散散歩歩。(287)アイラブユー・ほたえてくれ!みゆきさーん。(53)

オリックス劇場に着くと、前にある小さな公園に、お客さんが入場するために並んでいた。
入り口の前には、細い道路があって、そこには並べないので、公園に列を作っている。

画像


入場すると、まだ時間があるので1階を覗いてみる。

これはいいね。
これだと、みゆきさんを近くに感じることが出来そうだ。

とはいうものの、凡は3階席。
どうなんだろう。

その前に、要らないと思ったんだけど、ご当地ブックマーカーを購入。
そして、歌姫パスポートにもスタンプを押す。

画像

画像


そして、階段を上って3階に行く。
扉を入って、3階の上下の真ん中にある通路に出た。

やはり高いな。

凡の席は、この3階の中央部分の前から3列目だ。

さて、席に着こうと、通路から階段を1段降りようとしたのだけれど、足が動かない。

この1段が怖い。

高い。

高すぎる。

席に着くどころか、階段を下りることが出来ないのであります。

なんとか1段下りたが、2段目に行けない。
また、通路に戻る。

もう、ダメだ。
席に着けないよ。

凡の高所恐怖症も半端じゃないね。

「もう、ダメだ。誰かに席を替わってもらおう。」

後ろの席の人だったら、前に変わるのは嬉しいはずだ。
そう思って、周りをキョロキョロ見て回る。

そうしている間に、でも、みゆきさんに少しでも近くにいたいと思い直した。

「凡よ。お前のみゆきさんに対する気持ちはそんなものだったのか。」
そう自分を鼓舞して、やっぱり前から3列目に座る決心をした。

それからが問題だ。

1段下りては、頭を抱え、ダメだ、ダメだとばかりに首を振って通路で、行ったり来たりする。

また、1段下りては、通路に戻って、行ったり来たり。

それも、怖すぎて、そして自分でも可笑しくなって、半笑で行ったり来たりするので、変な人がいるなんて思われていただろうな。

それでもって、階段を1段ずつ下りて行って、また通路に戻ってを、10回ぐらいくりかえして、ほとんど四つん這い状態で、階段を下りて行って席に座ることが出来た。

3階に来てから席に座るのに15分ぐらい掛かってしまった。

オリックス劇場の3階の前の席は、本当に怖いよ。

だって、1番前の席の手すりは、お尻か腰ぐらいの高さしかないんだよ。
もし、何か事があって、その手すりに当たったりしてみなさい。

人間と言うのはね、腰で上下を分割した場合、上半身の方が重いのですよ。
だったら、どうなりますか。

もし、手すりに接触したら、腰が支点となって、重い上半身がクルリンと回転するように、3階の席から放り出されてしまうのですよ。

その辺のところを、設計者はどう考えているんだろうね。
まったく、無謀な設計である。

それにね、通路と席の間の階段に立つと、自分の足の裏の高さが、手すりよりも高いところに位置するのですよ。

つまり、手すりより高いところに自分はいる。
そう思うと、高い空中に浮かんでいる凡がいた。

着席してからも、足の裏が涼しくなる感覚を必死で知らんぷりしながら、背中を丸めて開演を待った。

ただ、この席で良かったと思ったのは、左には20代だと思われる女性2人組が座っている。
凡の右隣も、女性の親子が座った。

オリックス劇場の席は、かなり巾が狭い。

なので、こんな席の時に両隣が中年の男性だったら、苦痛だったろうね。

ただ、若い女性は、みゆきさんのファンというのではなさそうだ。
コンサートに昨年も2回来たけれど、ファンばかりが来るとは限らないようで、コンサートが好きだから見に来るという人も多いようですね。

凡の後ろでも、大阪のおばちゃんが、「それにしてもな。エグザイルは良かったな。エグザイルは良かったでー。」とエグザイルを絶賛していた。

大阪のおばちゃんがエグザイルか。
何か、すごいな。

さて、肝心のコンサート。

内容は、東京、広島と、ほぼ同じです。
ただ、今回はアンケート紹介のコーナーで、さだまさしさんの話が出て、それを結構引っ張ったかな。
トークも、大阪では乗っているようだ。

