そうだ、ソウルへ行こう!(116)

画像

いざトッポギを注文しようと思ったが壁のメニューが全く読めない。

それはそうですね、凡はハングルを知らない。
日本語のメニューもなさそうだ。

とりあえず、オッチャンにトッポギ2人前とジェスチャーで注文。

材料は簡単なのですぐに鍋に入ったトッポギが運ばれてきた。

画像


鍋にはトッポギの他に、春雨のようなものや、ゆで卵、インスタントラーメン、練り物のようなもの、キャベツなどが入っている。

鍋にはヤカンに入った水と、何故か安物のオレンジジュース、それに沢庵が付いてくる。

このオレンジジュースは何なのだろう。
多分、トッポギが辛いので、甘いジュースとさっぱりした沢庵がついているのだと推測。

あれ、あまり辛そうじゃないなと思っていると、煮ている間にだんだん辛そうな赤色に変わってきた。

凡はもう少し煮たいと思っているのに、ミニボンはさっさと食べ始める。

「まだ早いんちゃうん。」

「だって、お腹が空いてるから。」

「もうちょっと待った方がいいんちゃう。あ、もうインスタントラーメン食べてる。ああ、もう食べられてしまう。あああ、インスタントラーメン食べられたれいややから凡も食べよ。」

仕方なく、凡も食べ始めたが結構な量がある。

煮ている間に水分を吸って膨らんでくるのだろう。

画像


最後のほうになるとだんだん辛さが増してきて美味しくなる。
凡は辛いものが大好きだ。
もっと辛いのを想像していたのだけれど、これぐらいが丁度ミニボンと食べるのにはいいぐらいかもしれないな。

お腹が空いていたので一気に食べてしまった。

会計をすると、メニュー通り丁度10000ウォン。日本円に直すと800円ぐらいか。
2人で鍋をつついて800円なら安い。

お店の表に出て、オッチャンと記念撮影をしてもらう。

画像


誘われるままにお店に入ったのでお店の名前を知らない。
オッチャンにお店の名前をメモに書いてくれと頼んだ。

「お店の名前を書いてください。みんなに紹介するから。」

「名前?私の名前。」

「違う、違う。お店の名前。」

「私の名前は、、、。」とオッチャンは自分の名前をメモに書き出した。

オッチャンはホンの少しの日本語の単語しかしらないので、お店の名前も通じない。

「違う、違う。お・み・せ・の・な・ま・え。」

「住所?私の住所は、、、。」

あれ、こんどはオッチャンの住所を書き出した。
お店の名前をメモに書いて欲しかったんだけど、オッチャンの名前と住所をメモしてしまった。

まあ、いいか。
でも、若い女の子の名前と住所なら嬉しいけれど、オッチャンの名前と住所を書かれても、それほど嬉しいということもない。

しかし、まあ楽しいおっちゃんと楽しい食事が出来たので満足だ。

帰りにトッポギタウンの入り口を通ったときに有名店を覗くと、やっぱり一番流行っていそうだった。
でも、今回はオッチャンのお店で正解。
楽しかった。

さあ、これからどうするか。

中途半端な時間だから、中途半端な距離のところがいい。

そうだ、とっちゃんさんがコメントで薦めてくれた仁寺洞(インサドン)に行ってみよう。
可愛い小物のお店なんかが沢山あるそうなので、丁度晩御飯までの腹ごなしの散歩にいいだろう。

インサドンへは地下鉄で安国まで行ってぶらぶら歩こう。

さあ、インサドンはどんなところかな。


画像
ご めんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い

この記事へのコメント

2010年03月12日 18:16
凡蔵さんが手にしているのは、指差し会話帳韓国版ではありませんか?
おれは便利ですよね~
異国の知らない人とも多少なら簡単にコミュニケーションがとれるんですからね~

しかしトッポギが入った鍋、プデチゲのような感じなのかな???
それにしても安くて量があって、尚且つ美味しいとは最高ですね
これだから韓国旅行は辞められませんよね~
10000ウォンとは嬉しいですね
メクチュやソジュは飲まなかったのでしょうか???
非常に気になりますね・・・

このあと仁寺洞に行ったのですか?
もしお気に召さなかったら、責任感じちゃうな
でも凡蔵さんはともかくミニ凡さんはたぶん気に入ってくれたんではないでしょうか?
何か良い品物が見つかったかな?
今後も楽しみにしていますよ~
凡蔵。
2010年03月13日 14:21
とっちゃんさん。

残念ながら、指差し会話帳じゃないんです。
ミニボンが旅行前に作った自家製のノートで、地図を縮小して貼ってあったり、ちょっとしたメモを書いています。

ホテルのコンシェルジュさんに「きのこが食べられない」と書いてもらったノートです。

トッポギ鍋を注文する前に、オッチャンに見せて確認しのでです。

プデチゲは食べた事がないのですが、たぶん味付けはおなじようなものじゃないでしょうか。
でも、トッポギ鍋にはハムやソーセージは入っていません。餅やラーメンなどの炭水化物系です。

ビールは飲まなかったんです。
いつもなら鍋にはお酒となるところなんですが、今日はソウルの初日。これから深夜まで行動する予定なので、ちょっとセーブしました。

それに、このオレンジジュースが気になって。
トッポギ鍋にはオレンジジュースが定番なのかなって思って。
オレンジジュースで食べてみることにしました。

インサドンは、ショッピングにもいいし、食べるお店もあって楽しかったです。

とっちゃんさんのコメントに感謝です。

この記事へのトラックバック

ごめんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。