テーマ:旅行

散散歩歩。(1077)夏の山陰本線・鳥取。(1)

9月6日(月曜日)。 追加で、京橋のチケットショップで買った青春18きっぷの残りの1回分を使うために出かけようと思う。 行き先は、鳥取だ。 夏になると、山陰本線に乗りたくなる。 なので、最後の1回は、山陰本線を西へ移動しようと思うのであります。 なので、本当なら、京都から西へ乗りたいところなのですが、日帰りということもあり…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

散散歩歩。(1075)信州松本、ただ行って帰っての旅。(3)

8月29日(日曜日)。 青春18きっぷで、松本市に来た翌日。 ホテル飯田屋さんの朝食を頂きに、7時ちょうどに食堂に行くと、1番乗りだった。 チェックインの時に、和食を頼んでいた。 焼き魚の定食は、安心の朝食である。 生玉子が付いていて、ホテルのオススメの食べ方は、醤油と特製の出汁を入れて、玉子かけご飯にするとい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

散散歩歩。(1074)信州松本、ただ行って帰っての旅。(2)

8月29日(日曜日)。 青春18きっぷを使って松本まで来た。 さて、晩御飯のお店でも探しに行くことにしましょうか。 まずは、ホテルのお姉さんに教えて貰ったお店を確認に行く。 ホテルの裏なので、すぐに見つかった。 まず1軒目。 お店の前に、ゴミが散乱している。 たぶん、前日に出したゴミを、カラスか犬が漁ったのだろう。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

散散歩歩。(1073)信州松本、ただ行って帰っての旅。(1)

8月の終わりの話です。 休みがあったので、ちょっと出かけてみようかと思った。 ちょうど、青春18きっぷの時期でもあるので、それで行こうと思うのだが、今年の夏は、もう既に1枚、詰まり、5日分使ってしまったので、別に2日分確保しなければいけない。 なので、京橋駅のいつものチケットショップで、2回分は無かったので、3回分の残のあ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

散散歩歩。(1065)青森あたりから始める旅。(6)

6月7日(月曜日)。 今回の旅行の最終日。 今日は、もうただ大阪への帰路につくだけの日である。 まずは、仙台ビジネスホテルの朝食を頂きに、1階の食堂に行った。 客は、1名ぐらいで、テーブルに座ると、スタッフの男性が、松花堂のお弁当を持って来てくれた。 豪華なものではないが、メインの白身魚は、ちゃんと調理したもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散散歩歩。(1063)青森あたりから始める旅。(4)

6月5日(土曜日)。 青森の2日目は、朝から亀ヶ岡遺跡の近くまで行ってきた。 そして今、JR木造駅から、そのまま、JR新青森駅まで移動。 一旦、改札を出て、土産物屋などを物色。 しかし、旅の途中では、これと言って買うものもなく、八戸に向かうべく、みどりの窓口に行ったら、次の新幹線が、もう発車しようとしている。 ギリギリ滑り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散散歩歩。(1062)青森あたりから始める旅。(3)

6月5日(土曜日)。 青森に着いた2日目である。 ネットの情報では、このホテルJALシティ青森では、朝食が美味しいらしい。 1階のレストランに行くと、既に、サラリーマンなどで賑わっている。 さらっと料理を見渡してみると、それほど料理のカウンターは広くはないが、青森を感じさせる料理が目立つ。 こういうのが旅行に来ている身…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散散歩歩。(1059)新幹線と特急を楽しむ旅。広島~呉~松山。(4)

4月23日(金曜日)。 「松山・広島割引きっぷ」というお得な切符を使って、呉までやってきて、次の日の朝。 ホテルの前にあるファミレスのジョイフルで、朝食セットを頂く。 今日は、呉から、フェリーで松山に移動して、最終的に、松山から岡山経由で大阪に帰る予定だ。 (玉子焼きの下に、シャケの塩焼きがある。不思議な盛り付け) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散散歩歩。(1058)新幹線と特急を楽しむ旅。広島~呉~松山。(3)

4月22日(木曜日)。 「松山・広島割引きっぷ」というお得な切符を使って、呉に来ておりまして、ホテルにチェックインもして、温泉にも入って、これから晩御飯を食べにでも出かけようかということなのであります。 呉の街は、以前にも来たことがあって、その時は、屋台で飲み過ぎて、ひどい二日酔いになったことを覚えている。 観光案内所のお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散散歩歩。(1057)新幹線と特急を楽しむ旅。広島~呉~松山。(2)

4月22日(木曜日)。 「松山・広島割引きっぷ」というお得な切符を使って、呉に来ている。 呉と言えば、軍艦と潜水艦を見たくなる。 海上自衛隊の呉基地があるからね。 以前に横須賀の軍艦のクルーズみたいなのに行ったことがあるのですが、あれはあれで、アメリカの空母とか見られて楽しかったのですが、ちょっと遠くから見るという感じな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散散歩歩。(1041)熊本、鹿児島・なんとなく旅。(4)

