テーマ:台湾

そうだ、ソウルへ行こう!(197)台北新幹線そして、最後の寧夏路夜市。

MRTで、左営の駅まで戻り、新幹線に乗って帰る。 往路で買ったチケットの時刻より少し早く駅についたので、窓口で時間の変更をしてもらう。 そして、セブンイレブンで、ビールとおつまみを購入。 このおつまみの麻辣花生は、山椒がかなり利いていて、美味しかったです。 新幹線の左営の駅は、広くて綺麗で、インフォメーションもあり、…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

そうだ、ソウルへ行こう!(195)台湾慕情。台北の二日酔いの薬、その2。

台北で二日酔いの薬を、とりあえずは買った。 とはいうものの、ソウルほどの感激はない。 というのは、今、凡は二日酔いではないのでありまして、買っただけで、まだ飲んでいないから効果が実感として湧かないからなのだろうか。 そんな気持ちで、六合夜市に向かっていると、果たして、もう1軒の薬屋を発見。 凡の気持ちを察してか、ミニ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

そうだ、ソウルへ行こう!(194)台北の二日酔いの薬。

「うぃーっぷ。♪今日もー、いっぱい飲みましたー。♪うぃーっぷ」 なんて感じで、おじさんが二人肩を組み千鳥足で歩いている。 そんな風景をソウルでは、見かけた。 何とも嬉しい光景ですね。 でも、ここ台北では千鳥足はいない。 帰国してから知ったことなのですが、台湾の人は、あまりお酒を飲まないそうです。 事実、飲酒量…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

そうだ、ソウルへ行こう!(193)台湾慕情。三鳳宮。

高雄に行くと決めた時に、行こうと思っていたところ。 高雄の夜市です。 帰りの新幹線の時間があるけれども、台北とは違った場所の夜市を見てみたい。 とはいうものの、今から行くのには、まだ早い。 そこで、三鳳宮というお寺に行ってみることにする。 MRTの高雄まで行って、そこから歩いていくことにした。 駅で地図を見て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そうだ、ソウルへ行こう!(192)台湾慕情。台湾の震災義援金。

台湾の高雄の旗津の街にいる。 屋台を見ながら、ブラブラ歩いていると、赤い大きな横断幕が貼られているのを見つけた。 その幕の下には、長いテーブルを置いて、何人もの人が座っている。 その横断幕の文字を見て、胸が熱くなった。 日本の東日本大震災の義援金を募ってくれていたのです。 しかも、かなりの人が参加してくれていま…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

そうだ、ソウルへ行こう!(188)台湾慕情。高雄の啓明堂。

「どーん。」 大阪人は擬態語や擬音語が好きである。 「玉ねぎをトントントーンって切ってな、フライパンに油をジャーって入れて、肉と玉ねぎをバーンて放り込むんですわ。ほんでチャーって炒めたら、醤油をジューって、周りからやで、フライパンの周りからジューってやるんですわ。」 大阪人だけが見る料理番組があったら、こんな感じになる…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

そうだ、ソウルに行こう!(187)台湾慕情。高雄の春秋閣。

大きな龍の上に観音様が立っていらっしゃる。 何とも有難い風景だ。 その両脇にある楼閣が春秋閣です。 この龍の口から入るとトンネルのようになっていて、中には仏教の説話の絵が描かれています。 物語を見ながら歩いていると、体が蛇のようで顔が人間の絵があった。 きっと悪いことをしたら、こんな姿になってしまいますよっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

そうだ、ソウルへ行こう!(186)台湾慕情。高雄の龍虎塔。

南国台湾に来たのに、肌寒い。 台北にいた時は、そう感じていたのですが、新幹線の左営のホームに降り立つとすぐに、湿った暖かい空気に包まれた。 新幹線での1時間半の南下が、これほどの気温の差を生むということを知った。 この日の高雄の気温は27度らしい。 ここ高雄では、龍虎塔という蓮池潭(大きな湖)のほとりにある七重の塔に行く…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

そうだ、ソウルへ行こう!(173)台湾慕情。キャセイの機内食。

「えーとね。凡子は最近ちょっぴりー、ほんのちょっぴりだよー、ぽっちゃりさんやからー。お魚さんにしちゃおうかなー。 お兄さん、お魚さんをお願い。」 そしてミニボンは肉を選択した。 とはいうものの、2人別々のものを注文するのは理由がある、両方の味見をしたいというのもあるのだけれど、ミニボンは極端な偏食があるので、食べられないも…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