化粧を歌う前に、みゆきさんが白いジャケットの袖を肘まで上げた。

うーん。
いいなあ。
やっぱり、かっこいい。

オリックス劇場の3階の前から3列目は、みゆきさんがいるということを実感できる距離ではありますが、表情までは見ることができない。

でも、双眼鏡を買ったからね。
ただ、双眼鏡で覗くと、テレビで見ているような、ちょっと離れた感じがするので、使ったり、そのまま肉眼で見たりした。

そして、「縁」の前だったかな、ジャケットを脱いだ。

きゃー。
可愛い。
またも、二の腕を見せてくれるサービス。
これも双眼鏡で拝見。

そして、コンサートも終盤になったころ。
突然、みゆきさんからお年玉を貰った。

凡は、「恩知らず」を歌うみゆきさんを双眼鏡で見ていたのです。

その瞬間、「、、、、、。」みゆきさんの歌が詰まった。

一瞬、歌詞が飛んだようです。

そして、ほんの2秒か3秒か、歌えなかったその後に、マイクから顔を外して、何かを呟いた。

何かを、みゆきさんは、喋ったのです。

あれは、何を言ったのだろう。

内田百閒さんの書かれたもので、「サラサーテの盤」という文章がある。
映画「ツィゴイネルワイゼン」の題材にもなった小説だ。

その中で、バイオリン奏者のサラサーテが、レコードの収録中に、何かを喋っている、その声が一緒に録音されているという話が出てくる。

何をしゃべっているかと、何度も聴くのだけれど、わからないと文章の中で登場人物が話す。
それを、思い出した。

それにしても、みゆきさんは、この時、何を喋ったんだろう。
気になるなあ。

もし、今回のコンサートがDVDになるんだったら、この回をDVDにしてほしいな。
そしたら、何度も見返して、何を言っているのか見れるのになあ。

でも、みゆきさんが歌詞を間違うところに出会えて、ちょっと嬉しかった。

凡にとっては、素敵なプレゼントです。

すっかり、みゆきさんの魅力に満足して、席を立ったが、やっぱり名残惜しい。

どうも、コンサートの後は、人恋しくなるものであります。

さて、何か美味い物でも食べて帰りますか。

画像
(コンサートが終わったあとは、何故かさびしくて、そこに留まってしまう。)

ご めんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

うかれぶた
2013年02月09日 11:11
わかるぅ~るんるん

私も、そんなみゆきさまに、ぐっと距離感が縮まるもんね猫なんてかわいい、みゆきさまぴかぴか(新しい)

自分でつくったって、抜けちゃうことなんてあるある♪それが、人間だもの~
今、生きてるって証!!
あ~他人の歌じゃなくてよかった…みゆき猫

そして、ぬけっぱなしの私も、生きる気力が甦るのであったるんるん

しかし…
先週、社長と、珍しく、みゆきさまの話題で盛上がったのを 最後に…

自宅で、倒れて 帰らぬ人に…

その日、倒れ話をした矢先に…

社長は、桑田さんがすきだったるんるん
一緒に 歌を入れてくれるようおねがいした。

最後 みゆきさまでしめた人生?何故か、悲しみが少ない。
苦しんだ気配がなく、楽だったと聞こえた気がした。
しあわせだったと祈りたい。
私こそ、次のステージに
行ってしまいたいと、
思う日々だけど。

運命は
何処へ猫
凡蔵。
2013年02月11日 09:48
ありがとう、うかれぶたさん。

先週は、大変だったんですね。

うかれぶたさん、次のステージに行きたいなんて、言ってるけど、

それじゃ、みゆきさんの歌も聴けなくなっちゃいますよ。

ぼくは、両親が亡くなって、寂しくて堪らなかったんだけど、またそのうちに、ぼくも死んだら、そっちの世界にいって会えるだろうなんて思っていたんです。

も、今になって思うことは、あの世では意味がないんです。

次のステージじゃだめなんです。

今、この世で、もう1度会いたい。

それで、愛してることを伝えたい。
ありがとうと、ちゃんと言いたいんです。

今じゃなきゃ、ダメなんだと思う。

うかれぶたさんも、今のステージで、イケメンをゲットしなきゃですよ。

この記事へのトラックバック

ごめんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。