散散歩歩。(1093)安い酒を飲みながら、、、つげ忠男さんの漫画。

朝起きて、まだ、寝っ転がりながら新聞を開く。
凡は、新聞は取ってはいるけれども、その内容をほとんど読まない。
ネットが、これだけ普及している現代において、新聞の情報は、果たして価値のあるものだろうか。

特に、朝日新聞だ。
凡は、今、朝日新聞を取っている。

凡は、朝日新聞が好きじゃないので、1度、産経新聞に変えたことがある。
でも、ミニボンに、また無理やり朝日新聞に変えられてしまった。
ミニボンにしてみれば、朝日新聞という名前から、1番「ちゃんとした」新聞であると思っているのだろう。

しかし、凡に言わせれば、朝日新聞は、新聞屋じゃない。
あれは、情報操作屋というか、真実を捻じ曲げて国民を洗脳する集団である。
ネットが普及する前なら、そんな記事を、誰もが信じてしまうだろう。
でも、今は、その嘘がすぐにバレてしまう。

ただ、真実という意味では、ネットも同じ頼りない要素を持っている。
世界にある情報から、誰かが、それを選択して興味を持ち、誰かが、それを選択して取材して、誰かがそれを裏付ける証拠を探して、誰かがそれを発信する。
新聞社なら、そこに会社の方針を照らし合わせて、それから紙面に落としていく。

この最後の段階までたどり着く情報は、世界の真実の何パーセントになるのだろうか。
でも、ネットは、まだ会社の方針に振り回されない分、新鮮味があるというものだ。

とはいうものの、ネットだって、情報を発信したいと思っている人しか発信しない訳で、発信されているものは、本当に、氷山の一角だろう。

と、新聞と、特に朝日新聞の悪口を書いてしまいましたが、でも、そう言いつつも、今現在、新聞を取っている。
それは、ミニボンが、新聞を取ることは、「ちゃんとした」社会人であるという幻想に囚われているからだろう。
まあ、凡は、その幻想に付き合っている訳なのであります。

とはいうものの、新聞には、そんなデメリットばかりでなく、メリットも多くある。
凡にとってのメリットは、何と言っても、テレビ、ラジオ欄だ。

朝起きて、今日は、どんなテレビがあるのかなと眺める。
んでもって、そこに「中島みゆき(さん)」という名前を探す。
んでもって、そこに「中島〇〇」という似た名前を見つけて、ドキリとする。
然る後に、ガッカリする。
毎日、そんな繰り返しだ。
とはいうものの、新聞の1番のメリットと言えば、ラテ欄でることは、誰にとっても、そうじゃないだろうか。

2番目は、新聞の下にある広告だ。
特に、週刊誌の広告は、その見出しを見るだけで楽しいし、その週刊誌を読んだような気にさえなる。
あと、メチャ小さな広告が端っこに載ってたりしてね。
こんな広告、効果あるのかなあとか、時には、名前だけの広告で、一体何の会社なんだろうってのもある。
面白いね。

ということで、ここまでが前振りなのでございます。
確か、11月20日だったのです。
朝、寝っ転がりながら、新聞を開くと、その下に、ちくま文庫の広告が掲載されていた。

IMG_9127.JPG

何気なく、その書名を眺めていると、おやと思う作者があった。
つげ忠男さん。

凡は、学生時代、漫画が好きで、よく読んでいた。
というか、今も好きなんだけれどね。

その頃読んでいたのは、「ガロ」とか、ちょっとマニアックな雑誌だった。
そこに投稿されている漫画は、それぞれが、個性を持っていた。

その頃の、漫画家で有名なのが、つげ義春さんだ。
当時の若者にも、熱狂的な支持をされた人だ。

凡は、そのつげ義春さんの弟のつげ忠男さんが、好きだったんだ。
戦後の昭和のノスタルジックな風景や、時代の流れに乗り遅れた人たちの日常や、そんなのを、独特のコントラストのある描写で表現された世界は、凡にとっては、憧れでもあった。

