テーマ:小説投稿

散散歩歩。(1094)「佳作」程度でと笑ってくれてもいいんです。でも、ただ嬉しくて。

「メリークリスマス!」 凡は、みゆきさんのテーブルに置かれたグラスに、カチリとグラスを合わせた。 「あー、先に飲んじゃってるし。それにしても、何でクリスマスイブに、餃子の王将なのよ。」 あれ?怒ってるのかな。 凡は、恐る恐る、みゆきさんの顔色を窺っている。 「だって、餃子食べたかったんだもん。」 「でも、イブだよ。ね…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ごめんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。