そうだ、ソウルへ行こう!(170)台湾慕情。いよいよ出発。

今日は、18日。 まさに台北に行く日でありまして、空港へ行くバスの時間を考えても、かなり早い時間に目が覚めました。 まるで遠足に行く子供のようです。 さて、今からいよいよ台北に行って来ます。 日本中が大変なことになっている今の時期に、浮かれて旅行に行くということに、後ろめたい気持ちもあるのですが、前から決めていた事でもあ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

そうだ、ソウルへ行こう!(169)台北慕情。シティスイーツ台北。

窓からさす朝日に、少しずつ凡の意識が戻ってくる。 ゆっくりと目を開け、部屋の中を見渡す。 寝癖のついた髪を無造作に右手で撫でつけながら、窓のそばに行き、窓の外の街の風景を上から見下ろす。 まだ早朝のせいか、人もまばらだ。 台北に限らず、海外のホテルに泊まった次の日の朝は、何か特別な気分になる。 それは、「今、間違い…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

そうだ、ソウルへ行こう!(168)台北旅情。チケット獲得なるも涙。

蟻の親子が凡の頭に乗っかって、さっきから凡の汗をチューチュー吸っている。 「お母さん、甘くて美味しいねー。」 「ほんと、甘いわねー。」 「甘ーい。甘ーい。」 「でもね、この頭の中の脳みそは、もっと甘いんだよ。」 「えー。脳みそはもっと甘いの。そんなの甘すぎて嫌だー。」 凡の脳みそは甘かった。 台北に行く予定を1…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

そうだ、ソウルへ行こう!(167)台湾慕情。キャンセル料とは。

諦めよう。 仕方がない、諦めよう。 台北ではありません。 4万円です。 予定を変更して、18日出発にして、台北に行こう。 そう決めたら、キャンセル料というものの存在を改めて考えさせられる。 一体、キャンセル料というものは、何ぞや。 普通で考えると、一旦注文したんだから、それをキャンセルされると、注文され…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

そうだ、ソウルへ行こう!(166)台湾慕情。4万円。

台北に行けなくなるかもしれないという状態に、頭が真っ白だ。 でも、何とかしなきゃ。 凡の予定していた16日に用事が出来るかもしれないのなら、予定を変更しよう。 行けるかどうか、はっきりしないというのは、一番困る。 そのメンバーに 16日に用事があるのかもしれないのだったら、16日を譲ることにしよう。 そして、17日に…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

そうだ、ソウルへ行こう!(165)台湾慕情。

お花畑が綺麗な公園にピクニックに行った。 芝生の感触を楽しみながら、歩いているとベンチがあるので腰かける。 春の柔らかい風に乗ってチューリップやいろんな花の香りが凡の頬を吹きすぎていく。 気持ちいい休日だなって思っていると、急に黒い雲が広がってきて、大雨に変わった。 それも凡の周りだけ集中的に降っているようだ。 お…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

そうだ、ソウルへ行こう!(164)台湾慕情・キャセイパシフィック

「正規運賃」ああ、何と晴れやかな響きなのだろう。 誰に何を言われる事もない。 爽やかなスーツを着こなして、背筋をピンと伸ばして胸を張り、堂々と歩いて行く。 そんな響きだ。 今回、凡が申し込んだのは、キャセイパシフィックの正規運賃の航空チケットであります。 「正規」と「運賃」の間に「割引」という文字が入っていますが、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

そうだ、ソウルへ行こう!(163)台湾慕情。

「ねえ、見てママ。 わーい。綿菓子だー。綿菓子だー。 ふわふわ、ふわふわ、食べたいなー。」 「ねえ、見てママ。 あのスチュワーデスさん、サラサラロングヘアーだよ。すごいなー、すごいなー。」 もし凡が小学1年生だったら、こんなふうに浮かれていることだろう。 それほどまでに飛行機という乗り物は、人の心を興奮させる何か…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

そうだ、ソウルへ行こう!(162)

ソウルへは、どんなルートで行くか。 普通で考えると飛行機だ。 凡にとって飛行機は、今でも憧れの乗り物であります。 そして、ソウルへ行くのには飛行機が便利です。 空港に着いて、さあこれから飛行機に乗るぞという瞬間は、ものすごく贅沢をしている気持ちになるものです。 これが国際線となると、なお一層特別なことをしている…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ごめんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。