そうだ、ソウルへ行こう!(118)

画像

ここらでちょっと一服しよう。

あまりハードに廻っても疲れるし、ミニボンの体調が心配だ。
ミニボンが小脳で出血して入院してからは、あまり血圧が上がることは避けている。

遊園地のジェットコースターなんかも乗らない。
あまりハードなことは止めておこう。

ということもあり、折角インサドンに来たんだから、どこかのお店に入ってみたい気もする。
ガイドブックなどにも伝統茶の紹介がある。

でも、今回ソウルに来て気がついたことがある。

以前来たときよりも10倍は日本人が増えている。
街のどこをあるいても日本語が聞こえてくるのである。

なので、ガイドブックに載っているお店に入ると日本人まみれになる可能性が大であると想像できてしまう。

ここはひとつ適当にお店に入ってみよう。

通りを歩いていると、ちょっと高級な伝統茶のお店もあった。
雰囲気はいいなと思ったのだが、ぶらぶらしながら探している間に通り過ぎてしまった。

ふと通りからちょっと入ったところに伝統茶の写真が載ったのぼりのような垂れ幕が目に入った。
写真だから良く解る。
それに2900ウォンからという文字も見える。

画像


うんここにしよう。

この垂れ幕がなんとも、若い人向きでもあり、すこしチープな雰囲気もあり、観光客がわざわざチョイスしないだろう雰囲気がある。

画像


狭い階段を2階に上がっていくと、普通の喫茶店という雰囲気の入り口があった。

中に入ってテーブルに着くと、お姉さんが注文を取りに来た。
ここはお姉さんが2人とそのお母さんのような人と3人でされているようだ。

何を注文していいか分からないが、「五味子茶」と「なつめ茶」を注文。

お茶が出てくるまで喫茶店の中をキョロキョロ見回す。
入り口の横には座敷の席もあるようだ。
座敷には若いカップルが1組いた。

テーブルの上にはノートが置かれている。
開けてみるとハングルで書かれたラクガキノートのようだ。
何を書いているか解らないが、とにかく地元の人が多いんだろうなということと、若者が多いんだろうなということが解る。

ぱらぱらめくると日本語も出てきた。
でも、2名ぐらいでほとんどは韓国人だ。

お店のチョイスはとりあえずは良かったかもしれない。

画像


まず、お茶請けが来た。
柿を凍らせたものだという。
シャーベットのようでもあり、柿はもともとそんなには食べないが、これはちょっといけた。

その後に運ばれてきたお茶は、熱々でなかなか飲めない。
それに独特の風味で、正直毎日飲みたいなあという味ではなかった。

かなり味が濃いので、飲んだ後に水かさっぱりとしたお茶が飲みたくなる。

二つのお茶を飲み比べてみると、まだ五味子茶の方が甘酸っぱくて飲みやすい。

しかも、このお茶の量が多いのです。
残しては悪いと思って飲み干した。

しばらくすると、地元の男子学生が入ってきて凡の後ろに座った。
地元の人はこの伝統茶をよく飲むのだろうか。

アイスにしたらもっと飲みやすいかもしれないな。
これは1回経験したんでもういいだろう。

さあ、また歩き始めるとしよう。


画像
ご めんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2010年03月14日 23:18
五味子茶ですか!
なかなか良いじゃないですか~
自分は冷やしたのが好きですね
しかし凡蔵さんのブログを見れば見るほど、韓国に行きたくなってしまいます・・・
いくならやっぱりソウルが良いかなぁ?
贅沢は言ってられないので、釜山でもどこでも良いから韓国グルメ&韓国のパワフルさに触れたいです・・・
凡蔵。
2010年03月15日 10:45
とっちゃんさん。

やっぱり冷やしたほうが美味しいのかな。
熱いのは結構味が濃かったので、お茶じゃなくデザート感覚で飲んだほうが美味しいかもと思いました。

私も行けるんだったらソウルじゃなくても行きたいですよ。韓国以外でもどこでも。

釜山も行った事がないので、行ってみたいのですが、ソウルと比べるとソウルになっちゃいます。
2010年03月16日 14:57
釜山のチャガルチ市場で海鮮鍋(ヘムルタン)や魚介類なんか良いですよ~
でも観光客価格になりつつあるようですね
釜山も良いですが、済州島はまさに韓国のリゾートって感じで良いですよ~
ソウルと違って屋台などは全く無く、花や柑橘類が豊富で海鮮類も美味しいし、物価もソウルより安いです
済州島は2泊3日で29800が相場ですね!
しかも朝便発で帰国便は夕方ってパターンがほとんどだから、かなり充実しています。
どちらの範囲が広くないので、夕方からの自由時間も楽しめるので、是非検討してみて下さい
凡蔵。
2010年03月18日 09:59
済州島は海産物も美味しいそうですね。
話にはよく聞くのですが、ソウルより物価が安いとは思わなかったです。リゾートなんで高いのかなと思っていました。
リフレッシュできそうですね。
、、、でも、奥さんとリゾートか。、、、?

この記事へのトラックバック

ごめんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。