1月15日(金曜日)。 鹿児島の最後の夜。 凡は、ホテルを出て飲み屋に向かった。 さて、今日は、昨夜の歩き回ったリサーチで、美味しそうな店構えの居酒屋があったので、そこで飲んでみようと思う。 「分家 無邪気」さん。 L字型にカウンターがあって、テーブル席は、すでに埋っていた。 2階もあるようだ。 そのカ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

散散歩歩。(1039)熊本、鹿児島・なんとなく旅。(2)

1月14日(木曜日)。 今日は、幣立神宮に行くと言うのが最大の目的だ。 そして、これからの予定を考える。 幣立神宮に参拝したら、鹿児島へ行こうと漠然と考えていたが、やっぱり、そのルートで行こう。 なので、今日中に、鹿児島に移動。 んでもって、次の日は、鹿児島をブラブラ。 そのまま鹿児島に泊って、次の日の早めに飛行機で大阪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散散歩歩。(1038)熊本、鹿児島・なんとなく旅。(1)

1月13日(水曜日)から16日(土曜日)まで、4連休があったので、ちょっと旅に出かけてきました。 今の時期に、旅行に行くことについては、批判する人もあるでしょう。 それに対して書きたい気持ちはあるのですが、それだけで長くなってしまうので、今回のレポートでは割愛。 行き先は、まずは、以前から行きたいと思っていた熊本の幣立神宮…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

散散歩歩。(1034)出雲で、うさぎさんの温泉に入る旅。(2)

凡の旅のブログでありますが、話は、まだまだ昨年のところで止まっております。 ということで、再開させていただきます。 もし、よろしけばお付き合いくださいませ。 12月16日(水曜日)。 ホテル月夜のうさぎさんで、目覚める。 朝は、もう1つある大浴場に行ってみよう。 雲の湯。 広さは、少し、昨夜のより広いのかもしれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散散歩歩。(1028)近鉄全線乗り放題きっぷの旅。(その1。序章)

仕事を終えて、帰宅途中のJRのシートに座って、ぼんやりと吊り広告見ていると、あるJRのお得な切符が目に留まった。 「どこでもドアきっぷ」 どらえもんのイラストとコラボしていて、目の前のドアを開けたら、行きたいところに、ワープ出来るんじゃないかという期待を持たせる楽しい広告だ。 2日間、JR西日本の新幹線、特急の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散散歩歩。(1024)釧路で気まま旅。(2)

10月26日(月曜日)。 釧路に到着して、駅前を少し歩いて、観光案内所で聞いた米町公園に行ってみようと思うが、その前に、ホテルにチェックインしよう。 港文館のお姉さんとお別れして、まずは駅に戻る。 コインロッカーから荷物を取って、また繁華街の方に歩いていく。 ホテルは、繁華街の中にある。 今日のホテルは、「…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

散散歩歩。(140)父の遺言と旅行宣言。

お風呂上りに冷たいビールを一気に喉に流し込むのは爽快だ。 そんな身分ではないのだけれど、凡は毎日ビールを飲む。 とはいうものの、発泡酒か第3のビールなのですが。 19歳ぐらいだろうか、それ以後毎日欠かさず飲んでいる。 毎日毎日、飽きもせずにね。 でも、その飲酒生活の中で、3か月ほど禁酒をしたことがあります。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

散散歩歩。(106)牛黄のオブラート。

疲れている。 日々の生活に、疲れている。 凡が家に帰ると、玄関のドアを開けるなり、ミニボンが聞いた。 「疲れてる?」 「うん、疲れてるよ。」 「ヘトヘトに疲れてる?」 いつもミニボンには、何を言ってもいい加減な返事しかしないなんて言われているのだけれど、凡は心の中では意外と正直に、そして正確に答えようとしてい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

散散歩歩。(105)疲れている毎日、そして温泉計画。

最近、日々の生活に追われ、ブログの更新も怠りがちだ。 どうも余裕がなくて、いけません。 それでも、22日から2日間の休みが取れたので、温泉でも行こうかと思い立ちました。 とはいうものの、その休みが確実に取れそうだという事になったのが、18日でありまして、さあ、どこに行こうかと迷うところであります。 帰りの京阪淀屋橋駅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そうだ、ソウルへ行こう!(152)

旅行に行くと、その土地でしか買うことが出来ないものをお土産に買いたいなと思うのは誰でもそうでしょう。 まして海外旅行となると、日本では売っていないものが多いので、あれもこれもと買いたいものが出てくるのも仕方がないですよね。 ソウルへ行った時はステンレスの箸や、台北に行った時はピンク色のペナペナのプラスチックの食器など、思わず…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

