テーマ:ココロ

ココロのハズレ。(6)あと何年。

神様というものがいらっしゃるのなら、どうしても是非ともお聞きしたいことがある。 「神様。凡の余命は後、何年でしょうか。何ヶ月でしょうか。何日でしょうか。」 人間は何時死ぬか判らない。 今この瞬間に何かの具合で死んでしまうかもしれない。それは事実だ。 でも、何年生きられるかは人によって違う。 20歳の若者と凡…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ココロのハズレ。(5)断言する坊さん。

お守りはいらないと思うのでありますが、果たして「坊さん」はいるのだろうか。 勿論、坊さんといっても色んな宗派があるので、一口に坊さんと言ってしまっては、いささか乱暴な気もします。 確かに、葬式や法事の時にお坊さんがいないと、どうにも締まりのない展開となってしまうだろう。 でも、お経を唱えて頂いて、何となく納得してしまってい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ココロのハズレ。(4)プラスかマイナスか。

口笛を吹きながら、因縁果報の法則とやらを受け止めてみようとしているんだけれど、どうもやっぱり、逃げ出したいよ。 嫌な事はないほうが絶対にいいに決まっている。 辛い事は経験したくないに決まっている。 辛い事を経験したい人がいたらそれは「マゾ」だ。 「いやーん。もっと痛くして。」 その因縁果報の法則を宗教家たちが布…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ココロのハズレ。(3)「素」でいられないのも「素敵」だ。

お守りなんていらない、「素」のままの自分でいいのだ。 そう思っていても、何か辛いことや悲しい事が起こると、そこから逃避したり、簡単な方法で解決しようと考えてしまう。 でも、それはそれでいい。 そうやって生きていくことしか出来ない自分だから、そうやって生きていけばいいのだ。 苦しくてもがくことしか出来ないから、もがいて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ココロのオマケ。(ハズレ。)(2)お守りは捨てよう。

凡は子供の頃からUFOや幽霊、不思議なことが大好きでした。 怖い怖いと思いながらも怪談などをテレビで見て、夜中に暗い部屋の隅に誰かいるのではないかとビクビクしながら眠れない事もありました。 それは今でも変わっていないようで、不思議なものがあるとついついそれについて知りたくなるのです。 なので、家にはパワーストーンや脳波…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ごめんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。