そうだ、ソウルへ行こう!(18)

飛行機に乗ったときの楽しみといえば、勿論素直に「今、空を飛んでるんだぞ!」という実感でしょうね。

小さな窓から見える地上の様子や、雲の海を越えて飛んでいるのを見るだけで単純に感激してしまう。
テクノロジーの進歩はすごいですね。
凡は死ぬまでに宇宙旅行をしてみたいです。

そして、凡のもう1つの楽しみといえば、機内食です。

勿論、凡はエコノミーしか乗ったことがないのですが、それでも待ち遠しいのです。

まず飛行機の座席についたら、前の座席のポケットに挟んである機内誌に目を通します。
航空会社によっては機内食の配られる時間やメニューが書かれていることもあるからです。

最近はインターネットという便利なものがあるので、勿論出発前に航空会社のホームページをチェックするのですが、機内でも確認はしなければいけません。

機内食の前にまず、飲み物のサーブが始まります。以前はバーボンのソーダ割りなどを注文したりしたこともありますが、最近はビールばかりですね。

凡が旅行をする場合、日程がタイトな場合が多く、あまりここで酔っ払うと現地の時間がもったいないので往路はビール1本で我慢しなければいけません。

どうして機内食はあんなに楽しいのでしょうか。
狭いトレーに小さな器が隙間なく並べられていて、慎重にナイフとフォークを使わないと落っことしてしまいます。

量だってほんの少しだ。
それを肩をすぼめながカチャカチャしながら食べるのが楽しい。

最近はテロ対策でフォークとナイフがプラスティックになってしまったのが少し寂しいが。

そこで思いつくのが「松花堂弁当」あれは地上の機内食なのじゃないだろうか。

松花堂弁当も何故か食べるのが楽しいですよね。

機内食で思い出すのが悪夢のような出来事だ。

凡は香港行きのJALに乗っていた。

そして、待ちに待った機内食。
おそらくその機に乗り合わせた乗客の誰よりも心待ちにしていたんじゃないかと思う。

スチュワーデス(今でもこう呼びたいな。)さんが前の座席から配りだした。

凡はミニボンと2種ある料理のどちらにするかを検討していた。
ミニボンは食べ物の好き嫌いが激しいので、こういう場合凡とミニボンは違った種類を注文する。
嫌いなものだったら交換できるからだ。

さて、いよいよ1つまえの座席に配り終えて凡の番だと思って待っていると、
料理が切れたのかワゴンをひっぱって戻って行った。

「シュン」
そんな心の声を呟いてしまいそうだった。

しばらくして戻ってきたスチュワーデスは、凡の1つ後ろの席からまた機内食を配りだしたのである。

「えーーーっ、そんなアホなーーー。」

この機に乗り合わせた乗客の中で、一番機内食を心待ちにしていた凡の機内食やーい。
スチュワーデスは全く気がつかず行ってしまった。

この悪夢のような事件以来、凡はなるべくJALは乗らないようになってしまった。
機内食の恨み恐るべし!

そうだソウルへは韓国の飛行機で行こう。
ご めんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い 面白い
ナイス

この記事へのコメント

2010年03月27日 16:52
しかし間抜けなスチュワーデスですね

海外旅行の最大の楽しみと言っても過言ではないのに、忘れるとは・・・

自分も極力JALには乗らないようにしています!
だって大韓航空の機内食の方が、数倍良いんだもん!
凡蔵。
2010年03月28日 01:51
とっちゃん。
そうなんですよ。
こんな事がありうるでしょうか。
でも、現実に私の身に起きたことなんですよ。

しかも、その後マイレージカードの案内があって、今乗っているこのマイレージもお付けしますなんて言うので、じゃあ入りますって言ったら、「ちょっとチケットを拝見します。あ、このチケットは格安のツアーのチケットなんでマイレージは付きません。」って言うんです。

じゃあ、始めに言って欲しかった。
というような事があってJAL否定派になってしまいました。
2010年03月29日 23:47
なんだか失礼な対応ですね
だいたい格安チケットだろうとマイレージを付けるべきですよね~
そもそも飛んだ距離に対してのマイルなんですから!
空席よりも少しでも乗客をって事でツアー会社に席をまとめて売っているんですからね!

いやなら自力で販売すればいいではあ~りませんか!

今時個人で定価の航空券を買っている人っているのでしょうかね?
ほとんど何かしらの割引チケットで乗っているはずですよね!
凡蔵。
2010年03月30日 12:57
ありがとう、とっちゃん。
そうそう、元をたどればJALさんが売ったチケットなんですもんね。
全部付けたっていいじゃあ~りませんか。

それにしても、航空券の正規の値段て何であんなに高いのでしょうね。
値引きチケットとの差がありすぎますよね。

この記事へのトラックバック

ごめんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。