、女優さんなんだけれどね。

これって、他の人にも当てはまることではないような気がするのである。
みゆきさん特有の現象。

勿論、他の女優さんの写真を見ても、誰かに似ているなと思うことがあるだろう。
でも、その似ているなと思う人は、殆どが、1人だ。
あの人に似ているという、1人のあの人なのである。
あの人にも似ているし、この人にも似ているし、なんてことはない。

それに比べて、みゆきさんは、あの人にも似ているし、この人にも似ているし、またまた、こっちの人にも似ていると、似ている人が、何人もいる。

そこで思ったんだ。
凡は、進化論を信じていない。
人間は、ある瞬間、パッと現れたという凡なりの理論を持っているのだけれど、それに触れると、長くなるので、今回は割愛しまして、話を進めると。

人間は、やっぱり、神様が造ったと考える方が、理屈が合うのである。
そう考えた時に、どうやって、神様は、人間を造ったのだろうかと想像してみたくなる。

すると、そこに、びっくりするような真実が見えてくるのだ。

ここに、神様がいる。
んでもって、人間を造ろうかと考える。
人間は、神様に似せて造られたという。

まずもって、神様は、初めに人間を造ってみようとするよね。
「おーい。母さん、ちょっと粘土持って来てくれへんか。」なんて、神様の奥さんに言うね。
あ、ここでは、一応、神様は男で、奥さんがいるという設定だ。

「あんた、どうしたん。急に粘土持って来てって。」
「あのな、人間ちゅうもんを造ってみよかと思てるねん。ほんで、地球に住まわせて、泣いたり、苦労したりしてるとこ、上から見物しようと思ってな。」

「あんた、また、ケッタイな事考えてんなあ。」
でもって、神様は、1体の人間の模型を造った。

「ちょっと待って、あんた、上手いこと造ったなあ。完璧やん。顔は可愛いし、ボン・キュッ・ボンやし。あんた、人間を、こんな完璧に可愛く造って、どうするんよ。これやったら、泣いたり苦しんだりなんて、そんなことなれへんで。みんなに、チヤホヤされる人間やで。」
「ホンマやな。わしも、真剣に造ったから、わし好みの女にしてしもたわ。そやけど、自分で作っときながら、美しいなあ。まあ、しゃーない。最初の1人目は、これでええやろ。そやから、もう飽きたから、後は、母さん、お前、残り造っといてくれるか。この人間に似せて造ったらええわ。100人ぐらい造っといたらええやろ。」

「ちょっと、いっつも、あんたは、そうや。自分だけ楽しい目して、シンドイことは、いつも、あたしにやらせるんやもん。うち、そんなん、割に合わんわ。」
「まあ、ええがな。頼むわ。な、任したで。」

「もう、あんたっちゅう人は。いや、間違ったやん、あんたっちゅう神様は。」
なんて、文句を言いながら、100人の人間を造るだろう。

「おお、出来たか。ええっ。お前、不器用やなあ。みんな、ぐちゃぐちゃになってるやん。えらいブサイクな人間ばっかりやな。」
「ええやん。どうせ、泣いたり苦しんだりするの見物したかったんやろ。こんな見た目やったら、そら泣いたり苦しんだりするんちゃう。」

「ほんまやな。それやったら、これでええわ。それにしても、初めの1人は、上手いことで来たもんやな。後になって、これが最初の1人の子孫やて解るようにしておこか。そうや首の骨1個増やしとこ。」

という訳で、この最初の1人目が、人間の原型となったのである。
そして、その子孫が、みゆきさんという訳なのだ。

原型だから、その原型を見て造った他の人間は、自然と、原型に似ているという理屈だ。
だから、みゆきさんを見ると、他の人に似ているなと感じるのだ。
みゆきさんこそが、神様が最初に造った完璧に可愛い人間の原型の子孫なのである。

こう考えると、みゆきさんが、美しい訳と、みゆきさんを見て、他の誰かに似ていると感じる訳の両方に説明が付く。

ということで、凡が言っていることが、どういうことなのかを、実際のみゆきさんの写真を見て確認して見て欲しい。

ただ、この似ているか、似ていないかという判断は、個人によって、まったく違う判断に至る場合がある。

どういうことかというと、2人の人物を見て似ているかどうかを判断する場合、それを人間は、脳みそでもって、その共通点を探し、その共通点の特徴の強弱を見極めて、それで、その共通点の特徴が濃ければ、似ていると判断し、薄ければ似ていないと判断する。

