テーマ:きゃしゃな女性

散散歩歩。(426)はかなげな女性。

華奢な人が好きである。 儚げな人が好きである。 凡の人間の本能が、優秀な血筋を残そうとするのなら、違う人を好きになっても良さそうなものだと思うのです。 健康で、活発で、頭が良くて、美人で、そんな人を好きになるように遺伝子が組まれている筈なのです。 でも、儚げな人を好きになってしまう。 それは一体どういう神様の趣向なので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ごめんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。