散散歩歩。(26)ベスト・キッド。

アチャーーーッ。アチャ、アチャ、アチャーーー。

カンフー映画は面白いですね。

子供だけじゃなく、大人だって真似をしたくなる。
ブルース・リーさんは真似をしたくなる俳優の一番かもしれませんね。

凡は香港映画が大好きで、昔はジョン・ウー監督の映画とか、最近はジョニー・トー監督にハマっています。

なので、どうしても黒社会の映画を見ることが多くなるのですが、学生時代はカンフー映画も良く見ました。

そんなカンフー映画の中でも、ジャッキー・チェンさんは、その演出においてコミカルな動きを取り入れたという点において素晴らしいと思う。
「酔拳」は、これまた真似をしたくなるカンフーの第一番だ。

そんなジャッキー・チェンさんが出演されている「ベスト・キッド」を見てきました。

たまたま、ミニボンと休みが同じだったので、一緒に行きました。
普通は、凡とミニボンは見たい映画が違うので、凡は一人で見に行くのですが、今回はミニボンも見てもいいというのと、夫婦割引というのがあって、夫婦のどちらかが50歳以上だと、一人1000円で見ることができるのです。
ちょっと寂しいけど、ラッキー!

ジャッキー・チェンさんが見たいというのも行った理由ですが、もともとの「ベスト・キッド」も好きなのです。

原作もいいですよね。

カラテの映画だけれども、人間の生きかたにも通じるスピリットが描かれていて、すごく見ていて惹かれるものがあります。

それで、今回のベスト・キッドを見ての感想です。

ベリー・グッド!

特に原作のベスト・キッドを見たことのある人は、原作の部分がコレなんだなとすぐに分かるようになっていて楽しいんです。

それに、主役のジェイデン・スミスの表情が本当に可愛くて、それに演技もすごく上手かった。

でも、演出の部分で不満な点があります。

それはジャッキー・チェンさんの人物の演出です。

原作では、「ミヤギ」さんというアパートの管理人でカラテの達人の人物設定が、どこか人生を達観しているような雰囲気をかもし出していて、映画全体の雰囲気が単なるカラテ映画ではなく、もっと大切な何かを伝える映画になっている。

それに比べてジャッキーは、始めからみすぼらしい雰囲気で、どこかココロを閉ざした暗いイメージが最後まで続いていて、ちょっとスッキリしない部分がある。

それに、今回のベスト・キッドは、あまりにも完璧に作り上げようとしている部分に余裕のなさを感じるのは凡だけだろうか。

原作は、いかにも弱そうな主人公が成長していくんだけど、それでも最後までカラテは強く見えない。
でも、逆にミヤギさんとの温かい交流が描かれているし、ゆっくりとした流れで進んでいく。

全体を通してカラテを知っている日本人には突っ込みどころ満載なのだけれど、そこがまたいいんです。

でも、今回のベスト・キッドも本当に楽しかったですよ。

最後に試合で、主役が攻撃をしたあとに「笑顔」をするんだけど、そこではミニボンも笑っていました。(この意味は映画を見てないと分からないですが。)


映画館を出て、なんばパークスをブラブラしていると、「ナッツダム」という豆のお店があった。

色んな豆を売っているのですが、挽きたてピーナッツというものを発見。

その場で、千葉産のピーナッツをペースト状に挽いてくれるのです。

これは美味しそうだ。
買ってしまった。

家に帰って食パンに塗って食べてみる。

ピーナッツをそのまま挽いているので濃厚だ。
濃厚すぎて口の中がカラカラになる。

それに、濃厚なので食パンに塗って食べただけで、もうお腹がいっぱい。
朝に食べたらお昼はいらないかも。
それだけお腹にドンとくる。

ということは、逆にダイエットに使えるかもですね。

画像



ご めんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

2010年09月04日 17:06
焼きたて?と言うか炒りたての落花生を食べてみたいですが、そこには売っていたのでしょうか?
時々茹で落花生をつまみに出すお店はありますけどね・・・

ところで殻付きの落花生って、どうやって食べられるようにしているんでしょうね???
やっぱり炒ってるのかな???
凡蔵。
2010年09月06日 14:08
ありがとう、とっちゃん。
炒りたての落花生は無かったですよ。
みんなもうビニールの袋に入っていました。

そういわれれば、そうですよね。
殻ごと炒ってるのでしょうか。
でも、焦げた落花生の殻を見たことがないですよね。
2010年09月06日 16:02
凡蔵さん、ふにゃふにゃになった茹で落花生は意外と美味しいですよね~
あれは殻から出してありますが、剥いてから茹でているのかな???
意外と落花生の謎は多いですね・・・
2010年09月06日 22:31
ベストキッドは見てないんですよ~
今回の主役の子はウィルス・スミのお子さんと言う事で注目されてますネ
DVDが出たら見てみようかな♪

コレは美味しそうですネ!東京にはあるのかしら?早速検索してみます。お料理にも使えそうですから重宝しそう♪
落花生のなぞ、分かったら教えて下さい(^^♪
凡蔵。
2010年09月08日 14:58
ありがとう、とっちゃん。
茹でた落花生は今まで、1回か2回しか食べたことがありあません。
一度落花生について調べなきゃいけませんね。
凡蔵。
2010年09月08日 15:01
ありがとう、oriverさん。
子役の子は、なかなかの演技でしたよ。
これからもっと色んな映画に出てくるんじゃないかな。
ピーナッツクリームは、東京にもあるかもしれませんね。
パンに塗って食べるのには、ちょっと濃い過ぎる感じです。
料理の和え物に入れたらちょうどいいんじゃなかなって思います。
そうそう、落花生について調べなきゃね。

この記事へのトラックバック

ごめんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。