そうだ、ソウルへ行こう!(147)

旅行をすると色んな匂いに出会いますね。

台湾や香港の市場や食堂に行くと、特に独特の匂いがします。

魚や肉の生臭い匂いや、香菜や香辛料の匂い、フルーツの甘い香りなどが、生暖かい空気の中に溶け込んでいます。

湿った暑さの中で腕や首筋にじっとりと汗をかきながら、その匂いをかぐと「帰ってきたぞ、」って叫びたくなります。

着いたときは臭い匂いですが、帰国するとまたその匂いに包まれに行きたくなるのがアジア旅行の魅力でしょうか。

台北に行ったときのことです。

台湾には「臭豆腐」という豆腐を発酵させた汁に漬けてつくった食べものがあります。
名前の通りかなり臭いです。

旅行に行ったら1つぐらいはそこの名物を食べてみたいですよね。
しかも、それが他の地域の人から見ると少しゲテモノチックなものだったら更にチャレンジ精神が首をもたげてくるのです。

臭豆腐も色んな食べ方があるのですが、凡は臭豆腐を揚げたものを屋台で買って食べてみました。

一口噛んだ瞬間「うん。なるほど臭い。」

でも、飛び上がるほど臭くはない。
その臭さは「どぶの水」のようだ。

勿論、どぶの水は飲んだことはないのだけれど、匂いはそのままだ。

まずくはないのだけれど、何故か食べる手が止まってしまう。
臭豆腐を手に持ったまま時間が過ぎていく。

結局、全部は食べずに捨ててしまった。

この匂いで思い出したことがある。

北京にも同じ匂いの飲み物があるのです。

それは、「豆汁」というものなのですが、これは春雨を作るときの残り汁を発酵させたものだ。
匂いはどちらかというと豆汁の方が強烈で、これは「どぶの水を2、3日日向においておいたような匂い」だ。

勿論、どぶの水を2,3日日向においておいたことはない。

でも、どうして「どぶの水」の匂いの食べものをわざわざ作らなきゃいけないのだろうか。
そして、どうして「どぶの水」を匂いの食べ物をわざわざ2,3日日向においておかなきゃいけないのだろうか。、、、おいてはいないけど、そんな匂いにしなきゃいけないのだろうか。

臭豆腐は屋台で買って食べ歩きした。

でも、豆汁はお店の中で注文した。

周りは地元の人ばかりである。

画像


「ねえ、あそこの兄ちゃん。日本人ちゃう?」

「あ、ホンマや。豆汁飲んでるで。せやけど見といてみ、絶対臭ぁーて、残すで。」

「そうや。大体日本人に豆汁が飲めるわけないわ。絶対残すわ。」

「ほら見てみ。飲んだ後、臭いから顔しかめてるで。ははは。」

「わあ、ホンマや。」

「大体な。日本と中国やったらな。歴史が違うねん。歴史がぁ。中国は4000年の歴史やで。4000年。それに比べてやな、日本はどうや。せいぜい何百年やろ、いや1000年ぐらいあんのかな。いや、どのくらいやろ。」

「あんた、そんな日本の歴史、正確に比較せんでええやん。」

「そうやな。兎に角や、中国の方が歴史あんねんや。日本人みたいなひよっこに、この豆汁の良さが解ってたまるかいな。」

って言われているようだ。

悔しい。
それは、悔しいではないですか。

これは完飲しなければいけません。
「1碗のどぶの水の辛さかな。」凡蔵ココロのつぶやき。


ところで、

日本にも独特の匂いを発する食べ物がある。

これは食べている本人には気がつかないのですが、そのもの自体からじわじわと、しかも強力に匂いが発散される。

しかし、これは関西人にしか解りません。(関西人以外の方はごめんなさい)

その正体は、「大阪では誰でも知っている「551の蓬莱の豚まん」です。

画像


帰りの電車の中で、ただ1人でも持っていると、その車両中豚まんの匂いに包まれます。

車両の端に座っていても、「あ、誰か551持ってるな。」と解るのです。
もし、それが自分であったら、せめて隣の人には「ごめんね。帰って豚まん食べたいねん。」と謝りたくなるほどです。

因みに、この551の豚まん。

食べ方は、まず底のヘギを剥がして、それに付いた皮を前歯で食べて。
その底にからしを塗って、ウスターソースを掛けます。
ほとんどの豚まんは、酢醤油で食べるのですが、この551だけはウスターソースでなければなりません。

これは、ある程度の年齢の大阪人、こんな食べ方をするのではないだろうか。
私の知る限り「ウスターソース」である。

そんな、551はレストランもやっていて、今回大阪の難波地区でスタンプラリーがありました。

4店舗回ってスタンプを集めると、キティちゃんのストラップがもらえます。
これは中華料理好きの凡は参加しなければいけないでしょう。

ということで、ゲットしました。

画像
画像


今回のブログは、このキティちゃんのストラップを紹介したかったのであります。

ふう。キティちゃんに来るまで長かったですね。

"そうだ、ソウルへ行こう!(147)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント
ごめんなさい。
(ぺこり)

各記事の下部にあります
アマゾンの「キンドル版 凡蔵。おすすめ選書」ですが、
現在、リンクは中止しております。

「悩み多きブッダたち」

「アルカディアのレフュジー」
(中島みゆきさんの影をさがして)

は、販売中止しました。

買っていただいた方には、
本当に、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。