散散歩歩。(74)ビックルゴールデンは若い女性の幸せの味。

淀屋橋発の京阪電車の準急の座席に腰かける。
まもなく目の前に20歳代の女性が座った。

夜の10時前のやや疲れた車内に、優しい空気が吹き込む。
そう感じたのは、若い女性を目の前にした凡だけではありますが。

くすんだグリーン系のシャツにジーンズが、地味な女性というイメージを感じさせる。

見るとはなしに、女性の方を見ていると、柔らかそうな袋形のバッグからペットボトルの飲み物を取り出して、一口飲みこんだ。

「あっ。」

そして、もう一口。
「あっ。」

さらに、もう一口。
「あー、美味しい。」

ため息に声を乗せて、美味しいっていう、その飲料は何なんだろう。

急にそれが気になって、女性の持っているペットボトルを見る。

「ビックル ゴールデン」と書いてあった。

いくら美味しいからって言って、電車の中で声はださないだろう。

しかし、本人が美味しいって感じて、それで幸せなんだから、「良かったですね。」って、声を掛けたくなりました。

最近、増えたと思うことに車内で飲食をする人がある。

実際に、昔と比べてみたことはないのですが、そして、凡の通勤する京阪電車が中心の話ではありますが。

勿論、凡も旅行などに行くと、駅弁や、ゆで卵、冷凍みかん、それにビールなどを買い込んで、電車に乗り込むのが大好きです。
でも、それは旅行という「ハレ」の日に限るのであります。

普通の日の普通の電車では、飲食はしない。

少なくとも、飲食をするのであれば、ロマンスシートのような4人がけのシートの場合だ。

通勤電車などのロングシートでは、食べないのが普通ではないだろうか。

でも、最近やよく見かける。

ペットボトルや水筒はいいだろう。のどの渇きを癒すのには必要だし、それほど違和感がない。

でも、缶コーヒーや缶ビール、チョコレートなどのお菓子なんかは、どうなんだろうと思うのですが、世間的には、もはや普通だ。

先日は、持っているカバンの中から、お寿司を一つずつだしては、下を向いてむしゃむしゃと食べている中年のご婦人がいた。

家まで待てないぐらいお腹が減っているのかな。
と、優しい気持ちで見守っていたが、見た目はカッコいいものではないのであります。

下を向いて食べているところをみると、本人もカッコ悪いという気持ちはあるのでしょうね。

外食だって、今のように頻繁にはしなかったな。

そして、外食する日は、何か特別な楽しさがあって、それはやっぱり普通の日ではなかった。
「ハレ」の日と、「ケ」(普段)の日とは、はっきり区別されていたのです。

でも、今は外食も普通だし、車内での飲食も普通になりつつある。
食生活の「ケ」の「ハレ」化が進んでいるのでしょうか。

その内、毎日お誕生日ケーキを食べたり、毎日外食する日が来るかもしれませんね。

そういう凡も毎日ビールのようなものを飲んでは、カロリーの高い御馳走を食べて喜んではいるのであります。

さて、京阪電車の女の子の飲んでいた「ビックル ゴールデン」が気になって、帰り道のコンビニで購入して帰りました。

画像


「ゴールデン」という言葉が否応なしに凡の期待を膨らませます。

いざ、ゴールデンという贅沢を味わおう。

しかも、練乳入りで深い味わいと書いてありまして、濃厚なのですが、脂肪分はゼロなのだそうです。
不思議ですが、有難いような技術が使われています。

更に、キシロオリゴ糖入りということで、何となく健康に良いのではと思わせるコピーが書いてありました。

一口飲んでみる。
やっぱり、ビックルだ。ビックルの味だった。

甘くて美味しいのだけれど、男性には少し甘すぎるだろうか。

そして、飲んだ後に口の中にほのかに残る甘さを感じながら、
「あ、これが女の子の幸せの味なんだな。」と、それを味わったことが、少し嬉しかった。
ご めんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

面白い 面白い 面白い 面白い

この記事へのコメント

2011年07月09日 12:50
ビックルのゴールデンを見せられたら、買わずにはいられないわ~♪
忙しい現代人は、電車の中にいる時間を無駄にしない?!いやいや、そうではないね(^^ゞ携帯電話の普及で待ち合わせの時間とかルーズになったのから、時間の使い方が下手になったのかも~。
でも、その昔のどが渇いても我慢してたけど、ちょっとくらいなら飲んでもいいかなっと思って飲んだ事があります。その女性の気持ち、わかるなぁ(*^_^*)
凡蔵。
2011年07月10日 00:43
ありがとう、oriverさん。
こんなことを書いている、私自身もペットボトルのお茶ならいいんじゃないかなって思って、それは車内で飲んでいます。
自分のことは棚に上げて、人のことを批判がましく書けたものですね。
その辺のところを自分自身恥ずかしいなって思います。
でも、思うぐらいなんだから、まだまだ常識が私にも残っているんじゃないかな。
それにしても、時間の活用?が進んでいったら、そのうち電車の中で、歯を磨いたり、着替えをしたりする人が出てくるかもしれませんね。
あ、でもサラサラロングヘアーの車内での着替えは、ちょっと歓迎かもしれません。

この記事へのトラックバック

ごめんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。