その共通点を見つける場合において、どこに目をつけるかは、その人の脳みそに依るのである。
そこには、育って来た環境による差異もあるだろうし、今まで見て来た美術などの経験もあるだろう。
なので、それが違うと、判断も正反対になるのだ。

その差異が、違う判断をするという例を、凡は、ミニボンで感じたことがある。
台湾に旅行に行った時の事だ。

選挙か何かの横断幕やポスターが、街頭の、そこここに貼られていた。
見ると、誰かに似ている。

ノブさん.jpg
元の記事は、これです。⇒
https://47872029.at.webry.info/201105/article_2.html

凡も、ミニボンも、誰かに似ていると感じていた。
その誰かである。

凡は、笑福亭鶴瓶に似ていると思った。
そして、ミニボンは、ヨン様に似ていると思ったそうだ。
髪の毛は別にして、顔だけの話だけどね。

そう言われて見ても、どうしても凡には、ヨン様には見えない。
この不思議な見え方の違いに、凡は、お互いの脳みそは、どうなっているのだろうか探ってみたくなったのを思い出す。

さて、みなさんは、この横断幕の男性は、誰に似ていると思われるでしょうか。
絶対に、鶴瓶さんだよね。

そんな見え方の違いを踏まえて、凡が、みゆきさんの写真の中に見た、他の誰かを見て欲しい。
まあ、じっくりと見たら、似てないと思うのですが、ぱっと見の直感で見てくださいね。

なを、写真は、どこかにあったものを、勝手に取ってきて載せています。
ごめんなさい、みゆきさん。

スザンヌ.jpg(スザンヌさんに似てるきがするんだよね。笑った表情がさ。)

加賀まりこ.jpg(加賀まりこさんっぽい感じ。)

叶姉妹のお姉さん.jpg(わーい、色っぽいぞ。叶姉妹のお姉さんの方。)

山田邦子.JPG(お笑い系で、山田邦子さんか。)

杉本彩.jpg(綺麗だね。杉本彩さん。)

斉藤慶子1.PNG(斉藤慶子さん。他のシーンでは、もっと似てる瞬間があったけど、スクショできなかった。)

浅茅陽子.jpg(浅茅陽子さん。)

泰葉.JPG(泰葉さんぽい。)

山下智久.jpg(ちょっと男性でいってみると、山下智久さん。)

野際陽子.jpg(可愛いよね。野際陽子さん。)

鈴木京香.jpg(鈴木京香さん。)

鈴木奈々.jpg(鈴木奈々ちゃん。)

さてと。
どうだったでしょうか。
みゆきさんの中に、誰かが見えたでしょうか。
似てないと思っても、凡のみゆきさん欠乏症のなせる業だと、お許しくださいませ。

と、こんなブログを書いているのですが、もう今に至っては、事態は、さらに深刻になっておりまして。
気が付いたら、凡も精神的に、どうにかなっちゃっているようなのです。
狂いかけている。

今までは、みゆきさんを見て、誰かに似ているなと、面白がっていたのですが、先日の事です。
テレビを見ていたら、ある芸能人が映っていました。
それは、男性なのですが、アプリで女性風に仕上げた映像だったのです。

そこに、「あれ、みゆきさん?」なんて、全然、似ても似つかない人に、みゆきさんを見てしまったのです。
詰まりは、誰かを見て、みゆきさんを感じてしまったのです。

みゆきさんの中に誰かじゃなくて、誰かの中にみゆきさん。
こうなると、みゆきさんが原型だなんて、言えなくなってしまう。

たぶん、これは、恋の病のせいとしか理屈がつかないのでしょう。
よく、スイカが、恋する人の顔に見えたりする、あれなのでしょう。

ああ、凡の脳みそは、みゆきさんを欲するがあまりに、スイカがみゆきさんに見えるように、似ても似つかない男性が、みゆきさんに見えてしまったのだ。
ああ、悲しいかな、恋心。

ということで、誰が、みゆきさんに見えたのか。
、、、千鳥のノブさんである。

IMG_7023.JPG(テレビの画面を、思わずパチリ。ビール飲み過ぎの状態で、あれ、ちょっと、みゆきさんの欠片入ってるかなと思っちゃった。)
千鳥ノブ.PNG(ノブさんと思ったのは、このイメージを思い出したんだよね。)

みゆきさーん。
みゆきさんと、ノブさんが似てるなんて書いて、ごめんなさーい。
だって、みゆきさんが好きすぎて、そんなことなっちゃったんだから、仕方ないよね。
そんでもって、みゆきさんのファンのみなさま、ごめんなさーい。
だって、寂しいんだもん。

ああ、みゆきさん、あなたに、会いたいです。
ご めんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

ごめんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。