そうだ、ソウルへ行こう!(147)

旅行をすると色んな匂いに出会いますね。 台湾や香港の市場や食堂に行くと、特に独特の匂いがします。 魚や肉の生臭い匂いや、香菜や香辛料の匂い、フルーツの甘い香りなどが、生暖かい空気の中に溶け込んでいます。 湿った暑さの中で腕や首筋にじっとりと汗をかきながら、その匂いをかぐと「帰ってきたぞ、」って叫びたくなります。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

そうだ、ソウルへ行こう!(146)

駅に着くと何故か食べたくなるもの。 「駅そば」 旅行に行くとその土地の美味しいものや名物を食べてみたいと思うものです。 しかし、列車が駅に着いた時に、凡の鼻腔を鰹と醤油のすごくいい香りがすごくいい塩梅にくすぐる。 そう駅そばだ。 どうして駅そばの香りはあんなにも食べてみたいという衝動を起させるのだろうか。 食…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

そうだ、ソウルへ行こう!(145)

ミニボンが1泊2日の別府旅行に出かけた。 旅行にはミニボンの高校時代の友達と一緒に行く。 その友達は広島に住んでいるので、ミニボンは大阪から新幹線に乗り、広島で合流するという予定である。 そして、小倉で別府行きの在来線の特急に乗り換える。 JRできっぷを買うのにミニボンが凡に言った。 「小倉の乗り換えが12分やけど…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

そうだ、ソウルへ行こう!(144)

別府温泉にミニボンが高校時代の友達と1泊2日の旅行に出かけた。 なので昨夜から一人だ。 万歳!今日は独身貴族だ。 (いや、寂しい。ミニボンがいないなんて寂しい。) しかし、折角の一人。一人にしかできない事をしよう。 昨日の朝からいろいろ考えていたのだけれど、何しろ昨日は仕事だ。 真っ直ぐ帰宅しても9時30分ぐ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

散散歩歩(4)とっとり花回廊・気持ち悪いチューリップ

皆生温泉への1泊2日のバス旅行。 温泉に浸かってゆっくりとするのもいいものです。 でも、夕食まで時間があるとなると少しでも観光をしてみようかなと考えるのは貧乏性の寂しい習性でしょうか。 取りあえず皆生温泉の近くにはこれといった観光名所がないので米子駅までバスで出ることにしました。 駅の観光案内所で、今からどこかへ行き…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

そうだ、ソウルへ行こう!(116)

いざトッポギを注文しようと思ったが壁のメニューが全く読めない。 それはそうですね、凡はハングルを知らない。 日本語のメニューもなさそうだ。 とりあえず、オッチャンにトッポギ2人前とジェスチャーで注文。 材料は簡単なのですぐに鍋に入ったトッポギが運ばれてきた。 鍋にはトッポギの他に、春雨のようなものや…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

そうだ、ソウルへ行こう!(115)

さあ、ソウルの街へ出かけよう。 そして、その前にミニボンがどうしてもしておきたいことがある。 ミニボンはキノコを食べない。 嫌いというよりはキノコの存在自体を恨んでいるようだ。 なのでキノコを食べれないという韓国語が必要となるのである。 出口の前のコンシェルジュに、キノコを食べれないとメモ帳に書いてください…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

そうだ、ソウルへ行こう!(114)

食事が終わったらトイレに行きたくなった。 しかし、凡は慌てない。 何故ならビジネスだからだ。 トイレはコックピットのすぐ後ろにある。 ここは一応ビジネスのトイレも経験しておこう。 さあ、どんな豪華なトイレだろう。 と思って行ってみたが、普通のエコノミーと同じだった。 むしろ、飛行機が小さいので壁が飛行機…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そうだ、ソウルへ行こう!(113)

飛行機が安定飛行に入ると、男性の客室乗務員の方がメニューを恭しく配りだした。 エコノミーではこんなことはない。 凡はそれを受け取り、座席数12という狭い空間で、恥ずかしいとは思いつつも記念に写真を撮った。 何々、メインディッシュは、牛肉とキムチの炒め物かオムレツですか。 こういう場合、凡とミニボンは違うメニューを選択…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

そうだ、ソウルへ行こう!(110)

アシアナのカウンターで手続きも終わり、いよいよ飛行機に乗り込むだけとなりました。 ほっとすると急にお腹が空いてきました。 そういえば、朝から何も食べていない。 とはいうものの、これからデラックスクラスでの豪華な朝食が待っています。 あまり沢山食べてはいけない。 空港内をぶらぶらして食べるところを物色してみた。 …
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

ごめんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。