それにも増して、登場人物の飄々とした語り口。
他の漫画とは、一線を画したものがある。

そんな、つげ忠男さんの名前が、朝の新聞の広告に載っているのである。
凡は、寝転がっていたのを、30度ほど体を起こして、再度、見てみる。

「つげ忠男 コレクション」
文庫本になって、今までの名作が収録されている。

IMG_9133.JPG

しかも、面白いのが、副題に「吉田類と読む」なんて書かれているじゃない。
どういう関係なんだろうね。
というか、帯の吉田類さんの似顔絵、あまりにも、男前に描きすぎじゃないでしょうかね。

凡は、思わずアマゾンで注文をした。
すると、面白ことが解った。
つげ忠男さんっていう作家は、その漫画を読む人は、かなりマニアックな人だ。
今の時代であれば、余程のマンガ好きか、ある程度の年齢の人に違いない。

だから、読む人はいない筈だ。
いや、こんなことを言っては失礼だが、今人気の漫画家とは違う。

それなのに、Kindle版つまり電子書籍として、かつての作品が、全部数えてないけれど、パソコンに表示されているだけでも20ぐらいある。
思わず、拍手してしまった。

つまり、つげ忠男さんの漫画を、たとえ電子版でも良いから再出版しようとしている人が、アマゾンか、或いは、出版社か、どこかにいるのである。
その人の熱い思いが、この電子版の数の多さに繋がっている。

またまた、思わず、電子版の書籍を、いくつもダウンロードしていた。
ただ、実際に、アイフォンや、キンドルの端末で読んでみたが、見づらいですね。
何しろ、画面が小さいから字も小さくて、画面を、虫メガネを使って見なきゃ、凡には読めないのである。
片手にアイフォン、片手に虫メガネは、なかなか大変である。
或いは、パソコンか、大きな端末で読まないとね。

やっぱりね、人が好きだと言う気持ちは何より強いよね。
好きだから、みんなに好きになって欲しいから、再出版する。

そう思うと、出版社や、レコード会社や、メディア系の仕事をしている人が羨ましくなる。
自分の担当する雑誌や媒体で、みゆきさんを特集したりできるものね。

凡も、出来ることなら、みゆきさんを宣伝したい。
勿論、既に有名人なんだけれど、誰かに伝えたいのである。

もし、凡がアマゾンや、出版社に勤めていたらね、まずは、みゆきさんの著作物を全部、とりあえずは、電子書籍にするだろう。

そして、中島みゆき(さん)で検索をして、表示された著作の結果を、ゆっくりと眺めて、ニコリと笑うだろう。

とはいうもの、みゆきさんは、有名人だし、みんなに愛されているし、凡がしなくても、誰かが、きっとするだろうね。

でも、つげ忠男さんは、誰かがやらなきゃね。
というか、もう、誰かがやっているんだよね。
だから、凡が出来ることは、その誰かがやって、たとえ電子版にしても、アップされている漫画を買って読むことなんだよね。

ということで、少しばかり、コーヒーでも飲みながら、つげ忠男さんの世界に浸ろうかな。
いや、吉田類さんのように、コーヒーじゃなくて、安い酒場で安い酒の方が似合うかもね。

そうそう、忘れていたのだけれど、新作も描いてらっしゃるんですよね。
1941年生まれで、ということは79才なのかな、その年で新しい作品を作られている。
最後まで、描き続けて欲しいなとココロから応援したいのであります。

wasuregataki.jpg

因みに、「忘れがたきヤツたち」という題名で、MeDu COMICSというところに連載しておられるようです。(ただ、今はちょっと休まれているそうで、そこが心配ではあります。)

ということで、それも紙ベースの本を購入。
やっぱり、漫画は、電子版じゃなくて、紙がいいよね。


つげ本.jpg

"散散歩歩。(1093)安い酒を飲みながら、、、つげ忠男さんの漫画。" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント
ごめんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。