そうだ、ソウルへ行こう!(66)

メリークリスマス!

クリスマスイブに休むというのは何年ぶりだろう。

今年は、24日が休みになった。
さて、どうしようかと思った。

普段のクリスマスイブは普通仕事なので、それにいつも残業だから、もうイブも終わりかけの時間に帰ってくるのであります。
なので、これと言ったこともしません。

しいて言うならば、鳥のから揚げを食べる事ぐらいでしょうか。

別に鳥を食べなくてもどうと言う事はありません。鳥のから揚げなんて、いつも王将に行ったら頼むメニューだし、居酒屋でも大体において頼むメニューだ。
それでも鳥を食べようとするのは、クリスマスの雰囲気を味わいたいからだ。

そして、今日はイブで休み。
凡とミニボンは映画を見に行く事にした。

最近はミニボンと一緒に映画を見に行く機会が少なくなった。
というのは、凡とミニボンの映画の趣味が全く違うからであります。

凡は香港映画に始まり韓国や大陸の映画が好きなのですが、ミニボンはあまり見ません。
なので、凡は凡で一人で映画を見に行くのであります。

映画は前のほうで見るのが好きです。
映画を見ている間、その映画の世界に入り込みたいからです。

先日、「エグザイル・絆」という大好きなジョニー・トー監督の映画を見に行ったときは、そんな人ばかり集まってきた
のか、凡の座った座席の横1列は全員中年の男性でありました。
その時は平日で空いていたのでありますが、凡の周りだけ香港の(この映画の場合はマカオですが)世界に入り込みたい人ばかり集まったようであります。

今日は、ミニボンと凡の意見が一致したのであります。
その映画は「アバター」の3Dです。

凡は昔から3Dが大好きで3Dの映画や、イベントがあると、一人で出かけておりました。
今回は2人の意見が一致したわけであります。

映画は迫力もあり、映像も綺麗で、二人とも楽しめました。

それで、映画が終わって出口で3Dを見るための偏光グラスを返すのですが、後ろのカップルの声が聞こえてきました。
映画館の係員に文句を言っていました。

「メガネがおかしい。立体に見えへんかった。」

この映画は3時間あるのでありますが、立体に見えない状態でよく3時間も見たなと思ったのですが、そのカップルが可哀想でなりませんでした。

凡の推測では、偏光グラスがずれていたか、座る座席の位置が端の方だったんじゃないだろうか。
凡にもこのカップルのような寂しい過去があるので良く解ります。

昔、「ジョーズ3」という映画が上演されたことがありました。
これも3Dの映画だったのであります。
当然凡は大好きなので見に行きました。

凡は座高が高いので、後ろの人に背の低い人が来たら悪いなという気持ちがあり、いつも中央より少し横の席に座ることが多いのであります。
その時は、席が空いていなくて、かなり端に座りました。

3D映画を満喫しようと思ったら、左右の位置は、真ん中に座らないといけません。
端のほうでは上手く立体にならないのであります。

凡はジョーズ3を見に行ったとき、皆が立体に驚いて、「うぉー。」と歓声を上げた時も、凡だけはそれほど立体じゃないので、シュンとなっていました。

皆が迫力ある立体のシーンで「うぉー。」と言うたび、凡はシュンです。

映画が終わった時は、半べそ状態でありました。
なので、今日の後ろのカップルは身につまされたのであります。

そうだ、ソウルでは3D映画は人気があるのだろうか。
ご めんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

ごめんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。