散散歩歩。(130)沖縄弾丸そしてのんびり旅行。牧志ステーションホテル。

南の海に浮かぶ小さな島。
沖縄の事をそう思っていた。

でも、実際に行くとなってガイドブックなどを見て、その大きさにビックリしました。

那覇から移動して有名な観光地へ行こうとしたら、車の移動で1時間2時間かかってしまう。
そんなことも知らなかった。

でも、こういうことをリアルに実感できるというのも旅の良さというものであります。
1度でも行くと、その土地に行かない時より、少しは理解できる。

沖縄での移動は1泊2日では最小限にした方が良いかもしれないということで、今回の沖縄は那覇周辺のみを目的としよう。

となると、ホテルはモノレールの駅の近くがいい。
ホテルでもマイルを貯めるためにANAのホームページで検索。

凡もミニボンもそれほどホテルには拘らない。
もちろんお金があったならリッチなホテルがいいのだけれど、どうせ那覇だったら寝るだけなので、安くて便利な方がいいのです。

検索をしていると、あることに気が付いた。
ボーナスマイルである。

ホテルに泊まってANAカードで精算をすると100円につき1マイル貯まるのですが、ホテルによっては更にボーナスマイルが貯まる場合があるのです。
これに気が付いた凡は、ボーナスマイルの多いホテルをピックアップ。

そのマイルの一番多いホテルで、駅の近くでというホテルを選んだ。
「牧志ステーションホテル。」

なんと1泊で1500マイルのボーナスマイルが付くのです。

1500マイルと言えば、これをANAのカードでショッピングで貯めようと思ったら、15万円の買い物をしなきゃいけない。

これはすごいじゃないですか。
大阪と那覇を飛行機で飛んでも、片道739マイルなんですよ。
ほぼ往復分のマイルが泊まるだけで貯まる。

どうして、このホテルはこんなにもサービスをしてくれるのだろう。

何かある。
だって15万円分。

ある日、喫茶店に入ってホットコーヒーを頼むと、サーロインステーキが付いてくるようなものだ。

ある日、ラーメンを食べようとお店に入ると、サラサラロングヘアーのチャイナドレスのお姉さんが「熱いから気を付けてね。フーフー。はい、あーん。」なんて横に座って食べさせてくれるようなものだ。

そんな素敵なサービスを受けていいものかどうか。

とはいうものの、何かあったとしてもだ、それは素敵な何かなのである。
素直に「あーん。」と口を開けよう。

とはいうものの、一応ホテルの口コミをチェックする。

部屋がタバコ臭いとか、トイレがウォシュレットじゃないとかの投稿が多い。
直接ホテルのホームページを見てみると、同じと思われる部屋でもっと安いプランがある。
などなど、前もってチェックをしてみたのですが、
素敵なサービスの前には、どうと言ったことではない。

駅から近い、マイルがすごいの2点で、このホテルに決定。

1泊2日朝食付きで、2人で13,650円。
1500マイルを考えれば、安いですよね。

さて、これで飛行機もホテルも決定した。
あとは出発を待つばかりなのであります。


ご めんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

2012年03月03日 01:33
ボーナスマイルが1500マイルも付くんですか?
それは良いですね~

ショッピングでちょっとずつ貯めるよりも、このようなホテルに泊まってドバっと付く方が楽ですね!

そうすると、今回の旅でフライトマイル+ボーナスマイル+それらの支払いをANAカードで精算したマイルでけっこう溜まりましたね
凡蔵。
2012年03月03日 11:22
ありがとう、とっちゃん。
今回初めてホテルのボーナスマイルというものを経験しましたが、これはいいですね。
もし、2泊だったらホテルを変えたら、またボーナスが貯まる。
まあ、ちょっとめんどくさいですが。
今は家族のマイルも合算出来るので、飛行のマイルとホテルのマイルなどを合わせたら、2人で4500マイル以上貯まったと思います。
次からは、マイルのためのホテルもありかなと思うのですが、安い温泉ホテルなんかは無いようです。

この記事へのトラックバック

ごめんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。