散散歩歩。(437)アイラブユー・ほたえてくれ!みゆきさーん。(132)

先日の月曜日はお休みだった。

ネガティブ川柳でも書こうかと思ったが、何も浮かんではこない。

今回は、ハガキも出すつもりだけれど、前回に色紙で読まれたものだから、団扇とか段ボールの端っことかを買い込んだのだけれど、パソコンの横に積み上げたままだ。

そうこうしている内に休みも5時前になっていた。

せっかくの休みなので、ビアガーデンにでも行こうかとミニボンと話していたけれど、どうも雨が降りそうだ。
なので、淀屋橋から歩いて行ける「アパホテル肥後橋」の2階のレストランの食べ放題飲み放題に行くことにした。

ネットでクーポンを印刷して、電話で予約をいれる。
これで通常料金の4000円が3500円になる。

アパホテルというと、どちらかというと安いホテルなので、レストランも期待しないで行こう。

オープンの6時に到着すると、果たして凡たちだけであった。

画像


その後も年輩のカップルが1組と、女子大生の6名ぐらいのグループ、それに1人のサラリーマンだけで、1組のテーブルが、やや狭いので満員になると、ちょっとつらいけれど、空いているので2つのテーブルが使えて快適だ。

メニューは、期待しないで行った分、思ったより良かった。

自分でしゃぶしゃぶを作るコーナーや小さいながらもバーベキューコーナーもあり、楽しめたし、恐ろしく偏食なミニボンにも食べるものがあった。

画像

画像
(小鉢類も楽しい。)
画像
(凡にとって泡は不要だけれど、フローズンなので1杯だけ注文)

画像
ステーキは、テーブルに女の子が運んでくれる。



この女の子が良かったんだね。

「ステーキも食べ放題なんで、また言ってくださいね。」と優しい笑顔で応対してくれる。

声が良いのかな、その言い方が柔らかい。

その他にもビールのお替わりも気持ちよく声を掛けてくれるのです。

やっぱりこれですよね。
料理の味も大切だけれど、ウエイトレスさんの心遣いがうれしいんだ。

制限時間120分を気持ちよく楽しんでお店を出た。

しかし、腑に落ちないのは、7月の特別メニューが1品も並んでいなかったこと。

チラシにも大々的に謳っているのですが、これがない。

画像
(この7月の料理が1品も並んでいない。)

とはいうものの、これを目当てで来たわけでもなし、他の美味しいものでお腹いっぱいになったので、凡とミニボンは満足だ。

家に帰ると、結構痛飲をしたのだけれど、よっぱらってなくて、ネガティブ川柳を2枚書いた。

「足つった、足をもんだら、手がつった」

「浄水の、水を飲んでも、汗クサイ」

イマイチだけれど、とりあえずは書いた満足感があった。

それから、定期購読している「月刊ムー」が届いていた。

付録をみると、ローズクォーツだ。

画像

画像


説明書きに「愛と富をもたらすヴィーナスの石」と書いてある。

この1回前だったかな、みゆきさんは、愛と美の神、ビーナスと書いたばかりなのです。

そのすぐ後に、愛と美の女神のローズクォーツの付録が届くなんて。
みゆきさんとの縁が繋がり掛けている兆しでしょうか。

付録の説明によると、名前をつけて、時々眺めると良いそうだ。

じゃ、何て名前をつけようか。

やっぱりここは「みゆきちゃん」だろう。

みゆきさん」と付けちゃうと、みゆきさんそのものに申し訳ない。

だって、みゆきさんは、ローズクォーツなんか足元にも及ばない美しさを持っている。
というより、地球上の美の頂点にたっている存在だ。

なので、みゆきさんの妹分という設定で、みゆきちゃんにしよう。

すごく勝手な設定なのですけれどね。

ムーの安っぽい付録だけれど、
ものすごい価値のある付録になった気がした。

そして、それを眺めては、語り掛けるのが良いそうです。

「みゆきちゃん、今日もがんばろうね。」
「みゆきちゃん、ご飯いただきます。」
「みゆきちゃん、お買い物に行こうね。」
「みゆきちゃん、ウンコするね。」

、、、、いや、ウンコは別に報告しなくていいか。

「みゆきちゃん、おしっこするね。」

、、、、いや、いや、だから、おしっこも報告しなくていいのです。

まあ、とにかく、日々語り掛けて、眺めていると、愛が手にはいるもかもしれません。

お守りは、持たない主義の凡ですが、こんなお守りなら、かわいくていいですね。

それにローズクォーツというのがいい。

今のみゆきさんのイメージというよりは、高校生の時のみゆきさんのイメージだ。

高校生のみゆきさんに、もちろん会ったことはないけれど、そんな感じ。

クォーツのような純粋さと、ローズの気品のある優しさと愛情を兼ね備えている。

そんなみゆきちゃんと凡はいつも一緒。
そして、語り掛けるのであります。

「みゆきちゃん、みゆきさんにハガキ読んでもらえるといいね。」ってさ。

こころを込めて書けば、きっと読まれるよ。

みゆきちゃんの声が聞えた気がした。

ご めんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

うかれぶたφ(..)
2014年07月12日 11:36
ごきげんよう♪凡さん♪

「足つった…」は いけそうな気がしますゥ♪
凡さんも、念能力がアップしてきたかもですね~
私も本屋に行くと、あのコーナーには 必ず引き寄せられてしまうので~す(^^)先日買ったのは、パワーストーンも特集してました。
ローズクォーツは、私も好きです。前に付録についてた ブレスレットも、各々の石のピンクが微細に個性的な グラデーションを奏でる まるで みゆきさんの歌のように、可愛く美しい♪

昨日は、友達のみゆきちゃんをランチに誘ったら病院で、残念。酷暑の中、スーパーで速く買い物して帰ろ。っと。
チャリだから多めに買った。レジで確かに、全部ピッ!してカゴに。。なんか安い?お姉さんに確認。えぇ、大丈夫ですょ、と。
暑さのあまり気のせいか。
家で、なんとなくレシート見ると、五点ない!
しかも、買うか一瞬迷った品ばかりだ。やばい…私は、機械をも狂わす、テレキレスまでも身に付けてしまったのか!(;¬_¬)
凡蔵。
2014年07月13日 10:12
ありがとう、うかれぶたさん。

最近、付録の付いた本が沢山でていますよね。
そんな中で、ラッキーアイテムの付録が付いているのがありますが。
いつも、そんな本を立ち読みしています。

へえ、こんな付録ついてるんだって、別に買わないんだけれど、それだけで楽しめるんですよね。

それで、たまにブレスレットとかついてるのがあって、本より付録がほしいななんて思ってしまいます。

それと、大阪人の習性として、この付録元値なんぼなんやろとか、付録の価値を値段で考えてしまうのね。

でも、ローズクォーツって可愛い石ですよね。
誰が見ても綺麗と思うんじゃないだろうか。
私もローズクォーツになりたいです。

それにしても、友達のみゆきちゃんとは、いいなあ。

私の近くにも、みゆきさんていう人現れないかな。

勿論、女性のね。

間違っても、美雄樹とかいう変な漢字の男のみゆきさんじゃ嫌でありますよ。

と書いていると、私の目の前に、変な品物が突然あらわれたじゃないですか。

これって、うかれぶたさんのスーパーでカゴに入れたはずの商品じゃない?

ええっと、、、ガリガリ君とプッチンプリンと、、、全部お菓子。

私も念力の能力が出てきたのだろうか。

この記事へのトラックバック

ごめんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。